最新更新日:2017/05/15
本日:count up7
昨日:17
総数:22481
学校教育目標 かがやく生命(いのち) ひろがる笑顔

第1回目のクラブ活動がありました


4〜6年生の児童が、自分で選んで取り組む「クラブ活動」の第1回目がありました。今年も、多くの地域ボランティアの先生方にご指導いただきます。写真は、本日来て下さった先生方です。年に5回あるクラブ活動、毎年ボランティアの先生方のお力添えをいただき、充実した活動を展開していただいています。本年度もお世話になります。よろしくお願いいたします。

1年生を迎える会

 4月の中でも最も大きな出来事といえば、「1年生を迎える会」だったでしょうか。6年生は、姉妹学級の1年生と手をつないで入場。1年生も、迎える2年生以上も、思わず笑顔になる入場でした。いっしょに入場できない6年生は、アーチを持ったり、進行したり、自分の仕事の準備をしたり、それぞれの持ち場でしっかり役目を果たしていました。学年では、3年生のときにもやったという「どっちの学校いい学校」を披露し、「穂高北小はにこにこ学校だよ」と伝えました。運営委員会の企画では、有明忍術学校の生徒が登場して、学校に関するクイズ。大盛り上がりでした。
 自分たちががんばることで、ほかの人たちが喜んでくれるって、とても嬉しく気持ちのいいことですね。そんな気持ちを、児童会活動を初め様々な場面で、これからも感じられるといいなあ、と思いました。

レイナ先生と英語で遊んだよ

 4月19日(火)にレイナ先生との英語の学習がありました。いろいろな表情の絵を使って、sad(悲しい)、happy(うれしい)やsick(具合が悪い)などの表現を動きを入れて一緒に言い合いました。また、クイズでは積極的に前に出てきて、みんなの前でジェスチャーをして問題を出してくれました。そのほかにビンゴでは、友だちと英語で言い合うことができ、楽しい英語の時間になりました。


地区子ども会がありました

 先週4月28日金曜日に、地区子ども会がありました。1年生はまだ校舎内がよく分からないなので、例年、朝は6年生が迎えに来てくれます。体育館で地区ごと並び、各会場へ連れて行ってもらい、初めての地区子ども会を無事に終えることができました。
 非常時の集団下校や訓練でもお世話になるお兄さんやお姉さんの顔や名前をしっかりと覚えて、地区の活動にも一緒に参加していけるとよいですね。
 6年生の地区三役の皆さん、準備・計画など、忙しい中でよく頑張ってくれました。ありがとうございます。

「6年生」として出発してから1ヶ月

 6年生としての生活が始まって、早1ヶ月が過ぎようとしています。最高学年となって、様々なことがあり、大変な1ヶ月だったのではないでしょうか。入学式に、全校の代表として出席し、一年生への呼びかけと歌のプレゼント。学年集会を開いて、6年生としての心がまえを確認。発育測定で、大きくなった自分を実感。5年生と合同で高学年としての役割を考えた、高学年集会。一年生を迎える会に向けての準備や練習。交通安全教室で自分の命を守る勉強。児童会や地区子ども会の役員として、第一回の会に向けての準備と実行。…主だったものを挙げても、こんなにもたくさんのことをやってきました。クラスを超えて、学年全体で動く機会が多くありました。最高学年としてどうあるべきか、忙しい1ヶ月間でしたが、学ぶことも多かったのではないでしょうか。
 学校全体を動かし、学校の雰囲気をつくっていくのは、やっぱり6年生。学校中の人たちが、期待しています。それだけに、いつも「6年生だから」「最高学年として」と言われて、大変なことばかりでしょう。一つ一つの経験が成長につながります。失敗してもいい。でも、一生懸命に、責任を持って、これからも取り組んでいってほしいと思います。

避難訓練と煙体験

 17日(月)に、避難訓練がありました。北校舎からの避難は初めてでしたが、「お(押さない)は(走らない)し(しゃべらない)も(もどらない)」をしっかり守り、落ち着いて避難することができました。
 南グラウンドに整列してからも、消防署の方や校長先生のお話をきちんと聞くこともできていました。
 また、3年生は「煙体験」も行いました。体に害のない煙が立ちこめる図工室の中を、ハンカチで口を押さえ、低い体勢で壁づたいに歩き、1周しました。真っ白で先が見えなくなってしまうこと、低くなると少し見えること、煙を吸わないようにハンカチ等で口を押さえることなどを、体感することができました。
 万が一に備え、今回の訓練や体験を大切にしていってほしいと思いました。

ようこそ1年生!

1年生を迎える会がありました。2〜6年生による学年紹介、応援団によるエールや歌の発表が行われ、1年生が安心して学校に通えるように、会場が楽しくあたたかな雰囲気に包ま
れました。
今年は迎える側の2年生は、北小応援団に大変身!1年生に大きな声でエールと元気をプレゼントしました。お兄さん・お姉さんの雰囲気が少しずつ出てきた2年生です。

真剣です!いのちを守る学習

交通安全教室と避難訓練がありました。1年生の交通安全教室の時に、「交通安全は100点でないと命を守れない。」というお話をしていただきました。
今年の交通安全教室では、実演を交えながら交通事故の危険について学習しました。その中で、「運転者からの死角」「車の内輪差」「横断の仕方」と安全に横断するための5つの約束を学びました。寒い中でしたが、子どもたちは真剣に見聞きしていました。
避難訓練では、避難経路の確認をしながら、放送を静かに聞き、落ち着いて避難することができました。1年生の時と比べると歩く距離が長くなりましたが迅速に避難し、お話も静かに聞くことができました。
皆の大事な1つの命はみんなに守られている命でもあります。学習したことを守って、安全な生活を心がけていきたいです。

自分の命は 自分で守る!!

12日(水)に交通安全教室がありました。今回は、実際に自動車やダミー人形を使っての実験を交えながらの学習で、大きな自動車の死角になる場所がどこであるか、カーブの角では内輪差によって巻き込まれてしまうことなどを教えていただきました。また、本当に起きた事故の現場や状況を再現して、何が原因なのか、どうしたらふせぐことができたのかなどをくわしく説明していただきました。多くの子どもたちが、自分のこととしてとらえ、普段の歩き方や自転車の乗り方を見直す良い機会になったと思います。

学校の“柱”としての自覚を持とう 〜5学年集会〜

6年生は学校の“顔”です。6年生の表情がその学校の姿そのものと言われます。
 では5年生は何でしょうか?
 5年生は学校の“柱”と言われます。4年生までの経験を土台として、6年生を陰で支える学校の柱です。
 学校の柱としてどんな生活をしてくべきか、学年集会で考えました。一人のよい行いが5年生全体のよい印象になります。しかしその逆もあります。では具体的にどんなことをしていけばいいのでしょうか?5年生の代表に聞いてみました。
「高学年としての自覚を持って行動したい」
「大きな声であいさつをしたい」
「無言清掃を徹底していきたい」
 そのとおりです。学校の柱として大切なのは、態度で見せることです。背中で語れる5年生を目指しましょう。

1年生を迎える会

 13日(木)に「1年生をむかえる会」が行われました。
 1年生のために、2〜6年生が学年ごとに、笑いあり歌ありの工夫を凝らした発表をしてくれました。また、北小に関わる○×クイズや応援団によるエール、「この星に生まれて」の合唱など、たくさんのお祝いを贈ってくれました。
 お返しとして、1年生も発表をしました。呼びかけをして、「1年生になったら」を歌いました。みんなでピタッと合わせて声を出すことができ、短い期間での練習だったにも関わらず、本番で100点の発表ができました。子どもたち自身も、「よくできた」という自信と達成感を得たようです。
 明るく元気いっぱいな北小の仲間入りができたと思います。

今年度もよろしくお願いいたします

 いつも穂高北小学校のホームページをご覧いただき、
ありがとうございます。

 今年度も元気いっぱいの子どもたちの様子、学校の様々な取り組みを
保護者・地域の皆さまに発信していきたいと思います。

 2016年度(平成28年度)以前に掲載された記事につきましては
左のメニュー下方 「◇過去の記事」から選んでいただくことで
閲覧が可能となっております。
 またホームページ右上のカレンダーの「<<  >>」を操作することでも、過去の記事をご覧いただくことができますので、ご利用ください。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
5/26 鑑賞音楽会
学年行事
5/25 6年社会見学
PTA活動
5/27 PTA作業1
安曇野市立穂高北小学校
〒399-8301
住所:長野県安曇野市穂高有明943
TEL:0263-83-2502
FAX:0263-83-3069
☆ご感想・ご意見をお寄せください