会員組織委員会


メンバー

委員長 加藤定伸
副委員長 会員増強担当:盛田兼由
ロータリー情報担当:山本裕三
職業分類・選考担当:加藤定伸
委員 加藤友康※ 小林泰敏

(※:兼務)

方針

会員組織委員会は会長方針に従い、クラブの地域特性を生かしながら、会員増強、ロータリー情報、職業分類・会員選考の3 つの分野の活動を担当する。
11月末と来年5月末に、会長の目標である「会員1人、最低でも3人にロータリーの話をする」に基づくアンケートを行い、クラブ会員の積極的な外部に対する声掛けを後押しする。会員増強に於いては「新会員を囲む会」の開催によりロータリーとクラブに対する理解をすすめ親睦を深め、もって退会防止を図りたい。「衛星クラブ」と「会員身分」について前年度に引き続いて考察を続けて行く。

会員増強  担当副委員長:盛田兼由

方針

会員増強はクラブ活性化の基盤であることを再認識するとともに、会員の増強活動と退会防止に向けて、全会員が積極的な協力を行う。

事業計画

1.目標
  純増会員3 名 
2.活動内容
(ア)全会員に、増強活動への参画意識を浸透させる。
(イ)適宜例会を活用し、会員増強の呼びかけをする。
(ウ)全会員による新会員へのサポート、声掛けを実行する。
(エ)会員間のコミュニケーション促進を図り、退会を抑止する。
(オ)転勤退会者には、迅速に後任推薦をお願いする。
(カ)女性会員または若手会員1 名の純増。

ロータリー情報  担当副委員長:山本裕三

方針

本年度RI 会長方針、地区ガバナー方針、そして当クラブ会長方針「ロータリアンとして尊敬される場面を想像しよう」「ロータリアンとして誇りをもって行動しよう」の精神に則って活動する。特に新入会員にはロータリークラブの特典と責務について情報を提供する。

事業計画

1.新会員に入会説明を行う。
2.入会式は新入会員の思い出となるよう厳粛に行う。
3.新会員の所属委員会に委員会の業務を教育し当クラブへの理解を深めてもらう。
4.新会員のロータリーに対する理解を深め、ロータリアンの親睦を享受できるように「新入会員を囲む会」を随時開催する。
5.新会員には、年度に1度以上、例会でのソングリーダーを務めてもらう。

職業分類・会員選考  担当副委員長:加藤定伸

方針

職業分類:未充填の職業分類を明らかにし、幅広い分野から新会員を募集することができるよう環境整備を行う。
会員選考:推薦者並びに新会員より事情聴取に努め、当クラブに的確な人材を選考する。

事業計画

1.未充填の職業分類を明らかにし、積極的に会員増強に利用する。
2.現行職業分類でカバーできない場合には臨機応変に職業分類を追加申請する。
3.会員選考に当たっては、推薦者から本人の経歴、人柄などについて事前説明を受ける。
4.新会員候補者には入会前の面接を実施して、当クラブ会員としてふさわしい人物であるか審査する。

活動報告

表示項目はありません。