ロータリー財団・米山記念奨学会委員会


メンバー

委員長 高田統夫
副委員長 川村勝廣(ロータリー財団担当)
石黒 隆(米山記念奨学会担当)
委員 城野八代江 小酒井比呂志 鈴木康代 二ノ宮眞佐恵 *六鹿敏也

(*:兼務)

方針

ロータリー財団の使命は「ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」であり、また米山記念奨学会の使命は「将来母国と日本との架け橋となって国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学」し、「将来ロータリーの理想とする国際平和の創造と維持に貢献する人」を育成することである。これらの使命を、会員やロータリー学友とともに理解し達成するために行う活動を支援する。

事業計画

1.米山記念奨学生・許キン(金3つ)さん(中国)をカウンセラーと共に支援する。
2.ロータリー財団につき、ポリオプラス基金30 ドルは必達、年次基金1 人150 ドルは目標とし、会員の皆様方にご協力をお願いする。
3.米山記念奨学会につき、1 人あたり普通寄付金5 千円、特別寄付金1 万5 千円の合計2 万円、特別寄付率(特別寄付人数÷クラブ会員数)80%以上を目標とし、会員の皆様方にご協力をお願いする。
4.ポール・ハリス・フェロー、マルチプルPHF、ベネファクター、米山功労者、米山功労法人の増加に努める。
5.WFF への積極的な参加を会員やロータリー学友に促し、ロータリーのネットワークの拡大に努める。
6.例会での米山記念奨学会作成のDVD の上映、10 月の米山月間、11 月ロータリー財団月間でのアピールを通し、会員の米山記念事業への理解の深化に寄与する。
7.親睦活動・家族委員会との協力により、ロータリー学友とともに米山梅吉記念館を訪問し、日本におけるロータリークラブや米山奨学会の原点への理解を深め、ロータリーのネットワークの広がりを学ぶ。
8.委員会に関わる業務手引書を作成し、次年度以降への引き継ぎを確実にし、事業の継続性を担保する。

活動報告

表示項目はありません。