SAA・会場運営委員会


メンバー

委員長 神野重行(SAA)
副委員長 三浦久芳(会場運営担当 兼 副SAA)
高瀬由紀夫(プログラム担当)
委員 広井幹康 岸田晃彦 近藤元帥 *浅原英之 *上田和志


方針

ガバナー方針の「グローバルに考え、地域社会とつながり、ロータリーを成長させよう」を目指し、西川達郎会長方針「つながり、広がる奉仕の絆」、スローガン「楽しく明るく和気藹々(あいあい)と」を基本に、楽しく懇親を深める中にも規律・秩序ある例会運営に努める。

事業計画

会場運営委員会【例会担当】  担当副委員長:三浦久芳

1.司会者・備品担当者・PC担当者と役割スケジュールに沿って例会進行をスムーズに行う。その他委員においても常に担当者の補助を行うように心がける。
2.プログラム担当副委員長と連携し、例会当日の式次第どおりに例会が進行できるよう、例会開始前に再度点検を行う。
3.例会開始45分前には、司会者・備品担当者・PC担当者は集合し会場運営打合せを行い、例会が円滑に行われるよう準備する。
4.会長・幹事・親睦委員会と情報を共有し、ゲスト・ビジターのお迎えに万全な対応を行う。SAA・司会者は、笑顔でゲスト・ビジターをお迎えする。
5.SAAは、例会の効率運営のため、報告者の座席位置を指定する。
6.会員の交流、活性化を図るため、座席位置を指定し、新鮮さを発信する。
7.会長挨拶・表彰・卓話などと会員交流の歓談タイムがスムーズに行われるように会場運営に努める。
8.例会開始後は、会場出入口は1 か所のみとする。
9.SAAは、食事提供時間のロスタイムの無いよう、スケジュールについてホテル担当者と打ち合わせを行う。
10.年間の例会会場予約をホテル担当者と確認し確定させる。
11.WFF期間に会場で移動例会を実施する。

会場運営委員会【プログラム担当】  担当副委員長:高瀬由紀夫

1.会員相互の幅広い交流を目指した例会運営を実施するため、プログラムの充実を図る。
2.例会プログラム案は、会長・幹事・役員・各委員長などに事前に案をメールで送付し、ご意見ご指摘を頂いた後、例会前々日中に最終プログラムを作成し、前日にはメールで通知する。
3.会員企業・会員個人・その他フリーな発表PRの場として会員のショート卓話の充実を図る。
4.原則毎月第2例会は立食として、卓話は行わない。
5.外部卓話の充実を図る。
6.新会員卓話を適宜実施する。
7.各委員会・同好会報告を適宜実施する。
8.各委員会・役職者各位とのコミュニケーションを密にする。
9.タイムリーなプログラムを選定する。
10.例会前にクラブの歴史を知ってもらえるよう、過去の写真などを写す。

活動報告

表示項目はありません。