会長方針 (2018〜19年度)


米坂みよ古

会長 米坂 みよ古


方針 「若返ろう!ロータリー活動を通じて」

スローガン 「自分たちの足元を照らそう 〜Let's light up our feet.〜」



2018-19年度国際ロータリー(RI)会長バリー・ラシン氏はRIテーマとして

「Be the Inspiration」「インスピレーションになろう」

を提唱されています。

ロータリーの奉仕は、人々の人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化をもたらす奉仕を実現するためには、前向きな変化を生み出すことが必須です。そのためには私たちが今日直面する課題に、勇気と希望、そして創造性を持って正面から立ち向かう意欲をクラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すことが重要です。そためには一人一人の会員がお互いに、そして地域社会に「インスピレーション」を得、同時に与える存在となることが必要であるとしています。

これを受けて、2018-19年度の第2760地区ガバナー村井總一郎氏は、

「あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!」
 〜ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしよう〜

を、地区活動方針に掲げられています。自分自身が活動している街、地域、生活圏、クラブにおいて、まずはしっかりと足元で奉仕の理念を学び、実践することが大切だと強調されています。
当クラブの年間テーマは「若返ろう!ロータリー活動を通じて」とし、奉仕活動を通じて、クラブ会員が互いにインスピレーションとなり、いきいきと前向きに若々しく奉仕活動に取り組みましょう。

スローガンは「自分たちの足元を照らそう 〜Let's light up our feet.〜」。  
私たちが活動している街の片隅にある、光の当たらない場所に目を向けます。
日本は女性活躍社会を目指していますが、まだまだ社会の中で弱者として生きる女性も多く、それは顕在化していませんが、確実に存在しています。
今年度は、自分たちの足元を照らすことを目指し、新たにDV被害者支援事業を支援する奉仕活動に取り組んでまいります。この活動を通してDVを受けている女性を被害から救済するとともに、周知活動により、誰にも相談できなかった潜在的な被害者を救済し、誰もが安心して暮らすことができる社会、まちづくりの一助とします。

またもう一つ私が目指すことは、ロータリークラブの原点に立ち返ったクラブ内の環境づくりです。ロータリークラブの起源は、1905年に、シカゴの弁護士ポール・ハリス(Paul P. Harris)が友人3人と1つの業種につき1人の会員を原則として創立した相互扶助の親睦クラブです。その後、奉仕を主とする活動に変化し、今日に至っています。
昨今ではロータリークラブへの入会減少が課題となっていますが、入会することで会員経営者から学び、人間的な成長を得られるという魅力に加え、親睦による経営者間の相互扶助が生まれる環境をつくることで当クラブ内をこれまで以上に活性化をしていく。それを当クラブの魅力として発信することで若手メンバーの入会促進を図りたいと思います。その第一歩として各メンバーの事業の強みやサービスの特徴をアピールすることのできる小冊子を作成し、メンバーの相互理解を深め、つながりをより強固なものにすることを目指してまいります。