最新更新日:2019/01/15
本日:count up5
昨日:10
総数:30318
学校教育目標 かがやく生命(いのち) ひろがる笑顔

3学期スタート!

1/8に始業式がありました。3学期スタートです。ついに5年生も残すところ3ヵ月となりました。3学期は6年生からいろいろなことを引き継ぐ大切な時期です。インフルエンザになんて負けていられません。持ち前のパワーと勢いで病気もはねのけ、穂高北小学校を盛り上げていきます!
まずは児童会長選挙。選挙に向けて着々と準備を進めています。各候補者、意気込みも十分です!

2学期ありがとうございました

長かった2学期が昨日で終了しました。
運動会の練習からスタートし、持久走大会、音楽会と駆け抜けてきました。行事のたびに成長し、たくさんの思い出ができた2学期だったのではないでしょうか。どの行事も子どもたちは力いっぱい飛び組んでくれました。それも、保護者の皆さまの支えがあってこそだと思います。ありがとうございました。
冬休みは、ご家族でゆっくりと過ごしていただき、今年一年を振り返るとともに、3学期もがんばるための力を充電してほしいと思います。1月8日に、元気いっぱいな子どもたちに会えるのを楽しみにしています。

水のお話

社会では、「水はどこから」という学習を進めてきました。学習のまとめとして、安曇野市役所の方に来ていただき、安曇野市の水についてお話をしていただきました。
安曇野市は浄水場がなく、100%地下水を利用しているそうです。地下水は、水量も豊富で、安価に使用することができますが、無尽蔵にあるわけではありません。地下水は「ブルーゴールド」とも呼ばれるほど貴重なものだということがよくわかるお話でした。
貴重な水を大切にしていきたいですね。

来年はぼくたち、わたしたちです!!

児童会長選挙に向けたこれからの予定について説明してもらいました。今までは6年生が引っ張ていってくれましたが、来年は自分たちが児童会をつくっていく立場です。そのためにはまず、児童会長を決めなくてはいけません。かなり忙しい日程ですが、各クラス候補者が出そろい、3学期の会長選挙に向けて着々と準備を整えています。会長が誰に選ばれても、5学年はみんなでその人をサポートしていきます。「One Soul」。心を一つにして頑張ります。

読書旬間です

冬の読書旬間のさなか、11月27日に、穂高おはなしの会の方々による「おはなしの会」がありました。各クラス、1時間たっぷり、視聴覚室で「あんもち5つ」「こびととくつや」「3まいのおふだ」を読み聞かせしていただきました。そのすてきな語り口に子どもたちは惹きこまれ、あっという間に時間が過ぎました。また、そばだんごという手遊びも教えていただき、その響きが気に入ったのか、教室に帰ってからも口ずさんでいる子どもの姿も見られました。
12月6日は、「全校お話の時間」があり、担任以外の先生方に読み聞かせをしていただきました。本は心の栄養、豊かな人生を生きる子どもたちのために素晴らしい本と出会える機会となりました。

やきいも、おいしく焼けました!

1学期から大事に育ててきたさつまいも。そんなに量は取れなかったけれど、収穫の喜びを味わうため、焼き芋会を行いました。足りない分はVif穂高さんで購入し、前日に自分たちで新聞紙やアルミホイルを巻き付けて用意をしました。
さあ当日、霧が立ち込める朝でしたが、そういう日は晴れるものです。見事な秋晴れの中、熾きになった焚火の中へおいもを入れます。おいもが焼けるまでの間は、クラス対抗焼き芋クラスマッチで楽しみました。1回戦は玉入れ対決。久しぶりの玉入れに運動会を思い出しながら、楽しく真剣に玉を投げ入れました。そうしているうちにおいもが焼きあがったので、いったん休憩してもぐもぐタイムです。アツアツのホイルと新聞紙を取り出すと、宝物のような黄金色のおいもが出てきました。口に含むと「おいし〜い!」「もう1こ食べたい!」と笑顔がこぼれます。おうちの方にも食べてほしい、と持ち帰る子もいました。
もぐもぐタイムの後は2回戦。三角コーンにボールをのせて聖火に見立て、クラス対抗聖火リレーです。聖火を落とさないように気を付けながらコーンを渡し、皆で力を合わせてゴールできました。収穫の秋を存分に楽しんだひと時となりました。

生活科“へんしん!だいずくん”〜おとうふ作り〜

 2学年では、マイスターの方とお手伝いの保護者の方に来ていただき、畑で収穫した大豆を使って豆腐作りをしました。事前に子どもたちが調べてきた大豆からできるものを発表し、その中から豆腐を作ってみようと話していました。
 マイスターの方に作り方の説明をしてもらいながら、一つ一つの工程をしっかりとこなしていく子どもたち。ありがたかったのは、作業のほとんどを子どもたちにやらせてくださったことです。熱い汁を鍋から布袋に入れたり、温度を確かめたり、できた豆腐を包丁で切ったり…たくさん貴重な経験をすることができました。豆乳や豆腐になった状態で、「大豆のにおいがする!」と気づいたり、「熱いからやけどしないようにしなきゃ」「まだかなぁ」「足が痛くなってきた!」と料理をする大変さも感じたりしていました。
 ついに出来上がったお豆腐を食べると「おいしい!」と歓声が。豆の味が濃い豆腐に苦手さを感じた子もいましたが、たくさんの子が「お店で売っている豆腐よりおいしい」と話していました。「姿が変わっても大豆からできているのを感じること」が一番の学習ですが、クラスみんなとよい思い出ができたことも嬉しかったです。

ペア読書

読書旬間に合わせて1年生とペア読書をしました。1年生が好きそうな本を借りておいて一人一人が読み聞かせをしました。1年生が読みやすく聞き取りやすいように本の向きに注意したり、場面によって声色を変えたりと、工夫している姿がたくさん見られました。

貸し出しカードの記入がはじまりました

図書館の高橋先生に書き方を教えていただいて、貸し出しカードに記入をしています。「この漢字、なんて読むの?」と聞いてきたり、長い題名は「どこからどこまで書くの?」と確かめたりしながら、習ったひらがなカタカナを使って書いていました。これから図書館に行くときには、筆箱もいります。カードを書いていくことで、どんな本を借りてきたのか振り返ることができます。自分の好きな本に出会えるといいですね。

低学年との給食交流

2年生と一緒に給食を食べました。クラスの半分は2年生へ、もう半分はやって来た2年生を5年生の教室で迎えます。「会話が途切れるかな?」と思いきや、積極的に話しかけて場を和ませていました。給食委員会の用意したなぞなぞにも、一生懸命考え、答えがわかると周囲から「あ〜!!」という声が聞かれるなど、とても盛り上がりました。

なかよし講演会

10月21日に、仲良し講演会がありました。車いすバスケットボールの奥原明男さんにお越しいただき、パラリンピックやご自身の体験などをお話ししていただいたり、車いすバスケの実演、高学年児童の体験の様子を見させていただいたりしました。
子どもたちの感想には「車いすバスケ、見るのが面白かった!」「座っているのに、遠くから思いっきりゴールできていて、すごい!」という声が多く聞かれました。そして、その言葉と同じくらい「感動した!」という声も聞かれたのです。
どの点に感動したのか…実は、奥原さんの体験のお話でした。高校2年生でバイク事故に遭い、一生歩けなくなってしまった奥原さんは生きることに希望を持てなかったそうで、「毎日死ぬことを考えていた。」と語りました。しかし、お見舞いに来た友達が「歩けなくたって奥原は奥原だ!」と勇気づける言葉をかけ外へと強引に連れ出してくれたそうです。そこからだんだんと生きる希望を取り戻し、車いすバスケに出会い、世界へと挑戦する…という話が子どもたちの心に残ったそうです。3年生になると、このような面での気づきもあるのですね。子どもたちの成長の様子にも担任達は感動でした。

みんなで力を合わせた音楽会

合唱曲「いつだって!」は、友情をテーマにした素敵な歌詞とノリのよいリズムで子どもたちもニコニコ歌ってくれています。合奏曲「おどるポンポコリン」は、ご存知の方も多いように、明るく元気な曲です。しかし、リコーダー・鍵盤の指使いがけっこう難しく、去年の曲よりもかなりレベルアップ!子どもたちは苦戦しながらも、休み時間には進んで練習してくれている姿も見られ、どの子も音楽会に向けて自分なりに頑張る姿に、担任達は励まされるばかりです。
本番、合唱はこの日が今までで一番声が出ていて、表現までつけられた発表になりました。2年生までの元気いっぱいの歌声もいいなぁと思いましたが、3年生になって、きれいな歌声を意識した子どもたちの発表も素敵に感じていただけたことと思います。
 合奏では、おどるポンポコリン、リズムに合わせて最後まで演奏する姿は圧巻でしたね。今までで一番ズレずに、みんなの気持ちと音色が合わさった演奏でした!練習では、なかな演奏が合わず、ばらばらになってしまうことも多くありました。一人一人に吹いてもらうと、しっかり吹ける子が多いのですが、いざ100名が合わせるとなると…これがなかなか難しい。「自分だけ」ではなく、「みんなと指揮者と」ということを意識しながら練習を重ねてきて、本番を迎えたのでした。曲としては、短い発表だったかもしれませんが、学年でそろって、あれだけの旋律を演奏しきったことに、感動でした。

秋の収穫

クラスごとに畑のサツマイモ掘りをしました。今年はとんでもない暑さで、取れないんじゃないかと心配しましたが、「おいも、あったよ!」「ここにもあるよ!」「ざんねん、つるだけだったよ。」と声を弾ませながら、探していきました。気分はおいも探検隊です。ていねいに土をどかしたり、シャベルでおいもの周りを掘ったり、友だちと力を合わせたりして、収穫を楽しみました。豊作!とはいきませんでしたが、子どもたちは自分たちで見つけたおいもに大満足でした。
そのさつまいものつるを使って、リース作りをしました。おうちの方々にお願いしてさつまいものつるを集めていただいたおかげで、全クラス作ることが出来ました。つるをからませながら丸い形を作るのはむずかしかったようですが、友だちと教えあいながら作っていた子もいました。クリスマスが近くなったら、ひもやリボン、木の実などを使って飾り付けをしていきたいと思います。どんなリースができるのか、楽しみですね。
先月かじかの里で拾ってきて、熱処理していただいたどんぐりさんを使って、「どんぐりさんのおうち」を作りました。2階建てやマンションにしたり、お庭や遊び場所を作ったり、箱を切って扉や窓にしたり、落ち葉や花を組み合わせたり・・・思い思いに製作を楽しみました。素敵なおうちができたので、どんぐりさんもにこにこ顔です。

初めての音楽会!

小学校生活初めての音楽会、初めての連続だったかと思いますが、ステージ練習を重ねるうちに、歌も演奏もそろってきました。1年生は「音楽物語くじらぐも」と「合奏きらきらぼし」を演奏しました。「くじらぐも」では、歌とせりふ、動きを入れて、国語の教科書にも載っている大好きな「くじらぐも」を表現しています。3曲分もの歌詞、よく覚えたなあと感心しています。「きらきらぼし」では、初めて習った鍵盤ハーモニカや木琴、鉄琴、打楽器を入れてみんなで合奏しました。練習中は、ずれてしまうこともありましたが、弾きはじめて数ヶ月とは思えない堂々とした演奏でした。みんなで一つのことをやり遂げるって気持ちいいですね。くじらぐもも体育館を出た後、きっと1年生の歌声を思い返していることでしょう。
他の学年の演奏も、その発表の素晴らしさに心奪われながら、楽しんで聴くことができました。長い時間でしたが、また一つ成長出来たことと思います。

点字指導

 4年生の各クラスにてんとうむしの会と社会協議福祉会の皆さんがいらっしゃって、点字指導をしてくださいました。
 点字を実際に打つ学習では、6個の点だけで文字が表せること、打つ時には右から左に打っていくことを教えていただきました。5名の方々で子ども達一人一人を丁寧に見てくださったおかげで、最終的には「穂高北小学校4年〇組〇〇 〇〇」のように、学校名と名前まで打てるようになり、みんな大喜び! 最後には点字で書かれたメッセージカードをいただき、点字表を見ながら張り切って解読(?)する姿が見られました。
 点字の読み書きが本当に楽しかったようで、お礼の手紙に点字で「ありがとうございました。」と書いた子もたくさんいました。新しい世界がまたひとつ広がった4年生です。

消防講話

 社会「火事からくらしを守る」学習のまとめに、穂高消防署と消防団の方からお話を聞かせていただきました。
 消防署員の方からは、普段のお仕事などについてお話をいただいた後、実際に防火服を着させてもらったり、ホースがどれくらいの長さなのか伸ばしてもらったりしました。消防団の方からは、消防団の意義や活動内容などについて話していただきました。それから、楽しい寸劇を交えながら、大事なAEDの使い方を教わりました。
 子どもたちは、大事なことをメモに取りながら、真剣にお話を聞いていました。

久しぶりの参観日

 20日(火)は、久しぶりの参観日がありました。11月のなかよし旬間ということで、各クラスで道徳“友だちビンゴ”の学習を行いました。
 事前に、「自分の得意なこと・苦手なこと」「友達のすてきな所」を考え、学習カードに記入しました。また、「友達と名前を書き合うこと」を通して、交流しながら友達ビンゴカードを作りました。
 当日は、それらを使って、「この友だちは誰?」とクイズにして、みんなで考えて答えました。友達が書いてくれた自分のすてきな所を聞いて笑顔になり、自分の名前を呼ばれると笑顔になり、友達の名前が当たると笑顔でビンゴカードに○をし、授業の中でたくさんの嬉しい気持ちが見られたと思います。自分の良さを知ることで自己肯定感が高まり、友達の良さを知ることで他者を理解し、尊重しようとする気持ちが養われるのではないでしょうか。
 また、苦手なことも知ってもらうことで、その頑張りや成長がお互いに分かります。苦手なことを失敗しても、しっかり分かってくれている友達はバカにしないんだと伝えられます。苦手なことを知ってもらえば、助けてもらうこともできます。苦手を知ってもらうことをポジティブに感じられるようになってほしいという思いもありました。
 自分にはない良さを認め合って、苦手な所は補い合って…そんな素敵なクラス、素敵な自分を感じてくれたらいいなと感じています。

保健指導

発育測定がありました。4月と比べて自分が大きくなったことを改めて実感し、嬉しそうな子どもたちの姿がたくさん見られました。発育測定の後、養護教諭から、クラスごとに保健指導がありました。今回のテーマは「かぜ予防」。最近の保健の授業で習っていたり、身近なテーマだったりすることもあって、真剣に聴き入っていました。

元気にいってきました ザ・ビッグ見学

 スーパーマーケットへ社会科見学に出かけました。
 お店の中を改めて見せてもらうと、色々な発見があったようで、子どもたちはしおりに一生懸命にメモをしていました。商品の並べ方や、買い物をするお客さんのことを考えて工夫している事など、実際に見学をさせていただくと気づくことが沢山あったようです。 見学後には、店長さんや副店長さんに、わからないことや知りたいことを質問し、答えて頂きました。お店の方からは、子どもたちからの質問をして、様々なお店の工夫や様子を聞かせていただきました。子どもたちは、実際に見たり聞いたり感じたりしたことで、教室では見つからなかった発見をたくさんしたようでした。

音楽会は大成功!

11/2に音楽会が開催されました。合唱も合奏も,これまでの練習を上回る最高の出来で,演奏を終えることができました。子どもの日記には,満足の思いが綴られていました。思い出に残る音楽会になったのではないかと思います。
5年生は,練習はもちろん,準備〜片付けまで見えない所でも沢山働いてきました。てきぱきと働く姿に,高学年として頼もしい姿が見られました。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学年行事
1/22 3年スキー教室
安曇野市立穂高北小学校
〒399-8301
住所:長野県安曇野市穂高有明943
TEL:0263-83-2502
FAX:0263-83-3069
☆ご感想・ご意見をお寄せください