最新更新日:2017/08/28
本日:count up20
昨日:20
総数:16415
規律正しく生き生きとした生徒  何事にも粘り強い生徒  自分も人も大切にする生徒

二学期始業式

        「日常茶飯事こそ大事」
 30日間の夏休みでした。一学期の終業式で「クマのプーさん」の原作を訳された石井桃子さんの言葉「おとなになってからあなたを支えてくれるのは、子ども時代の「あなた」です。」を紹介しました。皆さんの今の生活が大人になった時の自分を作ることになります。中学校1年生、2年生、3年生それぞれの「今」に心を込めて尽くすことが、おとなのあなたを作ることになるという自覚をもってください。どんな自分づくりができるのかこの夏休みに試してみましょう。こんな話をしました。
 「テニスコート横の学級花壇見ましたか?」草花が見事に成長しています。体育館工事の関係もあり、水やりは大変だったと思います。でも皆さんが欠かすことをせず、毎日水やりを重ねたおかげで、今の花壇があるのです。一人ひとりの「今」を果たしたことが、この花壇をつくったのです。「今」に心を込めて尽くすことが必ず成長という成果につながります。
 今日は、もう一度「クマのプーさん」に登場していただきます。石井桃子さんは、こんな言葉も私たちに伝えてくれています。「日常茶飯事こそ大事」「日常茶飯事こそ大事」です。私たちの体をつくってくれているのは、時々食べるご馳走や誕生日ケーキではありません。毎日食べている普通の食事です。この食生活が乱れると、体調不良になってしまいます。ご馳走や誕生日ケーキを食べなくても体調不良にはなりません。石井桃子さんの言われる「日常茶飯事こそ大事」とは、このことです。部活動ならば、毎日のシュート練習、キャッチボール、ロングトーンこそ大事なのです。
 しゃくなげ祭があと一月ほどに迫ってきました。生徒会では、このしゃくなげ祭の成功に向けて東中ZERO宣言を大切にしてくれています。時間を守る、清掃や給食への取組など私たちの日常を大切にしていこうというのです。「日常茶飯事こそ大事」に重なるものとして、とてもうれしく思います。
 今日から始まる2学期は、今の3人の発表にもありましたが、自分や自分たちの集団の成長の姿を発信していく学期になります。新人戦の本番、総合テストの本番、しゃくなげ祭の当日も大事ですが、そこにつながる日常生活の「今」をどうぞ大切にしていってください。二学期、共にがんばりましょう。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
安曇野市立穂高東中学校
〒399-8303
住所:長野県安曇野市穂高5119-2
TEL:0263-82-2230
FAX:0263-82-7418
☆ご感想・ご意見をお寄せください