ロータリー財団・米山記念奨学会委員会


メンバー

委員長 米坂みよ古
副委員長 ロータリー財団担当:石黒 隆
米山記念奨学会担当:寺西英宏
委員 秋田和美 日比野三吉彦 服部清純 山田晃也※

(※:兼務)

方針

ロータリー財団の使命は、「ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを 通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」であり、米山記念奨学会の目的は、「将来母国と日本との懸け橋となって国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学」し、「将来ロータリーの理想とする国際平和 の創造と維持に貢献する人」を育成することである。
本委員会は、これらの使命や目的をクラブ会員の皆さんに理解いただき、一層のご支援を頂けるよう努める。

事業計画

1.米山記念奨学生の趙 小敏さん(中国)をカウンセラーと共に支援する。
2.ロータリー財団につき、ポリオ根絶のためにポリオプラス基金は、1 人 30 ドルを必達、年次基金は、1 人 150 ドルを目標とし、会員の皆様方にご協力をお願いする。
3.米山記念奨学会につき、1 人あたり普通寄付金 5 千円、特別寄付金 1 万 5 千円の合計 2 万円、特別寄付率(特別寄付人数÷クラブ会員数)80% 以上を目標とし、会員の皆様方にご協力をお願いする。
4.ポール・ハリス・フェロー、マルチプル PHF、ベネファクター、米山功労者、米山功労法人の増加に努める。
5.当クラブの奉仕活動、親睦活動への積極的な参加を学友に促し、国際交流・相互理解を深めるとともに、ロータリーの奉仕の心を学びあうことに努める。
6.10 月の米山月間、11 月のロータリー財団月間でのアピールを通し、会員の事業への理解の深化に寄与する。

活動報告

表示項目はありません。