最新更新日:2017/03/31
本日:count up1
昨日:3
総数:30138

楽しくおしゃべり

画像1 画像1
春休みに入って6日目です。今日は子どもたちが学校に遊びに来ました。しばらく読書コーナーでおしゃべりやしりとりゲームをして帰りました。学校生活でもよくがんばっていて輝いている子どもたちですが、春休みの子どもたちもまたキラキラしています。もうすぐ進学・進級しますが、友達との思い出作りも大事にしてほしいと願っています。

卒業おめでとう!

 3月20日(木)に平成25年度卒業証書授与式が行われました。卒業生5名は保護者、在校生や教職員、また、ご臨席賜りました多くの来賓の方々の祝福を受けて、本校を巣立つことができました。
 証書授与のあとの元気のよい歌声と心のこもった別れの言葉、感動のあるすばらしい卒業式となりました。
 6年間の思い出を胸に、これからも夢に向かって進んでいってほしいと思います。
 ほんとうに、おめでとう!!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年生を送る会2

 5年生の発表は森山直太朗の「さくら」の合唱と、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」のダンスでした。合唱では教頭先生と担任の先生にギターを弾いていただき、ダンスでは途中から全校生で一緒に踊りました。企画や準備、発表の練習など当日までがんばってくれた5年生のおかげでとても盛り上がり、楽しい時間になりました。
 6年生は在校生への励ましの手紙と、嵐の「ワイルドアットハート」を踊ってくれました!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年生を送る会1

 3月18日(火)に6年生を送る会を実施しました。5年生が中心となって企画し、各学年が6年生へ感謝の思いを伝えました。1・2・4年生は歌や演奏に気持ちを込めて発表をしてくれました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

いよいよ来週ですね!

画像1 画像1
 3月20日の卒業式に向けて、全校生で練習をしています!
 
 伊達市内でもインフルエンザが流行しており、学級閉鎖になっている学校もあります。20日の卒業式は全員が参加できるよう、週末も引き続き健康管理をお願いいたします。
 ◎ 人の多いところへの外出を控える。出かける場合は、マスクを着用する。
 ◎ こまめな手洗い・うがい、規則正しい生活をする。

追悼式

 3月11日(火)東日本大震災から3年がたちました。本校でも、震災があった時間に追悼式を実施し、全校生で黙祷を行いました。追悼式では教頭先生からお話をしていただき、子どもたちが命について考える時間となりました。
画像1 画像1

校長室だより…朝の会のお話「かしこく やさしく たくましく」9

         〜 卒業式をみんなで創りあげよう 〜

 あと2週間で卒業式がやってきます。いよいよという感じですね。卒業式が近づくと,私は忘れられない,ある卒業式を決まって思い出します。
 それは,私が6年生を担任していた時の卒業式です。その学校は6年4組まである,大きな小学校でした。私は6年3組の担任でした。卒業式が近づいてくる3月になると,体育館で1組から4組までの130人の6年生が全員そろって卒業式の練習をします。私の学級のとなりの6年4組にA君という男の子がいました。A君は,学校にいる時に人と話すことがたいへん苦手で,A君の声を聞いたことがある人はほとんどいませんでした。家庭では普通に話したり,はしゃいだり,歌ったりできるのですが,学校に来るとダメなのです。ある日,卒業証書をもらうために名前を呼ばれた際の「ハイ」という返事を練習しました。129人は返事ができるのですがA君は,何度練習しても返事の声が出ませんでした。
 6年生が130人もいると,大枝小のように卒業式の中で全員が何かを話すなんてことができません。ですから,私たち担任の4人の先生は,一人一人の心のこもった「ハイ」という返事をお父さんやお母さん,在校生に聞いてほしかったのです。
4組の若い男の先生もそのことを何度もA君に話して励ましましたが,練習の時も普段の学校生活でもA君の声を一度も聞くことはできませんでした。
 卒業式の日がやってきました。「A君の返事が聞こえないのは,仕方ないな。」とみんな考えていました。卒業式が始まり,卒業証書授与になりました。3組まで授与が終わり,そこまでのみんなは,立派な「ハイ」という返事ができました。いよいよ最後の4組の番です。A君は出席番号1番。32名いる4組の大事なトップバッターです。4組の若い男の先生が名前を呼びました。次の瞬間,A君は,目をつぶってとても大きな澄んだ声で「ハイ」と返事をしたのです。みんなが初めてA君の声を聞いた瞬間でした。4組の若い男の先生は,うれしくてうれしくて泣き始めてしまいました。しばらくは2番からの子ども達の名前を呼べない位でした。
 A君のことを知らない人は,何が起きたのか分からなかったようですが,私たち6年生の担任の先生と130名の6年生は感動の気持ちに包まれていました。卒業式では,何が感動的な出来事になるか分かりません。1年生から5年生と,そして6年生。みんなで力を合わせて最高の大枝小学校卒業式を創りあげていきましょう。   (2014.3.7)

授業参観

 2月28日(金)は、今年度最後の授業参観でした。1・2年生は生活の授業で、できるようになったことや作品などの発表をしました。4年生は学級活動で、1/2成人式を行い、将来の夢や自分が生まれたときのことなどおうちの人とお話しました。5・6年生は家庭科でおかしやお茶を準備して、家族や先生方にふるまい、楽しい時間を過ごしました。
 それぞれの学年で家族や先生に感謝の気持ちを伝え、1年の成長を感じることのできる授業参観だったと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

鼓笛引継ぎ式

画像1 画像1
画像2 画像2
 2月27日(木)に2階ホールで鼓笛引継ぎ式を行いました。下級生は2月から6年生にそれぞれのパートを教わり、今まで練習をしてきました。
 引継ぎ式では、6年生が見守る中、1〜5年生13名が立派な演奏をしてくれました。代表あいさつにもありましたが、大枝小学校の伝統を受け継ぎ、大切にしていってほしいと思います。

なわとび記録会

 2月25日(火)3校時になわとび記録会を行いました。声援の中、ひとりひとりが自己ベストを目指してがんばりました。
 練習してきた成果を発揮できた子、本番では練習のようにうまくできなかった子、それぞれが達成感や悔しい気持ちを味わい、思い出に残る記録会になったと思います。一生懸命な姿、とても輝いていましたよ!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

スマイル

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 「ふくしまっ子 10万人の笑顔プロジェクト」に参加し、紙皿で笑顔を作りました。県内の小学生が作った「笑皿」を集めて、あづま総合体育館に巨大なアートを作るプロジェクトです。自分の作品が飾られるのが楽しみですね!

仮入学式

画像1 画像1
画像2 画像2
 2月21日(金)は仮入学式・保護者説明会でした。来年度の新入生は1名です。仮入学式では、名前を呼ばれたときに元気良く返事ができました。
 仮入学式のあとは、1・2年生が新入生のために準備をした発表やゲームをして一緒に楽しみました。1・2年生ととっても仲良くなれたようです。
 4月の入学式を大枝小全員が楽しみにしています!

1/2 成人式

画像1 画像1
 2月21日(金)朝の会の時間に1/2成人式を行いました。10歳になった4年生2名が「将来の夢」について発表しました。
 堂々とした発表すばらしかったです。自分の夢に向かってがんばってほしいと思います!

全体練習が始まりました!

 2月18日(火)から鼓笛の全体練習が始まりました。昼休みの限られた時間の中でひとりひとりが集中して取り組んでいます。
画像1 画像1
画像2 画像2

落雪注意!

画像1 画像1
 図書室から見える木に見事なつららがぶら下がっています。

 18日に積雪・凍結による事故防止についてのプリントを配布しました。学校でも登下校の際、屋根からの落雪や歩道に残っている雪に注意することなどお話しました。
 ご家庭でも安全に登下校できるよう、ご指導とご協力をお願い致します。

雪だー!

画像1 画像1
 2月10日(月)の朝、全校生で雪かきをしなければならない大雪で大変でした。
しかし、子どもたちは元気!休み時間に楽しく雪遊びをしました!

校長室だより…朝の会のお話「かしこく やさしく たくましく」8

           〜 生命と季節 〜  
 2月3日の夜、節分の豆まきはどうでしたか。元気にできたかな。翌日の2月4日、立春が過ぎたので暦(こよみ)の上では春がやってくる頃になりました。ずっと南の沖縄県では「寒緋(かんひ)桜」という春早くに咲く桜が、もう咲いているそうです。でも、福島県はまだまだ寒く、ここは冬本番という感じですね。この寒さの中でも、このホールから見える樫の木は、葉っぱを落とさずに頑張っています。普通はこのように平たい葉っぱの木は、寒くなってくると赤や黄色に紅葉して葉を落とします。松や杉など、針のように尖(とが)った葉っぱの木は、寒くなっても紅葉したり葉を落としたりしないことが多いです。桜の木や梅の木のように全ての葉を落として枝だけになっているような木は死んでしまったのでしょうか。死んでしまったのではないことは、みんなも分かっていますよね。では、なぜ桜の木や梅の木は葉を落とすのでしょうか。落ち葉について『葉っぱのフレディ』というお話があります。

   春のある日、ある木に新しい葉っぱが誕生しました。フレディとその仲
  間たち、ダニエル、クレア、ベンジャミンたちです。春には、生まれた喜
  びをからだいっぱいに感じました。
   夏になりました。葉っぱたちは立派なからだに成長しました。ダニエル
  たちはフレディに葉っぱには大切な仕事があると教えました。それは木を
  育てるだけでなく、人間に対して、涼しい木陰をつくってあげたり、雨降
  りの時、雨宿りの場所に使ってもらうことでした。
   秋になり葉っぱたちは美しく紅葉しました。しかし、まもなく冷たい風
  が吹き始め、葉っぱたちは散ること、つまりは死ぬことを覚悟しなければ
  ならなくなりました。フレディはダニエルに訊ねました。「春に生まれて
  冬に死ぬのだったら、ぼくはどうして生まれてきたんだろう」と。
   冬がさらに近づきました。ダニエルたちは「死ぬことは命が入れ替わる
  ことだよ。命は永遠に生き続けるんだ。」と言って次々に散って死んでいき
  ました。そして、冬のある朝、枝にたった一人残ったフレディはつぶやき
  ました。
  「ぼくは死ぬけど、春になると命が引き継がれて、この枝から新しい命が
   生まれるんだな。」
  やがて、雪が降った地面の上にフレディは独りで散ってゆきました。

 木は冬の間、役目の終えた葉を散らして、次の新しい命である花や葉を生み出す準備をし続けているのですね。実は、この樫の木の葉も春から夏にかけて新しい葉と入れ替わっているんです。紅葉しないので気づかないんですね。樫の木の根元に葉が落ちているでしょう。私たちも同じかも知れません。春からの中学校や新しい学年に進んだ時に精一杯頑張れる力を寒い今の時期につけておかなければならないんです。寒さを自然からの励ましだと思って、授業に集中して学習したり、家庭学習をたくさんやったり、本をたくさん読んだりして、学校でも家庭でも粘り強く学んでいきましょう。体力づくりでは縄跳びを頑張っていますね。葉っぱのフレディのように自然の中には、私たち人間が生き方のお手本にできるものがたくさんあるのです。 (2014.2.7)

引き継ぎ式に向けて

 2月に入り、鼓笛のパート練習が始まりました。2月27日の鼓笛引き継ぎ式に向けて、卒業を控えた6年生から教えてもらっています。子どもたちは、教える方も教わる方も真剣に取り組んでいました。
 2月17日からは全体練習が始まります。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

鬼は外!福は内!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2月3日(月)3校時に全校生で豆まき集会をしました。樫の木ホールで校長先生から節分についてのお話を聞き、それぞれの学年の代表児童が「わすれものおに」や「くいしんぼうおに」、「だらだらおに」など退治したい鬼の発表をしました。その後、企画委員会の児童による○×クイズを楽しみました。
 豆まきは、各教室で年男年女である5年生と一緒に行いました。心のなかの鬼を追い出すことができたかな?

第2回 すこやか教室

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 1月28日(火)3・4校時は今年度2回目のすこやか教室でした。1回目のすこやか教室がとても楽しかったので、この日もわくわくしていました。今回も運動インストラクターの大内コーチに指導していただき、楽しく体を動かしました。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
伊達市立大枝小学校
〒960-0702
住所:福島県伊達市梁川町東大枝字東荒田2
TEL:024-577-2566
FAX:024-577-2902