最新更新日:2016/04/15
本日:count up1
昨日:5
総数:38667
「あいさつ」のできる元気な生徒 「ありがとう」のいえる感謝の心を持った生徒 「ごめんなさい」のいえる素直な生徒 

新入生オリエンテーションが行われました

画像1 画像1
3月24日(木)新入生オリエンテーションが行われました。
 昨日、小学校の卒業式を終えたばかりの小学6年生。今日は、その6年生が、この4月から通う江名中学校へ来校し、新入生オリエンテーションが行われました。
 オリエンテーションでは、まず、児童一人一人の名前を読み上げ、この春入学する52名を確認しました。その後、国語と算数のテストを行い、現在、どのぐらいの力があるのか調査し、学校として新学期に備える準備を開始しました。児童の皆さんにも、この春休み中に準備すること、入学式当日について説明がありました。最後に、校章やネームプレートなど必要な物品を購入し、家路に着きました。
 新入生の皆さん。江名中学校は教職員一同、そして先輩の生徒たちも、皆さんの入学を楽しみに待っています。規則正しい生活と勉強、そして健康に気をつけ、入学の準備を進めてください。保護者の皆様も、よろしくお願い致します。

3月23日(水)修了式が行われました

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日、今年度の200日間の授業日が終わり、平成27年度の修了式が行われました。式に先だち、表彰がありました。特に、英検は準2級、3級という中学校3年生以上の英語力を身に付けた1・2年生がこれまでになくたくさんいて、校長先生からお褒めの言葉がありました。
 修了式では、1・2年生とも、各学級ごとに代表者が「修了証書」を校長先生から手渡され、1年間を振り返るとともに、4月からの新たな年度、進級学年に向けて決意を新たにしていました。
 校長先生から、3つのお話がありました。1点目は、「返事」について。自分の名前を呼ばれたとき、元気よく、気持ちの良い返事をすれば、呼んだ人も、周りの人も気持ちよく、返事をした本人も自信がつくことで、さらに力をつけていくことができます。
 2点目は、「進級」することについて。生徒の皆さんがここまで成長してきたのは自分一人の力だけではありません。親や家族など大人の姿を見習って育ってきました。4月から1年生は2年生へ、2年生は3年生へ進級します。皆さんが新1年生にどんな手本を示すかが、これからの江名中をどのくらい良い学校にしていけるかを決めるといても言い過ぎではありません。生徒の皆さんの姿がとても大切なのです。
 3点目は「if=もしも」について。過去を振り返り「もし、もっと頑張っていれば、」とか「もしも、あの時こうしていれば」と後悔しても始まりません。そうではなく、未来へ向けて「もし、今より勉強や部活を頑張れば、」とか「もしも、こんなことができるようになったらいいな」と考えていこう、ということです。
 進級へ向けて、今からしっかりと準備をしたいものです。春休みは短いですが、とても大切です。
 尚、3月30日(水)の午前中は、離任式、そして教室移動があります。忘れずに登校してください。

卒業証書授与式が行われました(2)

画像1 画像1 画像2 画像2
 在校生送辞では卒業生への「感謝」の気持ちが、卒業生答辞では「江名中を後輩の皆さんに託します」と歴史と伝統のリレーが行われました。式歌「仰げば尊し」を3年生が立派に歌い上げ、在校生が「蛍の光」で幸多かれと返します。フィナーレは3年生による「旅立ちの日に」の合唱。3年生は保護者と在校生に向かって、未来へ向かう決意を力強く歌いきりました。曲間のナレーションでは、3年生代表から、両親や家人への感謝とともに「思い出のかけらが詰まった3年間は私たちの宝物です」と別れる友へ熱い友情と感謝のメッセージ。中学校での何気ない毎日がとてもすばらしい日々であったこと、別れがこんなにも哀しいこと、しかし、これが新たなスタートでもあることを誰もが感じる感動的な瞬間でした。
 母校を巣立ちゆく71名の卒業生の皆さん。皆さんの未来に幸多からんことを祈ります。卒業生の保護者の皆様。お子様のご卒業おめでとうございます。そして、本校の教育活動へのご協力ありがとうございました。これからも、江名中学校をよろしくお願い申し上げます。

卒業証書授与式が行われました(1)

画像1 画像1 画像2 画像2
 3月11日(金)、卒業証書授与式が盛大に行われました。式では,校長先生から卒業生一人一人に証書が手渡され、生徒はしっかりと受け取っていました。その際、校長先生は、その生徒に応じて声をかけ、生徒は卒業の喜びもひとしおのようでした。
 校長式辞では、努力を積み重ねて夢を見つけ、夢を叶える人になってほしいこと、頑張った自分をほめ、心を鍛えていってほしいこと、震災からの復興者としてたくましく成長してほしいことが話されました。
 ご来賓には、いわき市議会議員の吉田実貴人様をはじめ多数の地域の方々をお迎えし、お祝いの言葉やあたたかい励ましの言葉をいただきました。中でもPTA会長さんからは、江名中での頑張りや「笑顔」を大切に、大人になっていく自覚と責任を持って進んでいくよう激励していただきました。

インフルエンザによる学年閉鎖のお知らせ

 インフルエンザの発症者が増えており、本日、1学年で6名、2学年で15名の生徒が発症しており、この他にも発熱等の体調不良者がみられます。そこで、本校生徒における感染症の広がりを防ぐため、次のようにします。
 1学年及び2学年について、3月9日(水)、3月10日(木)の2日間,学年閉鎖とします。
 3学年については通常通り登校し、9日は14時30分、10日は13時30分下校になります。
 つきましては、次の点について配慮するようお願いいたします。
1.感染が広がることを防止するための措置です。不要不急の外出は控え、人との接触を避けてください。また、うがい、手洗いなど予防に努めてください。
2.体調が悪くなったときは、速やかに医療機関で受診してください。インフルエンザ,感染性胃腸炎など感染性の病気と診断されたときは、学校へ連絡してください。
3.生徒は家庭で学習をして過ごしてください。学習課題が出ています。3月11日(金)に提出してください。事後指導があります。学年閉鎖の目的から、生徒同士での学習会、遊びなどは認めません。
4.3月11日(金)は予定通り、卒業証書授与式があり、通常登校になります。本日、下校時に学級担任から指示をしていますので、その内容にしたがってください

インフルエンザのため、部活動を中止します

 本校においてインフルエンザにかかる生徒が増加しております。本日14時現在で、1年生5名、2年生10名がり患し、増加傾向のため、本日3月7日(月)から9日(水)まで部活動を中止とします。
 下校時刻について、本日は15時30分、明日と明後日は16時30分完全下校とします。お迎え等必要な場合はお手数をかけますがよろしくお願い致します。

復興応援曲と卒業歌の特別指導がありました

画像1 画像1 画像2 画像2
 3月3日(木)復興応援曲,卒業歌の特別指導がありました。震災からの復興を応援する歌はいくつかありますが,その中の一つに「みどりのふくしま」があります。「人は一人じゃない,晴れる日がまたくる」と,どんな状況にあっても希望をもって歩みだそうというメッセージが込められています。今回は,武蔵野音楽大学から講師の先生方がおいでになり,丁寧に指導して頂きました。また,卒業式が間近であることから,校歌や式歌についても指導をいただきました。その中で,大きく息を吸うこと,歌詞の内容をイメージして伝えることなど,歌唱の基本についてわかりやすく教えて頂きました。「復興の担い手」としての意識が高まるとともに,私たちの周りには応援してくれる方々がたくさんいることを改めて感じたひとときでした。 

皆勤賞の表彰がありました

画像1 画像1
 3月4日(金)卒業式の予行練習ののち、皆勤賞の表彰がありました。江名中では、入学以来、3年間、無欠席だった生徒を表彰しています。今年の卒業生の場合、1年生の時201日、2年生で202日、3年生で195日、合計598日間、元気に学校へ通ったことになります。
 今回表彰された3年生は71名中25名(男子13名、女子12名)。3年生の三分の一以上という高い割合です。校長先生から、ご自分が校長になって10年以上たつが、こんなに多くの生徒が皆勤賞となったのは初めてである、よくがんばった、とお褒めの言葉がありました。健康は何ごとにおいても基本です。大人になり、実社会へ出ればなおさらのことです。3年生に限らず、今後とも、どの生徒も健康に気を付けて毎日を過ごしてほしいと思います。

1年生は交響楽団の演奏会 2年生は進路学習がありました 3年生ラストスパートです

画像1 画像1
 2月26日(金)、1年生を対象に、アリオスにて「ボクとわたしとオーケストラ 〜音の和でつながろう♪〜」と題して、東京都交響楽団による演奏会がありました。
 これは、本格的な音楽ホールで、プロの交響楽団による生の演奏会を楽しんでもらおう、というものです。曲は、ヨハン・シュトラウスの「ラデツキー行進曲」などダイナミックでリズミカルな音楽ばかり。幸い、座席がステージのすぐ前でしたので演奏の様子を間近に見ることができ、迫力ある演奏をまさに肌で感じることができました。
 演奏会の最後には、杉本竜一さんの「Believe」をオーケストラの演奏をバックに観客の中学生全員で大合唱。カラオケにも良さはありますが、それとはひと味もふた味も異なる空気に触れることができた心に残る文化的な行事となりました。

 一方、2年生は、校長先生から、人が学ぶ意義や将来の進路、夢の実現、幸せに向けて努力することの大切さについて講話がありました。間もなく3年生。楽しい中にも真剣な表情で講話を聞き、「やらされる」勉強ではなく、「自分の意志で」学ぶ勉強の大切さを感じ取っていました。
 3年生は2期選抜まであと10日あまり。ラストスパートの時です。体調には十分気をつけながら、もう一踏ん張りしていきましょう。3年生の進路だよりの一部を紹介します。
 「受験は団体戦だ」と先生方から何度も話をされてきました。勉強に力を注ごうとする雰囲気、高校合格を手にするんだという強い意志。これらは全員が同じ方向に向かって突き進むことで、さらに強固なものとなります。3年生71名全員の15の春が、笑顔で迎えられるよう、全員で一丸となって受験に向かいましょう。

キャリア教育の授業がありました

画像1 画像1
 2月19日(金)、校長先生から、1年生を対象にキャリア教育の授業がありました。
 まずは、「勉強」のとらえ方について。人間は、狩りや採集の時代から、食べ物を取ったり家族や仲間と力を合わせて幸せになるために、様々な考え方や技術がうまれ、それが技術や天文学、数学,体育などの発達につながりました。これらがやがて、学問(「教科の勉強)になっていったのです。ですから、そもそも勉強は人間が幸せになるために必要なものなのです。
 皆さんには,将来の夢を実現するための学力(知力、体力,精神力、豊かな心など)を身に付けてほしいと思います。1年生の今のうちから、しっかりと勉強や委員会活動、部活動をして実力を養っていくことが大切です。また、自分の将来についてよく考え,様々な職業や高校のことを調べ、家族と話し合っていくことも大切です。「幸せ」をつかむために、日々の努力の積み重ねが大切です。

善行賞の表彰を受けました

画像1 画像1
 2月16日(火)小名浜方部学校警察連絡協議会において、善行賞の表彰がありました。これは、自発的な行為で人助けをした行為を顕彰するものです。今回十数名の小・中・高校生が表彰を受けました。その中で、本校から3人の3年生が表彰されました。善行の内容は、*バイクに乗っていたおじいさんが側溝に落ちていたのを助け出した。*おばあさんが両手に重い荷物を持っていたので一緒にバスに乗り、荷物を持ってあげた。*小学生が足にケガをしていたのでおんぶして自宅まで送り届けた。という内容です。人が困っているときにすかさず手助けできるというのは尊い行為ですし、勇気もいることで、すばらしいことです。今回、受賞対象とならなかった生徒の中にも日頃から誰かのために思いやりの心を発揮している人はたくさんいます。人に優しくできる江名中生が益々増えることを願っています。

いわきサンシャインマラソンの応援をしました(その2)

画像1 画像1 画像2 画像2
 当日は、朝から小雨が降り、しかも強風のため、演奏できるか心配されましたが、地区の方々が演奏しやすいようにと配慮してくださり、やがて雨も上がり、最後まで演奏することができました。いわきサンシャインマラソンの沿道で行われる温かく充実した応援のすばらしさは全国的にも有名で、「苦しいときでも元気が出る」とランナーの方々から評判が良いと伺っています。今回、江名中学校もその応援の一員になれたことをうれしく思います。吹奏楽部の生徒の感想を紹介しますので、ご覧ください。

 サンシャインマラソンでの演奏は初めてで、緊張していました。いろいろとハプニングがあり、大変でしたが、楽しむことができました。走っている人に「ありがとう」や拍手などをしてもらい、とてもうれしかったです。

 サンシャインマラソンの応援・演奏ができて、とてもうれしかったし、楽しかったです。ときどき、走っている人の中に「くまモン」や「レッドブル」の服を着ながら走っている人がいて笑ってしまいました。次のマラソンにも応援に行きたいです。

最後になりましたが、地区の方々には大変お世話になり、ありがとうございました。保護者の方々にも送迎や応援にご協力いただき、ありがとうございました。これからも、生徒が地域社会の一員として、社会に貢献する姿勢を養うためにも、様々な行事に参加していきたいと思います。よろしくお願い致します。

いわきサンシャインマラソンの応援をしました(その1)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2月14日(日)、いわきサンシャインマラソン大会が開かれ、吹奏楽部が、「沿道サポーター」の一員として中之作港で、中之作折戸御囃子会の方々と交互に演奏し、ランナーの皆さんを応援しました。
 全国から集まったランナーの中には、地域の人々とのふれあいや交流を楽しみにしている方がたくさんいます。吹奏楽の演奏や小旗を振って応援する生徒たちに手を振って返してくれたり、工夫を凝らした仮装?で楽しませてくれ、生徒たちにも笑顔があふれていたのが印象的でした。
 今年で第7回を迎えるサンシャインマラソン。江名港では、第1折返し(17.1km)ということもあり、地域の方と江名小学生がよさこいを披露するなど前々から催しがありました。今回、中之作・折戸地区の方々も沿道での応援をするにあたり、小学校や中学校でも協力できること、ということから、参加する機会をいただきました。参考までに、中之作港は往路15km、折り返し後19km付近です。先頭ランナーは50分ほどでやってきました。 (その2へ)

中学校説明会がありました

画像1 画像1
 2月12日(金)、中学校説明会がありました。おもな内容は,1授業参観、2保護者も交えての中学校生活全般についての説明、3部活動見学でした。
 はじめに校長先生から、「江名中で夢を見つけ、夢を叶えるため力(学力、体力、豊かな人間性)を付けさせます。笑顔と活力のある学校をつくります。そのために先生方みんなで一生懸命やります」と基本方針が示されました。そして、入学してくる皆さんも、今のうちから「あいさつ、ありがとう、ごめんさない」が言えること、人の話をきちんと聞けることを大切にしてほしい、とメッセージが送られました。
 次に、教務主任からは中学校生活の特徴や準備物について、生徒指導担当の先生からは、朝ご飯をしっかり食べて元気に登校してほしいこと、ゲームやスマホについては家庭でルールを決めてほしいことが話されました。事務担当から諸会費納入についてご協力のお願いがありました。
 最後に、中学1年生から小学6年生へ歓迎の気持ちを込めた発表がありました。まず、1年生一人一人が作成した歓迎メッセージカードが送られました。そして、代表生徒が中学校生活をわかりやすく劇にして披露、作文を読んで6年生に安心して学校へ来てほしいとメッセージが送られました。作文の一部を紹介します。

 6年生の皆さん、中学校はどんなイメージがありますか。楽しそう、勉強が難しそうと思う人はいると思います。私も入学前はそう思っていました。どんな人達がいるんだろう,どんなことを勉強するんだろう。皆さんと同じ気持ちでした。
 入学するとクラス発表があり、そこではきっと新しい友達との出会いがあります。体育祭では、同じクラスになった仲間と団結し、優勝をめざしてください。他にもたてやま祭などの様々な行事があります。楽しみにしていてください。
 そして、中学生になると、部活動が始まります。私が所属する吹奏楽部で楽しいと思うことは、みんなでいろいろな曲を演奏したり、演奏会やコンサートで他の中学校の人達と演奏したりすることです。陸上部や駅伝部では、練習はきついですが、走る気持ちよさ、きつい練習を頑張ったあとの達成感があり、とても楽しいです。ほかにも江名中には楽しい部活動がたくさんあります。みなさん、楽しみにしていてください。
 最後に、みなさんが江名中に来るのがとても楽しみです。わからないことや聞きたいことがあったら聞いてください。(中学1年生より)

新人駅伝大会 ご声援ありがとうございました

画像1 画像1 画像2 画像2
 2月7日(土)、いわき市新人駅伝競走大会が、21世紀の森特設コースで行われました。大会は、冷たい小雨が降る中、女子、男子の順で行われました。選手は懸命にタスキをつなぎ、控えの選手たちも応援や選手のサポートをしっかり行いました。(写真は女子のスタート、男子のアンカーへのタスキリレー)
 順位は女子が7位、男子が17位と大健闘。女子は、これまでにない好成績でした。しかし、男女とも決して満足はしていない様子で女子は終わった途端に悔し涙。また、新たな目標を持ったことでしょう。
 駅伝に限らず、「やればできる」を生徒は自分たちで実証できたのではないでしょうか。この経験を江名中生全員で共有し、日々の様々な活動に広げていきたいと思います。
 ご声援、ありがとうございました。

新人駅伝大会が開かれます

画像1 画像1
 明日、2月6日(土)、21世紀の森特設会場で、市中学生新人駅伝競走大会が開かれます。駅伝は特設部で、日頃所属している部活にかかわらず自薦・他薦により校内から選ばれ、学校の代表として練習してきました。
 長距離走の良いところは、練習を積み重ねれば、ぐんぐん記録が伸びることです。努力の成果があらわれやすいのです。「やればできる」自信を付けさせたい、江名中生ならできる、との考えから、江名中学校では、校内の協力体制のもと、ご家庭にもご協力を頂きながら、練習を進めてきました。生徒たちは、この冬も厳しい寒さに見舞われながら負けずに練習をしてきました。
 昨年は上位入賞が期待されただけに、直前の大雪で中止となり悔しい思いをしました。今年は先週の雪がまだ残っていますが、先生方や会場の職員の方々にも協力頂いて雪かきをして準備を整えてきました。いよいよスタート。江名中のタスキ、仲間や応援してくれる皆さんの心をつなぎ、悔いの残らないよう、全力で走り抜けてほしいと思います。
 2月6日(土)午前10時女子がスタート、午前11時15分男子スタートです。保護者の方々や地域の皆様も、ぜひ、応援をよろしくお願い致します。

2学年PTA、県立高校1期選抜事前指導がありました

画像1 画像1 画像2 画像2
 1月29日(金)、2学年PTAの会合があり、修学旅行や進級へ向けて生活と学習について話し合われました。
 始めに校長先生から次のような話がありました。今の子供たちはゲームやスマホなど仮想空間の中で過ごすことが増え、人と心でつながること、人間関係づくりがうまくいかないことが増えている。学校でも言語活動を重視している。家庭でも、なにげない会話やコミュニケーションを大切にしていほしい、という内容です。江名地区では毎週水曜日、ノーメディアデーを推進しています。メディアとの付き合い方を見直す機会にしてはいかがでしょうか。
 次に、修学旅行の準備について学年教師及び担当業者から説明がありました。生徒たちは、京都や奈良、大阪での研修計画を立て始めました。実りある学びの旅となるよう指導してまいりますので、ご家庭のご協力を今後ともよろしくお願いいたします。
 学習や生活面について、2年生がとてもがんばっていること、さらに向上していくための課題が話し合われました。間もなく3年生です。
 さて、現在の3年生は、その多くが来週、県立高校の1期選抜を受検(受験)します。今日は、その事前指導がありました。校長先生から、これまでがんばってきた自分と仲間を信じて、一生懸命試験に臨むよう励ましがありました。その後、受験の注意点や高校ごとの打ち合わせをして、準備を進めました。体調を整え、ベストを尽くしてほしいと思います。

地震補強工事 間もなく終了します

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 平成26年11月から行われた本校校舎の地震補強工事が間もなく終了します。これに伴い、現在、プレハブ校舎の撤去が行われています。
 一年間お世話になった校舎がなくなるので寂しさもありますが、間もなく本来の姿に戻り、校庭も広く使えます。
 ここ1〜2週間、寒さが厳しい中、工事の方々には予定通り作業を進めていただきました。ありがたく思います。工事完了は2月半ばです。それまで引き続き、安全面に配慮しながら進めてまいりますので、保護者の皆様にもご協力のほどよろしくお願いいたします。

着こなし講座が開かれました

画像1 画像1 画像2 画像2
 1月21日(木)、学生服のメーカーの方を講師に迎え、着こなし講座を開きました。
 講師の先生から、服装を通して、日頃の生活や部活動、そして、入試に向けて大切なことをわかりやすく話していただきました。要点は次の通りです。
1 服装を通して自分を見つめなおす・・・自分の今の状況を改めて見なおそう。
2 相手(社会)を知る・・・私たちは常に社会(世の中の人たち)に見られている。制服を着る一人一人が江名中の代表。
3 気持ちを切り替えることが大切・・・制服はフォーマル(もっとも格式が高い服、やる気につながる)、私服はカジュアル。
 さらに、
1 人は見た目で判断される。特に面接試験のときは第一印象が大切。
2 制服にはルールがある。社会へ出れば、服を当たり前に着る(ルールを守れる)ことが当たり前。
3 制服は、男子も女子も上着とズボン・スカートの見える部分が1対1になると全体のバランスがとれて美しい。ベルトやネクタイはきちんと締めること(タイトアップ)。
 最後に、みんなで美しい制服姿を創ろう、もうすぐ入ってくる後輩たちによい見本を示してほしい、高校生になっても一層続けてほしい。制服を愛着と誇りをもって着こなしてほしい、というメッセージをいただきました。

着こなし講座2

画像1 画像1 画像2 画像2
 写真の通り、同じ人物でも、服装や髪形で見た目の印象がまったく変わります。
 単純に見た目だけでなく、その人の内面、人間性まで「きっとこうだろう」と推測、判断されてしまうことが驚きです。いかにきちんとした服装が大切かがわかります。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
いわき市立江名中学校
〒970-0315
住所:福島県いわき市永崎字館1
TEL:0246-55-7043
FAX:0246-55-7540