最新更新日:2019/09/02
本日:count up2
昨日:76
総数:547863

8/16 1学期の思い出 〜ペア読書〜

画像1 画像1
画像2 画像2
読書週間の活動として
縦割り活動のペアの子に本を読んであげました。
初めてお兄さん,お姉さんとして本を読み,ペアの子と仲良く交流することができました。

8/15 ヘチマ 4年生の花壇

4年生の花壇のヘチマが大きくなりました。
アブ?が,花から花へ飛び回っていました。受粉に役立っていそうです。
大きなヘチマができるといいな。
画像1 画像1
画像2 画像2

8/12 1学期の思い出 〜総合〜4年生

夏休みもあと2週間あまりですね。みなさん元気に過ごしていますか。
1学期の学習を振り返ります。
これは,4年生の一コマです。

総合では環境について調べたことをパワーポイントにまとめました。
画像を貼ったり,レイアウトを考えたりとわかりやすくまとめ,環境についての理解を深めることができました。
画像1 画像1
画像2 画像2

7/18 プログラミングで作図(4−2)

「プログル」というソフトを使い、プログラムを組んで図形を描いています。
具体的な操作としては、「○°右を向きます」「○前に進みます」「○回くりかえす」等のブロックをつなげてプログラムを組んで画面上のロボットを動かして描きます。○の部分の数値を変えたり、ブロックの順番を考えたりして作図していきますが、数値が違ったり、間違ったブロックを積んだりすると、画面上のロボットが思ってもいなかった図形を描きます。でも、その間違いから、新しいロボットの動かし方や図形の描き方に気付いたりもします。試行錯誤が気付きにつながっていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/17 水泳指導4年生

からっと晴れている訳ではありませんでしたが、ここ最近としては気温が上がり、プールに入ることができました。
1学期最後の授業でも、泳力を伸ばそうと、頑張って泳ぐことができました。
友達が見守る中、声援を受けながら25mに挑む姿に、たのもしさを感じます。
25m泳げなかった子は、夏休みの皆泳教室で再チャレンジです!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/16 図形の作図  4年

 プログルを使って、これまで算数で学んだ図形を描きました。正方形・正三角形の定義を思い出しながらプログラムを組み、まだ習っていない正五角形や正六角形にもチャレンジしました。すべてステージクリアした人は、好きな図形にチャレンジし、星形や卍の形を見事に描いていました。
画像1 画像1
画像2 画像2

7/11 自分の考えを伝えるために(4の2)

学年が上がるにつれ、自分の考えをもつこと、更に、その考えを分かりやすく伝える力が求められてきます。
そんな少し先のことなども意識し、「はじめ」「中」「終わり」で自分の考えをまとめることに取り組んでいました。
生活の中でも、まず自分の考えを示し、そう考える理由を述べることはあります。夏休みに入ったら、たまには「そう考える理由を述べよ」とか「分かりやすく自分の考えを述べよ」などと問い、「伝える」で遊んでみてはどうでしょうか。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/5 プール(4年生)

泳ぐことが得意でない子は、25メートルを泳げるようになるため、息継ぎやけのびからのバタ足などを繰り返し練習していました。苦しくない息継ぎができれば、ゆっくりでも25メートルは泳ぐことができます。息継ぎのポイントは、吸うことではなく、はくこと。水中で息を吐くことができないと、顔を水から上げても吸うことができません。だから苦しくなってしまいます。ブクブク(水中で息をはく)、パハッ(水から顔を上げ、パで吐ききって、ハッで息を吸う※諸説あり)をお風呂でやってみましょう。
25メートル泳げる子たちの写真は「鬼コーチがゲキを飛ばし、泳がせている」感じですが、実際は「ぶつからないように気を付けてね」って感じでした。ご安心を。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/4 見つめる眼差し

教務主任の友田先生による4年2組の書写の授業でした。教室をのぞくと、毛筆で「作文」と書き終えた子から片付けを始めるタイミング。そこで、何ともよい表情の子どもたちを見つけました。
片付けは、墨の付いた筆をペットボトルに入れた水で洗うところから始まります。ペットボトルの水に筆をつけ、墨が混ざっていく、その様子に心が奪われている感じです。こんなに興味をもって物事を見つめることって、学校生活の中でそんなにありません。授業内容とは全く関係の無いところでっていうのが面白い!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/1 分からない人は・・・

四角形を対角線で切ると、どんな形ができるかを調べるために、ひし形に対角線を引き、引いてできる形(三角形)がどんな形かを考えました。
ひし形を左右に二分する縦の対角線を引いたときにできる三角形は、何三角形か。この質問が出された後、先生から「分からない人は首をひねる」との指示がありました。分からない人は頭を倒し、分かる人はまっすぐのまま。変な方法で分かる人と分からない人を判別するのだなと、内心思っていたら違いました。「横になっている三角形を縦にして見るようにするとわかる」というヒントでした。そういうことか。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/28 書写 4年

 4年生では、「作文」という字を書いています。「文」の三画目と四画目を中心で交わらせることと、四画目の払いがとても難かしがっていました。次の時間はいよいよ清書をします。注意すべき点に気をつけながら、力強い字を書こう。
画像1 画像1
画像2 画像2

6/27 歯みがき巡回指導(4年生)

4年生のめあては、「小臼歯をキレイにみがけるようにしましょう。」です。小臼歯は前歯と6歳臼歯との間に生えてくる歯のことです。生えはじめは背が低く、段差ができてブラシが届きにくいので、ブラシを頬の方から横に入れて磨くといいそうです。
小臼歯がきちんと生え、他の歯との段差がなくなったら、磨く場所に応じて、ブラシの「つまさき」「かかと」「わき」を使って磨くようにお話がありました。
歯科医さんから突然、上手に歯みがきできる人に「歯みがき係」の委嘱がありました。正しい磨き方を友達に広めていってください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/21 電気のはたらき(4年)

先生も子どもたちに混ざって、車の競争をして遊んでいるのだと思って見ていたら、違っていました。先生の車は、子どもたちとは違う電池のつなぎ方をして、実際に走らせることで、電池のつなぎ方で走るスピードが変わる(モーターの回る速さが変わる)ことを確かめていたのでした。
遊んでいると勘違いして、ごめんなさい。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/20 大府市水道部水道課出前授業(4年)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
画面の青い立方体は、1立方メートルの大きさの水の塊、つまり、ちょうど1トンの重さの水のキャラクターです。名前は「イットンくん」。そのまんま!
この「イットンくん」は2代目で、初代は出前講座で小学生に触られ、壊れてしまったので2代目を作成(もちろん手作り)。2代目は、人が入って動けるようにしたそうです。きっと、子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべながら、作られたのだと思います。
市水道課の4名は、お若い方々でしたが、大府市の水道水に対する思いが強い方ばかり。こんな方々が大府市の水道水をどうにかしてくれていると思うと、安心して水道水を飲むことができます。水道課のみなさんが着ていた「イットンくん」のイラスト入りポロシャツが欲しくなりました。
(正解は「3」です。)

6/21 立ち上がれ粘土 4年生

思い思いの立体に立ち上げていきます。
塊から,ひも状から,棒状からどんな作品に仕上がっていくのでしょう。
子どもたちは,こねこねしながら仕上げていました。
これはエレベーターだよ,とかメロンパンだよと説明してくれました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/20  4年出前講座

 大府市水道課の方々を講師に迎え、私たちの生活に欠かせない水について教えていただきました。安全でおいしい水のでき方(浄水処理実験)や、3種類の水を飲み比べる「利き水に挑戦!」を行いました。ほとんどの児童が、水道水が一番おいしいと答え、口当たりやのどごしの違いを飲み比べていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/15 授業参観4−2

道徳「カストーディアルの話」
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/14 コロコロガーレ鑑賞会

鑑賞というと、美術館で作品を見るイメージでしょうか。子どもたちは、小学校ならではの鑑賞会を行っています。「作品で遊んでみる」という手法です。
どうすればビー玉が上手にゴールまで転がっていくのかや、ゴールまでどんな迷路にすると楽しいのかなど、そんなことを考え工夫して作った作品です。作品の良さを見つけるためには、実際に遊ぶのが一番です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/12 欲しくなります

4年生の理科の単元「電気のはたらき」で、観察・実験に使う教材が届いていました。
プラモデル好きでなくても、わくわくします。
画像1 画像1

6/12 新聞記者がいっぱい

4年生の新聞記者が、記事の清書をしたり、タブレットで検索した画像を参考にイラストを描いたりして、新聞作りを進めています。
新聞は、情報を伝えることを目的として作られるものであり、そのため、読み手を意識して記事を書く必要があります。そのあたりに「新聞」をかく意義があります。
どの記者の新聞が読みやすく、興味が引かれるか、完成が楽しみです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
学校行事
9/14 トイレピカピカプロジェクト
9/15 きらきらチャレンジウィーク(〜21日)
大府市立東山小学校
〒474-0021
住所:愛知県大府市長根町三丁目111番地
校長:西村剛志
TEL:0562-46-9333
FAX:0562-44-0024