最新更新日:2017/11/22
本日:count up6
昨日:13
総数:15809
ようこそ 鏡石町立第二小学校のホームページへ

赤い羽根募金をお渡ししました。

 11月22日(水)、町の社会福祉協議会の事務局長の関根様と福祉活動専門員の村岡様が学校へお見えになり、今回、多くの子どもたちが協力してくれた赤い羽根募金をお渡しすることができました。
 今年度の募金総額は、9,115円でした。
 協力してくれたみなさん、どうもありがとうございました。
 募金は、「誰もが安心して暮らしていける福祉の町づくり」を展開していくための福祉活動の貴重な財源として使われます。

4年生 ムシテックに行ってきました!

 11月21日(火)の午前中、3年生に引き続き、今度は4年生が「理科教室」の学習のために、ムシテックワールドに行ってきました。
 学習内容は、「工作 月の満ち欠け早見盤づくり」「実験 水蒸気を水に戻す」「サイエンスショー 磁石の不思議」3つでした。
 日常生活の中の不思議“?”に“科学の目”で答える内容に、子どもたちは興味・関心を高め、考えながら理解することの楽しさを味わうことができました。

まきばっこ発表会

 11月18日(土)、まきばっこ発表会がありました。
 多くの来賓の方々をはじめ、保護者・地域の皆さま方、お忙しい中、早朝よりご来校いただき、誠にありがとうございました。
 子どもたちの発表はいかがでしたか?
 子どもたちはこれまで、皆様に最高の演技・演奏をお見せしようと、一生懸命、練習を重ねてまいりました。その成果が、十分発揮できたのではないかと思っております。
 舞台発表する子どもたちへの温かい励ましとねぎらいの拍手、本当にありがとうございました。

自分の言葉で、自分たちらしく 5年生のキャリア教育発表

 11月17日(金)の1校時、5年生のまきばっこ発表会のリハーサルがありました。
 5年生の発表内容は、岩瀬農業高校と清陵情報高校とのキャリア教育で学んだことの発表です。
 発表原稿やパワーポイントの内容を自分たちで考え、作成しているところが素晴らしい!子どもたちの等身大の言葉で発表される内容が、観客の皆さんに共感を与えることと思います。
 スライドの操作も自分たちで行います。
 自分たちで考えたことを自分たちの言葉で、自分たちらしく発表する5年生の姿、凜々しく、頼もしく、かっこいいです。

祭りだ!祭りだ! 2年生の成田太鼓は迫力満点!

 4校時は、2年生のリハーサル発表がありました。
 2年生は、「祭」がテーマの発表です。
 成田太鼓保存会のみなさんと心を合わせての演奏は、迫力満点!体育館の雰囲気は、一気にお祭り会場へと早変わりします。
 カラフルな衣装も素敵です。
 また、太鼓演奏の前に披露される「群読」も、必見です。

 元気いっぱい2年生が繰り広げるお祭りの世界。
 お楽しみに!

やっぱり6年生は最高学年です!

 3校時は、6年生の英語劇「MOMOTARO」のリハーサルでした。
 日本語のセリフを覚えるのだって大変なのに、それを英語で取り組もうなんて・・・。その6年生の心意気、チャレンジ精神が、素晴らしい。
 子どもたちはきっと、「英語のセリフ、覚えられるかなあ。」という不安との戦いに加え、「この役、どう演じようか。」「ここではどう動いたらいいだろうか。」と、試行錯誤しながら、練習に取り組んできたことと思います。
 「精一杯、いい発表しよう!」という、ひとりひとりのがんばる気持ち、バッチリ伝わってきましたよ。自信を持って、しっかり発表してくださいね。
 6年生にとって、小学校生活の集大成となる今回の英語劇。
 きっと大人になっても、今回のこの劇づくりのことは忘れないことでしょう。

 最高学年の最高の演技、乞うご期待!

可愛らしい 忍たま1年生の発表

 11月16日(木)の2時間目は、1年生の「かがみいしにんじゃ学校」のリハーサルでした。
 可愛らしい衣装に身を包んだ忍たま1年生が、前転したり側転したり、はたまた、全員でEXILEもびっくりのかっこいいダンスを披露したり・・・・。
 セリフを大きな声で発表できるところも見所です。
 はたして、元気いっぱい1年生は、校長先生から「はなまる」をもらうことができるかな? お楽しみに。 

3年生 元気いっぱい!ヨサコイソーラン演舞

 昨日に引き続き、各学年でまきばっこ発表会のリハーサルが行われています。
 1時間目は、3年生の「鏡石、春夏秋冬物語」でした。
 総合的な学習の時間に取り組んだ地域探検をもとにした発表と鏡踊らん会の方々に教えていただいたヨサコイソーラン演舞の発表です。
 かっこいい衣装に身を包んだ、パワフル3年生のダンス! 乞うご期待です。

児童会活動 赤い羽根募金

 本校では、11月13日(月)〜17日(金)の1週間、児童会の運営委員が中心となって、毎朝、各教室をまわり「赤い羽根協同募金」を呼びかけています。
 募金は、「誰もが安心して暮らしていける福祉の町づくり」を展開していくための福祉活動の貴重な財源として使われます。
 今日も、多くの子どもたちが募金してくれました。協力してくれたみなさん、どうもありがとう。

4年生 合奏発表リハーサル

 まきばっこ発表会のリハーサルが始まりました。
 今日の5校時は、4年生の合奏です。曲目は「栄光の架け橋」と「Happiness」でした。
 とても上手な発表で、感動しました。まさにプログラムのタイトル通り、息を合わせて、心を合わせた、見事な演奏でした。
 当日は、トップバッター! とても楽しみです!

3年生 ムシテックへ行ってきました!

 11月15日(水)の午前中、3年生が「理科教室」の学習のために、ムシテックワールドに行ってきました。
 学習内容は、「工作 マジックマグネット」「実験 電気の通り道」「サイエンスショー 偏光シートの不思議」3つでした。
 興味深い内容に皆真剣に聞き入ったり作業をしたりと、充実した時間を過ごしました。
 子どもたちが学習した内容をお家でも話題にしていただければ幸いです。

キャリア教育連携事業 岩瀬農業高校来校

 11月14日(火)2校時目に岩瀬農業高校の生徒さんが来校し、5年生を対象にパンジーの植え付け作業の指導をしていただきました。パンジーの苗は、5月に岩瀬農業高校を訪問した際に鉢上げをしたもので、高校で大事に育ててもらい、それを本校に運んできて花壇に植えました。
 高校生に植え方を親切に教えてもらい、楽しく作業を進めることができました。
 パンジーを植えた後は、食堂に会場を移して、「岩瀬農業高校では、どんな学科が有り、どんな学習をしているのか」「岩瀬農業高校に入学すると、どんなことができるようになるか」など、学校の魅力を紹介していただきました。
 将来、農業に携わろう、携わりたいと考えている人はもちろんですが、そうでない人も、自分の将来の職業を考える上で、ためになるお話をうかがうことができました。

4年生算数科 「計算のやくそくを調べよう」

 11月13日(月)の2校時、4年生は算数科 計算のきまり「計算のやくそくを調べよう」の学習に取り組んでいました。
 この時間は、ドットの数の求め方を1つの式で表すとともに、その求め方を友だちに説明したり、友だちが考えた式が表しているドットの数の求め方を考えたりすることが、学習のねらいです。
 子どもたちは、ドットを線で囲みながら工夫してドットの数を求め、その方法を1つの式で表すことができました。
 またそれに加え、ペアやグループで友だちと自分の考え方を比較しあい、伝え合うことで、「友だちの話を聞いて、新しい方法が分かった!」「友だちのあの考え方で、正しく求めることができた!」と、「できた」「わかった」を十分味わっていました。

6年生の英語劇「MOMOTARO」

 11月13日(月)の2校時、6年生が、外国語活動で取り組んでいる英語劇の練習を体育館で行いました。
 子どもたちが取り組んでいる英語劇は、「MOMOTARO」(桃太郎のお話)です。
 この時間は、ALTのジャレッド先生に協力をいただき、英語の言い回しや発音など、アドバイスしていただきました。
 鏡石二小版の「MOMOTARO」は、18日(土)の学習発表会で披露されます。お楽しみに!

「お・か・し・も」 予告なしの避難訓練

 11月13日(月)、子どもたちへの事前連絡なしでの、避難訓練を実施しました。
 突然、避難訓練の放送があり、驚いた子どもたちが多かったのですが、しっかりと放送を聞き、速やかに避難場所に集合することができました。
 火事も地震も、いつ起こるか分かりません。そのときどきにあわせ、どのように行動すればよいのか、自分で考えて行動してほしいと思います。自分の身は自分で守るのが災害の時の基本だそうです。
 また、命にかかわることは、100点満点のできでないといけません。一番大切な命を守るためにも今日の避難訓練の内容をよく覚えて、もしもの時に備えてほしいと思います。
 避難訓練の全体指導が終わった後、引き続き、場所を中庭に移して、6年生の代表児童が、水消火器を使った「消火訓練」を実施しました。
 万が一、(実際には、そんなことはない方がいいのですが)初期消火が必要な場面で遭遇したときには、今日の訓練経験を生かしてほしいと思います。

1年 算数科「かたちあそび」の授業研究

 11月10日(金)の2校時、1年生の算数科「かたちあそび」の研究授業がありました。
 子どもたちは、身の回りにある箱やボール、筒などの形に着目して仲間わけし、その特徴や機能について友だちに説明する学習に意欲的に取り組みました。
 友だちとの交流を通して、「なんでかな?」を「なるほど!」に変えたり、実際に手に取ったり、組み立てたりする活動を通して、図形に対する見方を広げたりする子どもの姿がたくさん見られました。
 放課後には、先生方で事後研究会を開き、研究テーマである「課題提示の工夫」や「ペア・グループでの話し合いのさせ方」、「子どもたちの考えの見取り」などについて、熱心に話し合いました。

ポプラ、ひまわり学級での算数科授業研究

 11月9日(木)の2校時目に、ひまわり学級とポプラ学級で、算数科の校内研究授業を行いました。
 ポプラ学級では、3人の児童が「かけ算」の課題と「速さ」の課題とにわかれ、担任と支援員とのTT体制で指導にあたりました。児童一人一人が、担任の先生と一緒に考えた「解き方モデル」をもとに、進んで課題に取り組むことができました。
 ひまわり学級では、3人の児童が「かさ(体積)」を比較する方法を考える学習に取り組みました。こちらの授業も、担任と支援員とのTT体制で指導にあたりました。児童一人一人が、自分で選択した方法で水のかさを比べ、その比べ方を他の児童にわかりやすく説明する姿が見られました。
 特別支援学級での学習を参観することで、児童の興味関心を引きつける教具の工夫やその子に応じた明確な指示、分かりやすい言葉への言い変え、教師の立ち位置・・・などなど。子どもたちがよりよく学習に参加できるようにするための工夫をたくさん発見することができました。

2年生生活科 成田太鼓の練習、がんばっています

 11月8日(水)の2校時、2年生が、地元で活躍している根本正孝様(学校評議員もお勤めいただいております。)を講師としてお招きして、まきばっこ祭り(学習発表会)で披露する成田太鼓のたたき方等をご指導していただきました。
 地域の方々に何度も来ていただき、直接触れ合い、指導していただくことで地元地域のすばらしい伝統文化を知る良い機会になっています。
 これからもこの伝統を守り伝えることができるよう、地域と学校との連携を密にしていきたいと思います。

第12回鏡石駅伝・ロードレース大会

 11月5日(日)、天気にも恵まれ、第12回鏡石駅伝・ロードレース大会が、町営鳥見山陸上競技場を会場として実施されました。
 子どもたちはこれまで、体育の授業やマラソンタイムで長い距離を走る練習を続けてきました。今大会ではその成果を発揮し、自己ベスト目指して、一生懸命走る子どもたちの姿をたくさん見ることができました。
 保護者のみなさま、地域のみなさま、沿道からのたくさんの応援、本当にありがとうございました。

花壇が明るくなりました。

 11月1日(水)の3校時目は、「みどりの時間」でした。
 今回のみどりの時間も、「学校応援団」の皆さんに協力をいただきながら実施しました。
 応援団の皆さまには、朝早くから花壇を耕していただくとともに、3時間目には子どもたちに植え付け方を指導していただきました。ありがとうございました。
 おかげで子どもたちは、それぞれの学年の花壇に、パンジーの苗とチューリップの球根を丁寧に植え付けることができました。さみしかった花壇が、パッと明るくなりました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
岩瀬郡鏡石町立第二小学校
〒969-0404
住所:福島県岩瀬郡鏡石町豊郷中238番地
TEL:0248-62-2033
FAX:0248-62-2051