最新更新日:2018/07/26
本日:count up3
昨日:16
総数:71669
これからも、子供たちが安心・安全な学校生活がおくれるようご協力をお願いします。

新しい元号からの想い

画像1
平成の世の中がまもなく終わりを迎えようとしています。来年の5月には新しい年号で世の中が推移する予定です。
 では、元号(年号)について簡単に振り返ると、小学校の6年の時に聞いたことのある歴史の出来事で、「大化の改新」「大宝律令」「保元・平治の乱」「文永・弘安の役」「建武の新政」「応仁の乱」などはすべて元号が出来事の一部になっています。
 元号は一般には年号と呼ばれます。中国を中心とする東洋の漢字文化圏に広まった紀年法で,前漢の武帝のときから元号が使用されはじめたといわれています。現在これを使用している国は日本だけです。日本では645年(皇極4)蘇我氏の討滅を機に孝徳天皇が即位してまもなく,この年を大化元年と定めたのが最初です。永続的に使用されたのは,701年の大宝からとなっています。(ウィキペディア、世界百科事典引用)
 私個人は昭和生まれですが、平成の世の中で過ごした日々の方が長くなりました。昭和はともかく高度成長時代の中でエネルギッシュに世の中が動いていた気がします。学校は知識習得を最重要視され、高校になると、大学受験用か、とてつもないスピードで教科書が進み、高校2年半ばで3年間の学習内容が修了した記憶があります。おかげで(?)たくさんのことを学ぶことができたと今ようやく振り返ることができます。
 世の中がいざなぎ景気を超えたバブル景気で沸き立つ頃に平成の世の中がやってきました。バブルも終焉を迎え、教育も詰め込み型教育からゆとり教育に転換期を迎えました。総合的な学習の時間が新設され、より一人一人が課題に対し自力で解決する能力の育成が重視されました。21世紀に入るとOECD(経済協力開発機構)が実施したPISA調査(生徒の学習到達度調査)の結果が、わが国の子どもたちの学力は、「数学的リテラシー」、「科学的リテラシー」、「問題解決能力」の得点については、いずれも一位の国とは統計上の差がなかったが、その一方で、「読解力」の得点については、OECD平均程度まで低下している状況にあるなど、大きな課題が示されました。読解力の向上を中心とし、教員の資質、指導力の向上、全国学力学習調査が開始され、国あげての学力向上施策が開始されました。
 そうして現在新元号と共に教育も新たな転換期を迎えようしています。 単なる知識の習得ではなく、知識の理解の質を高め資質・能力を育む「主体的・対話的で深い学び」を軸に、道徳教育、体験活動、外国語活動等を充実させた教育が始まっています。
 ここで大谷翔平という二刀流と呼ばれるメジャーリーグの選手に話題を向けます。ピッチャーと打者として日々活躍が報じられています。英語ではtwo way、科学的にはハイブリッド選手でしょうか、プロ野球選手としての概念を打ち破った一人であるといえます。少年野球選手の多くはバッターかピッチャーとしてのプロ野球選手の夢を持つのが普通でした。ところが、大谷選手は日本のプロ野球でその才能を見いだされ、見事に二刀流としての地位を確立しました。今後の活躍を期待しております。
 なぜ大谷選手の話をしたか、それはこれからの子供たちが世の中を生き抜いていく一つの道だと考えるからです。野球を例にあげましたが、少子高齢化が進むこれからの世界、とりわけ日本で現在の水準維持・向上のためには一人二役以上が求められてきます。複数(チーム)で研究・開発を行う方が効率化の面からも必要になってきます。教育現場もその波を受けつつあります。現在の体制で働き方改革の波を受けながら次世代を生き抜く子供たちを育成していくためには、学校・家庭・地域が一体となりチームで取り組んでいく必要が不可欠です。新元号を迎えるにあたって、だいぶ話があちこちになってしまいましたが、一つの節目としての子供たちの未来を見据えた学校教育の方向性を思い描いてみました。

画像2

プログラミング教育

画像1
 現代社会では、スマホ、ケータイ、家電、自動車などあらゆるところにコンピュータが導入され、日々進化しています。いってみればコンピュータはなくてはならない存在です。新学習指導要領では、情報活用能力を積極的に育成することが位置づけられ、2020年度からプログラミング教育が導入・実施されます。
 プログラミング教育とねらいについて文科省情報教育課では次のように示しています。
1 「プログラミング思考」を育むこと
2 プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられていることに気づく。コンピュータを上手に活用し身近な問題を解決したりよりよい社会を築いたりしようとする態度を育む
3各教科での学びをより確実なものにすること
 1の「プログラミング的思考」とは問題→(必要な動きを分けて考える)→)動きに対応した命令(記号)にする)→(組み合わせる)→問題の解決・・・これら一連の活動を試行錯誤しながら継続的に改善していく一連の動作を「論理的に考えていく力といえます。
 具体例を挙げて考えると
    「正三角形をかく」(学習課題)
     ○ペンを下ろす・・・・命令1
     ○長さ100進む・・・・命令2
     ○右に120度曲がる・・・命令3
     ○あと2回繰り返す・・・命令4
 これは一例です。正三角形をかく方法はほかにもあります。それらを試行錯誤しながら正三角形をかくという課題を解決していくことでプログラミング的思考が育成されます。
 これは算数の一例です。国語でも、理科でも音楽でもプログラミング的思考の育成が各教科の指導及びプログラミングの体験を計画的に取り入れていくことが必要となってきます。2020年の導入を目指して今から準備を進めていきたいと考えます。

学校評議員会が開かれました。

6月11日(月)に今年度第1回目の学校評議員会が開かれました。今年度の評議員の委嘱状をお渡しし、本校の学校経営・運営等について説明しました。特に基本的なあいさつ運動について学校、家庭、地域で重点的に取り組み、元気に明るい永崎の子供たちを見守っていくことで理解を深めました。
 最近不審者情報が多く飛び交い、実際に重大な案件につながるような情報もあり、あらためて地域で安全・安心な登下校の見守り方など話し合いました。その後各学級での授業の様子を参観していただきました。
 今後とも永崎小の子どもの健やかな成長のご支援をよろしくお願いします。
画像1

ある先生の言葉より

画像1
三つのこと
 現在青山学院大学教育人間学部教授及び早稲田大学非常勤講師を務めております坪田耕三先生が筑波大学附属小学校で担任をされていたときの話です。坪田先生は算数の研究者として長年筑波大学附属小学校に勤務され、私も約20年間、公開や休業日の研究会に参加させていただきました。坪田先生の授業は子供たちに課題をわかりやすく伝えるとともに「なぜ?」「どうしてそうなるんだろう?」など必ず思考力と判断力を児童自ら必要とする場を与え、発表を繰り返すことで表現力が高まる授業を以前から実践されていました。私も何か一つでも盗もうと全国から大勢筑波に押し寄せる先生方の中で坪田先生の一挙一動を参観させていただいたことを算数の授業を参観しているときにいつも思い出しています。
 脇道にそれましたが、坪田先生が学級通信に書かれた言葉があります。「う」「ぶ」「ひ」。これは「うそをついてはいけません。」「ぶってはいけません。」「ひとのものをとってはいけません。」この三つの言葉でした。新学習指導要領では、道徳が教科化され一人一人の多様な価値観が再認識されます。でも人生においての必要な価値は不変なものがあります。教師が何をもって学級に指導に臨まなければならないかというと、前述の「嘘をつかない。」「傷つけない。」「盗まない。」この言葉からは、嘘をつかないことは単なる正直に生きる価値を促すだけではなく、人との関わりかたから信頼。信用という価値も生まれてくるはずです。傷つけないことも、肉体的のみならず精神的そして社会的価値も関連してくることでしょう。盗まないも同様です。たった三つの言葉ですが、多様な価値の基本的な三つであると坪田先生の言葉から感じました。
 私たち教える側が信念をしっかり持って道徳を中心として各授業に子供たちと共に楽しい学校作りを目指したいと考えます。

よろしくお願いします。

画像1
 今年度から永崎小に赴任しました校長の木田寿憲です。校長室からは学校便りに書けなかった出来事や教育の情勢などを発信していきたいと考えております。よろしくお願いします。今回は新学習指導要領に関する内容に関して記してみました。

 【新学習指導要領の実施に向けて】
 平成32年度(2020年)から小学校の新学習指導要領が本格実施となります。その実施に向けて大きな変更内容は、外国語教育と道徳の教科化があります。

 [道徳の教科化]
 今年度から従来の「道徳の時間」が「特別の教科 道徳」として新たに位置づけられ、本格実施となりました。児童の発達段階に応じ、答えが一つでない課題を一人一人の児童が道徳的な問題としてとらえ、向き合う「考える道徳」「議論する道徳」に向け、指導方法等の工夫を重ねているところです。
 道徳の教科化に伴い、教科書を使用しての授業を行っています。評価に関しましては「学習状況や道徳性に係る成長の様子を継続的に把握する」「数値などによる評価は行わないようにする」と学習指導要領に示されており、文章で評価するようになります。本校では、県、市の動向を見極めながら現在検討を重ねている最中です。

 [外国語活動]
 平成32年度(2020年)から本格実施となる小学校の新学習指導要領では、第3・4学年で年間35時間、第5・6学年で年間70時間実施することになります。
 今年度は移行期間として3・4学年は年間15時間、5・6学年は年間50時間実施します。今後、3・4学年で外国語に慣れ親しませ、5・6学年で中学の英語に円滑に移行するためにアルファベットや単語などの認識、語順の違いや文構造の気づきに関する内容などを学んでいきます。
 本校では、ALT(外国語指導助手)とともに「ふくしま外国語推進リーダー配置校」として英語免許を持つ小学校教員が年間を通し授業に関わって外国語活動の充実を図っています。



      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
いわき市立永崎小学校
〒970-0315
住所:福島県いわき市永崎字川畑207
TEL:0246-55-7044
FAX:0246-55-5369