最新更新日:2018/09/12
本日:count up5
昨日:24
総数:21586
規律正しく生き生きとした生徒  何事にも粘り強い生徒  自分も人も大切にする生徒

二学期始業式 校長講話

画像1
 この空気が凄いですね。一学期の終わりには感じられなかったこの空気。
廊下からこの講堂への空気、もう一度味わってみてください(少し間をと
り静粛に落ち着いた講堂の空気を全校生徒で味わう)。
 まず始めにお礼を言います。無事にここにいてくれてありがとうござい
ます。一番嬉しいです。今、発表してくれた3人の皆さんの具体的な決意
が素晴らしかったです。皆さんはどんな気持ちで聴いていましたか。夏休
み、大会や発表会でいろいろな活動をして大活躍した人もいたと思います。
勉強三昧、勉強に打ち込んだ人もいたと思います。充実した夏休みだった
人もいるでしょう。逆に、思っていたけどできなかった、今日、憂鬱な気
持ちの人はいませんか。もしかしたら、どちらもという人もいるかもしれ
ません。でも、OKです。どんな気持ちでもOKです。
 二学期、1つだけ願うことがあります。それは、皆さん一人一人が幸せ
に過ごしてほしい、先生方も皆幸せに過ごしてほしいということです。そ
のために3つ、大事にしてほしいことを言います。
 まず、一つ目、生きること。生きていなければ始まりません。この夏休
みにも、交通事故や海の事故等で若い命がなくなっています。当たり前の
命ではありません。大事な命を粗末にしないでください。病気やけがをし
ている人は、大事に治してください。そして、周りの人はいたわってあげ
てください。一番気をつけてほしいのは交通事故です。飛び出しは絶対だ
めです。
 二つ目、いつでも助けてと言っていいんです。皆さんは今、自立の準備
をしているところです。自立は自分の力だけではできません。遠慮なく、
困った時、迷った時、助けてと言ってください。校長室にも来てください。
 三つ目、自分の力で貢献してください。この夏、スーパーボランティア
の尾畠春夫さんが話題になっています。自分の気持ち一つでこんなにでき
るのか。凄いのは、本当に人の役にたちたいと純粋に思っていることです。
私達も幸せな気持ちにさせてくれます。校長先生は、皆さんも同じだと思
います。今朝も校長先生におはようございますの挨拶をしてくれた人がた
くさんいます。笑顔でにっこりしてくれた人もたくさんいます。教室で皆
さんが普通に座っている姿からもほっこりとした気持ちにさせてもらいま
した。夏休み中、ほこりだらけの校舎でしたが、朝清掃できれいにしても
らいました。それだけで気分も上がりました。一学期の終業式で皆さんの
いい姿を紹介しました。きっと、校長先生の知らないいい姿がたくさんあ
ると思います。尾畠さんは遠い存在ではなく、みなさんの心の中にいます。
 この二学期、全員が幸せになるよう頑張りましょう。先生方も全力で応
援します。よろしくお願いします。      (学校長:中村 真市)

1学期終業式

画像1
1学期終業式 校長講話

1 1学期本校生徒の輝く姿について(PPTで写真を示しながら)
 ・修学旅行係会の写真です。クラスがえをしたばかりの3年生、たった
  2週間の準備で、修学旅行を成功させました。さすが3年生だと思い
  ました。
 ・1年生、中学生になって教科書等の荷物が増えましたが、廊下のロッ
  カーへの荷物の整理が素晴らしかったです。
 ・避難訓練では、東中生の整然とした訓練の様子を消防署の方から褒め
  られましたが、それ以前の教室を出る時の皆さんの真剣な顔が意識の
  高さを物語っていました。
 ・1年生、入学して間もない学活で、先生がいなくても自分たちで考え
  て司会進行をしていてびっくりしました。
 ・1学期、校長室へ訪問してくれる生徒の皆さんがいました。進んで訪
  問してくれて嬉しかったです。
 ・部活動の頑張りがどの部にもありました。そして、朝の部活動自主練
  習を終えたばかりの生徒会役員が、8:00になると生徒昇降口で挨
  拶運動を行っている姿がありました。凄いなと思いました。
 ・1年生への部活動説明会では、どの部も時間を有効に使って準備し、
  実技を交えながら見事に紹介をしていました。1年生への質問への各
  部長の対応も見事でした。
 ・6月、大会前の校庭で、互いの部の健闘を称え合うエールの交換をす
  る姿がありました。素晴らしい光景だなと思いました。
 ・清掃では、教室、廊下、外、トイレ、碌山美術館等、各所で一生懸命
  に取り組む生徒の姿が見られました。
 ・3年生の修学旅行では、車いすのクラスメイトを自然体で支えている
  生徒の姿がありました。夕食(すき焼き)では大騒ぎでしたが、連絡
  が始まるとさっと静かになりました。切り替えが見事でした。
 ・先生方の掃除も見事です。作物の世話を一生懸命にしてくれている先
  生もいます。毎日、暑い中、草刈りや庭木の剪定等の環境整備をして
  くれている先生もいます。
 ・職場体験学習の保育園実習では、保育園児に慕われる東中生の姿があ
  りました。
 ・下駄箱の靴の整頓、こんなにも踵が揃っている中学校はありません。
 ・自転車置き場の自転車の後輪も見事に揃っています(一流企業の駐車
  場の車の後輪は揃っているそうです。)。
 ・テニスコートのほうきがしっかり整頓されています。清掃ロッカーが
  毎日きちんと整頓されています。
 ・鑑賞音楽会、踊ってもいい場面で、「誰か踊り出ださないかなー」と
  待つのではなく、進んで踊り出す生徒がいました。その後、たくさん
  の生徒が踊り出し、会場は盛り上がりました。素晴らしかったです。
 ・1年生の燕岳登山、みんなで頑張って2,763mを制覇しました。

2 夏休みに大事にしてほしい3つのことについて
 (1) 早寝早起きをし、生活のリズムを整えてください。
 (2) 生活貢献をしてください。将来の仕事や生きることに直結します。
    お家の生活に役立つことをやってみてください。
 (3) ヘルメットをかぶり、飛び出さないでください。たった一つの命を
    守ってください。1学期、地域の方から、「ノーヘル、一時停止を
    しない生徒がいて危なかった」という連絡がきました。校長先生は
    本気で言っています。命に関することについて失敗は許されませ
    ん。ヘルメットの紐を締め、一時停止を必ずしてください。車はよ
    けることができません。大事な命を絶対に守ってください。8月24
    日、全員無事、元気に会いましょう!  (学校長:中村 真市)

前期人権旬間                            〜いじめを苦にして自殺した中3男子生徒のビデオ視聴から〜

画像1
○NHKスペシャルのビデオ視聴
〜3年前いじめを苦にして自殺した中3男子について〜
・自殺する間際に友に送ったメール・・・「もう恨んでないよ」。
・当時、傍観者だった自分を後悔している友。
○校長先生のお話
・日本の学校、生徒の特徴として、学年が進むほどいじめを止めに入る生徒
 が減って、傍観者が増える。
・いじめの加害者にならない。「からかう言葉、バカにする言葉、悪口、悪
 ふざけ、いじって笑いをとる、仲間はずし、嫌がらせ 等」差別的な言
 動、人をばかにする言動、これくらいいいだろうという気持ちで言った
 り、やったりしていないか。
・いじめの傍観者にならない。「変だな」「おかしいな」異変に気づいた
 ら、先生や友達、親など、信頼できる人に相談する。身近にいなかった
 ら、校長先生の所へ来てください。必ず守ります。苦しんでいる人を救
 いましょう。一緒に救いましょう。
・穂高東中学校には、生徒の手でつくった「いじめZERO10箇条」があ
 ります。たった一つの命を守るためです。どうか力を貸してください。
 みんなの力が必要です。
                     (学校長:中村 真市)

1学期始業式 校長講話より(抜粋)

画像1
3つお話します。
1 誰かに相談しましょう
 新しい1年の始まりです。変わるチャンスです。今までできていなくても、今日からできることに挑戦すればOKです。一人では弱さに負けてしまうという人は、誰かに相談しましょう。皆さんの話をしっかりと聴いてくれる人は必ずいます。いろいろなことを友だちや先生に話して、力をためてまたがんばります。私もその仲間の一人に入れてもらえたらうれしいです。前いた学校でも小学生や中学生、高校生のお兄さん、お姉さんが校長室に来てくれて、私自身話ができてうれしかったことが何度もありました。「また、がんばるか!」と勇気をもらいました。東中でも皆さんが校長室に来てくれることを楽しみに待っています。
2 自分のよさを見つけよう
 皆さんと先生がいつも心を合わせて考え、一緒に頑張るのが東中のよさだと聴いています。クラスも、学年も、子どもも、先生たちもみんなが仲良く笑顔で生活できたらいいなあと思います。みんな一人ひとりが自分にしかない強みやよさを持っています。私も皆さんや先生が、部活動、掃除、勉強などに頑張って取り組んでいる姿やすてきな笑顔、皆さんが持っている力やよさをたくさん見せてもらいに教室に行きたいと思います。勉強のじゃまにならないように気をつけますのでよろしくお願いします。
3 生命を守る!
 最後は何だと思いますか?一番大事なものは?皆さん一人ひとりの命です。自分の命も、友だちの命も。どうでもいい命なんて一つもありません。命はたった一つ。死んでしまったら何もできません。すべては生きているからこそです。交通事故に注意!特に自転車乗り、絶対に飛び出さない!いざというときのためにヘルメットのあごひもをしっかりと締める。私の真剣な顔を思い出してください。

 以上です。よろしくお願いします。
                  (穂高東中学校長 中村 真市)

着任式 学校長挨拶より(抜粋)

画像1
 2、3年生の皆さん、こんにちは。そして進級おめでとうございます。ただいま御紹介いただきました中村真市と申します。お世話になります。
 3月も終わりの頃です。用事で、この穂高の地域を車で走っていたときです。横断歩道の前で、2人のヘルメットをかぶった生徒さんが自転車を押して止まっていました。そのうちの1人の人が走っている車に向けて大きく手をあげ、「止まってください」の合図をしました。私の前の車が止まると、その生徒さんたちは、足早に自転車を押して渡り終えました。そして、笑顔で会釈をして、どこかに向かって去っていきました。
 偶然出会った何気ない光景でした。でも、私の心には今でもその光景がすがすがしい思いとともに残っています。
 みんなそうできればいいことは知っています。でも、その当たり前のことが当たり前にできるかどうかと自分に問われると、その途端に言葉に詰まります。それは、子どもも大人も変わりはありません。少なくとも、私はその2人をすごいと思いました。自分もあんな風に頑張るぞと勇気をもらいました。私もできないことはたくさんあります。でも、できなかったら素直に謝り、また努力するその気持ちが尊いのだと思います。
 くさったり、文句を言ったりするだけでなく、勇気を持って自分のできる当たり前をしましょう。私もそんな校長先生になれるように頑張ります。
 私の話をしっかり聴いてくれてありがとう。これから148名の新入生を迎えます。皆さんの一つひとつの姿が、新入生にとって中学校生活のモデルとなり、目標となります。どうか、気持ちよく迎えてください。
 最後に、皆さんのこの穂高東中学校を日本一いい学校にするように、私も力を尽くしたいと思います。皆さん、一人ひとりがリーダーです。どうぞ
力を貸してください。一年間よろしくお願いします。              
                   (穂高東中学校長 中村 真市)

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
安曇野市立穂高東中学校
〒399-8303
住所:長野県安曇野市穂高5119-2
TEL:0263-82-2230
FAX:0263-82-7418
☆ご感想・ご意見をお寄せください