最新更新日:2017/03/13
本日:count up2
昨日:22
総数:52433
教育目標:自ら学ぶ生徒 誠実な生徒 健康な生徒 素直で自分に厳しく人に優しく、何事にも積極的に取り組む生徒の育成

市歌、「旅立ちの日に」など、歌声が体育館に響く!!         感動とともに 第55回卒業証書授与式

画像1 画像1 画像2 画像2
 校長式辞

 暖かい陽射しに木々の芽もようやくふくらみ始め、校庭を吹きわたる風に、春の訪れを感じる、今日の佳き日、多数のご来賓、保護者の皆様方のご臨席を賜り、第五十五回卒業証書授与式を挙行できますことは、卒業生はもちろんのこと、教職員一同、この上ない慶びであり、心より感謝申し上げます。  
 さて、ただ今、卒業証書を手にした百三十五名の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 皆さんは、入学以来、学習に、部活動に、そして、生徒会活動に積極的に取り組み、数々の輝かしい実績を残し、伊達中学校の伝統に、また新たな一ページを付け加えてくれました。
 運動部での県北大会、県大会、東北大会等での活躍ぶりは伊達中生徒として胸のはれる素晴らしい活躍でした。
 文化部でも、吹奏楽部、華道茶道部、情報科学部も各種コンクール、桃花祭、ボランティアなどでの活躍も大変立派でした。
 私にとって、各種大会での応援は、楽しみであり、喜びでもありました。
 学習面でも、高い学力とともに、英語弁論大会、少年の主張大会、各種作文コンクール、書写コンクール、造形審査会、理科作品展など県レベルで優秀な成績を残してくれました。
 一方、「校内体育大会」や「桃花祭」においては、各学級が一丸となって取り組み、爽やかな汗を流すとともに、学級一体となった各種の発表やビッグアートの作成、心を一つにして歌い上げた「校内合唱コンクール」など、いつまでも心に残る素晴らしい思い出となりました。
 このように素晴らしい成果と思い出を残すことができたのは、常に「文武両道」の精神をもち、ひたむきに努力する「強い心」、先生方の真剣な指導をしっかりと受け止める「素直な心」、そして、みなさんを支え励ましてくださった保護者、地域の方々に対する「感謝の心」があったからこそだと思います。これらの学習や活動の中で味わった「喜び」、「悔しさ」、そして「流した涙」は、皆さんの「一生の宝・思い出」になると思います。
 さて、東日本大震災・原発事故から六年が経ちました。当時、小学生であった皆さんは、このことをどのように受け止め、そして、この六年間、どう思い続けてきたでしょうか。世の中は、一見落ち着いているように見えますが、様々な報道から察するところ、風評被害も含め、復興は道半ばです。しかし、そのことを悲観的に捉えるばかりでなく、前向きに捉えよう、また、多くの人に元気になってもらおうと頑張っている人もいます。
 昨年、五月十九日、世界最高峰エベレスト登頂に成功した福島市出身のタレント、なすびさんもその一人です。昨年十一月に、「エベレストへの挑戦〜福島の復興」と題し、お話を聞く機会がありました。福島の復興再生を強く願い、命を懸け、エベレスト登頂に挑んだ姿とその思いを聴き、感銘を受けました。
 では、なぜ、人は命を懸け、エベレストの頂上を目指すのでしょうか。この問いに応えるべく世界中の登山家・冒険家がエベレスト登頂に挑戦し、歴史に名を残しています。日本人の冒険家三浦雄一郎さんもその一人です。特に、六十五歳からエベレスト登頂を決意し、七十歳、七十五歳、八十歳と三度の登頂に成功した挑戦は私たち全ての日本人に、いや、世界中の人に勇気と感動を与えるものでした。
 ここに、2013年、八十歳の時に、三度めのエベレスト登頂に成功し、帰国後に書いた三浦雄一郎さんの直筆の色紙があります。そこには、「夢いつまでも」と書いてあります。
 三浦さんは、その著書の中で、
「夢や目標に至る道は一歩、一歩の積み重ねでしかない。山は、一つのわかりやすい目標である。」
「世界の最高峰エベレスト八八四八メートルも、歩幅わずか何十センチの積み重ねである。あせらず、たゆまず、一歩ずつ足を運んでいくしかないのだ。」
「自分を前に押しやるのは夢の力である」と述べています。
 皆さんの夢は何ですか。
 この三浦雄一郎さんの言葉、「一歩一歩」そして「夢いつまでも」を卒業生皆さんへのはなむけの言葉とします。
 自分の夢・目標をしっかり持ち、一歩一歩踏み続ける皆さんであることを期待します。卒業生百三十五名の皆さん一人一人が、校歌の歌詞「若い力があふれる、若い瞳がかがやく、若い翼が羽ばたく」のように、自らの力で、自らの人生をを切り拓き、幸多き人生を送ることを心より願います。 
 
 保護者の皆様方、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。
 先ほども申しましたように、大震災ともに送った小学校三年間、そしてこの中学校三年間は保護者の皆様にとっても大きな不安の連続だったと推察いたします。しかし、本日、義務教育九ケ年を修了するという大きな節目を迎えられたお子様の晴れ姿に、感激もひとしおのことと思います。心よりお祝い申し上げます。これまでの皆様方の本校教育に対するご理解とご協力、ご支援に対しまして、深く感謝とお礼を申し上げます。
 
 結びに、この三年間、卒業生を厳しい中にも、温かく見守り、いつも励ましていただきましたご来賓の皆様方をはじめ、地域の皆様、そして、伊達市、教育委員会の皆様、学区内の各校の先生方に心よりお礼と感謝を申し上げ、式辞といたします。

 平成二十九年三月十三日 

 

今月の一字 「夢」

画像1 画像1
 弥生、3月、平成28年度最後の月となりました。
 進学、進級にあたり、4月からの新しい生活に、希望をもってスタートできるよう、それぞれの学年のまとめをしっかり行ってください。

 あなたの夢はなんですか?

 夢には力がある!!【校長】

間もなく東日本大震災、原発事故7年目!(1)

画像1 画像1 画像2 画像2
 間もなく3.11となります。
 東日本大震災・原発事故当時の新聞を、本校3階ギャラリーに展示しています。その当時、小学低学年であった生徒たち、当時、どんな報道がなされたか、関心をもってもらえればと思います。

間もなく東日本大震災、原発事故7年目!(2)

画像1 画像1 画像2 画像2
間もなく3.11 当時の写真を掲示!!

今月の一字 「志」

画像1 画像1
 「志」は、まさに「こころざし」という意味そのものです。
 1月末、本校でも第2学年で「立志式」が行われました。 進学、進級を間近に控えたこの時期、他の学年においても「自分の生き方」について考える良い時期だと思います。【校長】

”独立独歩”の気持ちをもって! 立志式

画像1 画像1 画像2 画像2
 去る、1月27日(金)、11時半から、本校多目的ホールにおいて「立志式」が開催されました。本校2学年生徒118名が式に臨みました。
 市歌を斉唱したのち、立志証書・記念品授与、さらに式辞、励ましの言葉の後、生徒代表による誓いの言葉の発表がありました。これから自分たちは「独立独歩」の気落ちを大切にして頑張りたいという内容で、自律心や責任感の高まりを感じるすばらしい発表でした。
 その後、生徒・保護者間での「決意の手紙」「子どもへのメッセージ」の交換があり、親子、家族の絆が深まる場ともなりました。
 式終了後、会場を変え、テーブルマナーを学びながらのお祝い会が開催され、和やかな雰囲気の中でおいしい料理を堪能することができました。

今月の一字 「新」

画像1 画像1
 「新」は、まさに「あたらしい」という意味そのものです。
 平成29年酉(とり)年、気持ちも新たにすばらしい年、そして、飛躍の年となることを期待します。
「一年の計は元旦にあり。」目標を持って充実した学校生活を送りましょう。【校長】

感性光る! 中学校生徒造形作品展

画像1 画像1
 明日(12日)まで、伊達市梁川美術館において「伊達地区中学校生徒造形作品展」が開催されています。
 本校の生徒の作品も展示してあり、写真は「漢字の感じ」と題して漢字のイメージを絵で表現したものです。
 伊達地区8中学校の生徒たちの感性豊かな作品が展示してあります。

謹賀新年 第3学期始業式 式辞

画像1 画像1

 クリスマスや正月など楽しい行事がたくさんあった冬休みも終わりました。いよいよ3学期です。3学期は、一年の中で一番短い学期です。しかし、それぞれの学年のまとめの学期であり、同時に進級や進学に向けて準備をする大切な学期です。お世話になったすべてのもの、すべての人に感謝する気持ちをもって生活してほしいと思います。「感謝、そして希望の3学期」でありたいと思います。
 また、今年は酉(とり)年です。運気を取り込み、今まで頑張ってきたことの成果が現れる年です。皆さん一人一人にとって、飛躍の年となるように願っています。
 「一年の計は元旦にあり」という話を2学期の終業式にしました。「計」は「計画」の「計」です。この1年間をどのようにして過ごすか、何を目標にして過ごすか、学習面や生活面でしっかり目標を立て、寒さに負けないようにがんばってほしいと思います。

 さて、昨年は、アメリカ合衆国の大統領選挙が行われ話題を呼びました。まもなく第45代大統領が誕生するそうです。ところで、初代大統領は誰か知っていますか?・・・そうです、「ジョージ・ワシントン」です。今から、220〜30年前のことです。
 ワシントンの子どもの頃のエピーソドに、お父さんの大事にしていた家の桜の木を切ってしまい、そのことをお父さんに正直に言ったら、怒られると思っていたのに正直に言ってえらいと逆に褒められたというお話があります。聞いたことがあるでしょうか。
 こんなエピーソドがあるくらいですから、子どもの頃のワシントンはかなりいたずら好きだったようです。ワシントンのお父さんは、あんまりいたずらばかりするので、ある日ワシントンを、台所の太い柱のところに呼んでこう言いました。『これからお前が悪さをしたら、この柱に釘を一本打つことにする。でも、お前がいいことをしたら釘を一本抜いてあげよう』と。
 お父さんもそう言えばワシントンのいたずらが少しは直るかと思ったんですが、なかなかそういかなくて、釘はどんどん増えていったそうです。しかし、さすがのワシントンも少しずつ自分がやったことを振り返れるようになっていき、いいこともするようになったそうです。約束通り、お父さんはいいことをするたびに釘を1本づつ抜いていき、とうとう打ち込まれた釘が全部抜かれる日がきたそうです。その時、お父さんはもう一度ワシントンを台所の柱のところに呼んで言いました。何て言ったと思いますか?
 『お前はこの頃いい子になったから、釘が一本もなくなったよ。だけどね、釘はなくなったけど、ここにはたくさんの釘の穴が残っているだろう。お前がどんなにいいことをしてもこの釘の穴を直すことはできないんだよ。この釘の穴は神様にしか直せないんだよ。』
 皆さんは、この言葉をどのように受け止め、理解しますか。
 
 「まず、釘を打ち込むようなことをやってはいけない。たとえ謝ったとしても、自分がやったという事実や相手の人を傷つけたという事実を消すことがはできない。」ということですよね。このことは、皆さんに話をしていると同時に、私自身にも問いかけていることです。
 
 その後、ワシントンはどんな少年・青年時代を送ったと想像しますか。最初に話をしたように、後に、ワシントンはアメリカ合衆国初代大統領となりました。
 
 まもなく、アメリカ合衆国の大統領が変わります。そんな話題になった時、この初代大統領ジョージ・ワシントンの子どもの頃のエピソードを思い出してほしいと思います。
 
 最後になりますが、3年生にとって、この3学期は中学校最後の学期になります。卒業に向けてやり残しや悔いが残らないようにしっかりとした生活をしてください。
 生徒の皆さん一人一人が伊達中学校で生活し、学んでいることを誇りに思い、感謝し、希望に満ちた3学期、そして一年になるようがんばっていきましょう。


第2学期終業式 校長式辞 あいさつ、努力を大切に!

画像1 画像1
※写真は本校華道部生徒の12月の生け花です。校長室に飾ってあります。
           
 長かった2学期も今日で終わりです。季節も夏、秋、冬と変わり、1年間で一番長い学期でした。大きな事故・けがもなく皆さんとともに、今日の日を迎えることができ、大変うれしく思います。
 私は、皆さんの学校生活で「あいさつ」が大切であると様々な場面で話をしてきました。全体としてよくなっているなあと感じる反面、もう少ししっかりとあいさつできたら素晴らしいのに、と正直感じる場面もありました。皆さんの中には、あいさつすることが恥ずかしい、声を出すことが恥ずかしい、と思っている人はいませんか。しかし、よく考えてください、皆さんくらいの歳になって、むしろ、あいさつができないことの方が恥ずかしいのです。あいさつは、はじめ自然にでてくるものではありません。あいさつしようと意識しなければ、声はでるものではありません。その意識を具体的に行動に移すことが大切です。そして、習慣化してしまえば、あいさつすることが当たり前になるのです。
 冬休みは、多くの行事があり、人と会う機会が多い期間でもあります。「いつでも」「どこでも」「だれにでも」あいさつができる伊達中生であり、あいさつの輪が伊達中に一層広がることを期待します。

 さて、今年の11月9日は何の日だったかわかりますか。
 千円札の肖像画の、あの野口英世の生誕140年目の日でした。つまり、11月9日は、野口英世の140回目の誕生日だったということになります。野口英世はどんな人だったかわかると思いますが?・・・。
 明治9年、福島県会津、猪苗代町に生まれ、2歳でいろりに落ち、左手に大やけどを負います。小学校では、そのことでいじめを受けたこと、しかし、それに屈せず勉強したことは、よく伝記に書かれています。その後、恩師小林栄先生をはじめ多くの皆さんの勧めと支えがあり、左手の手術を受け、後に医学を志し、上京することになります。その後、アメリカに渡り医学研究の実績が認められ、各国の医学研究所、病気の治療を求め世界中を駆け巡ります。ついには、アフリカの地で「黄熱病」の研究に没頭し、自らもその病気に感染し、51歳の若さでなくなりました。
 ハンディをバネに、逆境を乗り越え、歴史に名を刻んだ野口英世は、その時々に素晴らしい言葉も残しています。たくさんある中で、勉強に関わる言葉の一つを紹介します。
 『「努力だ。勉強だ。それが天才だ。だれよりも3倍、4倍、5倍勉強する者、それが天才だ」
 天才とは、見えないところで何倍も努力し勉強する人のことである、と言っているのです。ある医学研究者が大発見をし、みんなが天才と評することに対して、「天才なんてあるもんか!その人の裏には、たくさんの努力がある」と讃えた言葉だと言われています。』(福島民報より一部抜粋)
 つまり、皆さんも、その気持ちと意志さえあれば、「努力の天才」になれるということです。
 この機会に、会津、福島県の生んだ医聖、世界の野口英世の人生・言葉から、私たちの生き方に対するヒント、考え方を学びたいものだと思います。

 結びに、この2学期は、「桃花祭」などの学校行事や各種大会・コンクールでの皆さんの活躍は、1学期に引き続き本当にすばらしいものがあったと思います。
 3学期は一年間のまとめの学期と同時に、進学、進級の準備をする大事な学期です。また、新年を迎えるにあたり、「一年の計は元旦にあり」と言います。目標をしっかり立て、「感謝」と「希望」に満ちた、すばらしい年になるように願っています。では、第3学期始業式に元気に会いましょう。【校長】


吹奏楽部、迫力あるサウンド披露!

画像1 画像1
 12月11日(日)、午後1時30分より、保原市民センターに於いて、記念すべき「伊達市楽友協会第1回音楽祭」が開催されました。
 「邦楽」「合唱」「オカリナ」「フラダンス」「吹奏楽」などの各部門で活躍する伊達市内の音楽団体・サークルが一堂に会し、音楽祭を開催しました。
 本校吹奏楽部もアンサンブルで参加し、少人数ながら、迫力あるサウンドで素晴らしい演奏を披露しました。演奏曲は「GUTS!」「Happiness」です。
 音楽祭のフィナーレ、吹奏楽の伴奏による「伊達市歌」の全体合唱も感動的でした。

「男女交際を考える」 性教育講座(第2学年)

画像1 画像1
 平成28年12月7日(水)、6校時、多目的ホールにおいて、「男女交際を考える」というテーマで第2学年性教育講座が行われました。
 講師は、福島市内レディースクリニックの助産師の方にお願いしました。生徒には、新しい生命を生み出すことができる体になっていることを自覚し、思春期の不安や悩みを乗り越えて適切に対応するとともに、責任ある行動が求められていることを理解させることをねらいとしています。
 
 生徒の感想から(「学年、学級だより」より)
 
○思春期のちょうど中間点にいる私たちにとって。「自分」を「人」を大切にすることがどれだけ大切なことか、よくわかった。
○男女の関わり方や愛について大切なことを知ることができました。今回学んだことを生かし、今後生活していきたいと思います。未来のためにも自分を大切にしたいです。
○命について深く考える機会はなかったからためになった。人を好きになることは深いことだと思った。


豊かな表現、感動的な演奏! 県アンコン県北支部大会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 12月3日(土)・4日(日)の両日、福島市音楽堂において、「第44回福島県アンサンブルコンテスト県北支部大会」が開催されました。第1日目は「中学校の部」、第2日目は「小学校の部」「高等学校の部」「大学の部」「職場・一般の部」が行われました。
 本校からも、校内審査を経て選ばれた3チームが出場しました。3チームともそれぞれの演奏曲を豊かに表現し、感動ある演奏を行い、たくさんの拍手をいただきました。県大会出場を果たした2チームは、本校、県北地区の代表であることを忘れず、さらなる上位大会を目指して頑張ってほしいと思います。県大会は、平成29年1月21日(土)、いわき芸術文化交流館アリオスで開催されます。

 成績は、下記のとおりです。

 ○ 金管五重奏     金賞
 ○ 木管七重奏     金賞 (県大会出場)
 ○ クラリネット五重奏 金賞 (県大会出場)

 写真は、12月1日(木)全校集会で演奏を披露したときの写真です。

今月の一字 「謝」

画像1 画像1
 「謝」が表す意味の中に、「礼を述べる、お礼」という意味があります。「感謝」です。
 皆さんにとって、この平成28年、申(さる)年はどんな年でしたか。
 12月、この1年間を振り返り、様々な場面で自分を支え、励ましていただいた多くの皆さんに『ありがとう』の気持ちを伝えたいものです。【校長】

新人戦県大会 大活躍!!

 中体連新人戦支部大会、県北大会を勝ち抜いて、県大会に出場した種目の成績がまとまりました。いずれの団体、個人も上位入賞という素晴らしい成績でした。
 一層の高い目標を持って、この冬期間の練習を怠ることなく、来年の夏の大会に向けて準備してほしいと思います。
 成績は以下の通りです。

 ○ サッカー部        ベスト8
 
 ○ 女子ソフトテニス部 団体 ベスト8
             個人 ベスト16

 ○ 剣道部     男子個人 準優勝

 ※ 写真は、本校のシンボル「五本松」です。最近、剪定により姿良くなりました。 
画像1 画像1

「生命の誕生」 性教育講座(1学年)

画像1 画像1
 11月2日(水)、本校多目的ホールにおいて、1学年の「性教育講座」が開催されました。福島市内レディースクリニックの助産師さんを講師に、「生命の誕生」というテーマで行いました。
 「命の始まり」から「母親の胎内での赤ちゃんの成長」、そして「誕生」まで、ていねいに教えていただきました。生徒たちは、命の大切さを改めて考えることができたようです。
 今後、テーマを変え、2学年、3学年でも「性教育講座」を開催する予定です。
 
 写真は、赤ちゃんの胎内での成長の様子を、大きさ、重さをリアルに再現した人形を用い体感している場面です。

●生徒たちの感想から
〇今日教えてもらって、改めて命の大切さを知りました。親に感謝して、これからも、生きていることをあたりまえだと思わないで生きていきたいと思いました。ありがとうございました。
○助産師さんの仕事を初めて知りました。今の私がいるのはもちろん親のおかげでもありますが、助産師の人たちのおかげでもあることを知りました。感謝の気持ちでいっぱいです。助産師の仕事に少し興味がわいてきました。とても責任がある、やりがいがあるお仕事だなあと思いました。

 

今月の一字 「今」

画像1 画像1
 「今」は、「いま、現在」という意味そのままです。
 11月に入り、大きな行事も一段落しましたが、皆さん一人一人はやらなくてはならないいことがたくさんありますね。
例えば、3年生は受験勉強。
 「今日の仕事を明日にのばすな」という言葉があります。
『今日』というこの一日を大切にしたいものです。【校長】

命を守る意識を高める 防災教室開催

画像1 画像1 画像2 画像2
 10月28日(金)、6校時、本校体育館において、全校生対象に「防災教室」を開催しました。県の「水防災出前講座」の一環です。
 県、国の機関から4名の講師をお招きし、約1時間行われました。「火山」「地震」「土石流」「雨」「河川」の各災害について順序良く説明していただきました。
 災害では「自助」「共助」「公助」が大切であることを学びました。
 生徒一人ひとりが災害、防災・減災に関心を持ち、「命」を大切にし、「命」を守る意識を今後とも高めていきたいと考えています。

テーマは「連帯と自主」 伊達地区生徒会交歓会

画像1 画像1 画像2 画像2
 10月27日(木)、13時半より、霊山中学校体育館にて、「第31回伊達地区生徒会交歓会」が開催されました。
 伊達地区8中学校の旧・新生徒会役員が一堂に会し、テーマごとに熟議を行い、その成果を各校の生徒会活動に生かすというものです。
 各校10名前後集まりましたので、約100名近い生徒会役員同士の会議となりました。本校からも、12名の生徒会役員が出席しました。30回を超える歴史と伝統ある生徒会サミットです。
 熟議のテーマは「壮行会」「文化祭」「あいさつ」「ボランティア」「委員会活動」の5テーマでした。開会式の後、体育館に準備されたテーブルに分かれ活発に意見交換が行われました。閉会式では、代表グループの発表も行われました。
 
 写真は、開会式でのアトラクション「霊山中応援団演舞」(迫力満点でした)と熟議の様子です。

信じて届けた3−4の歌声! 地区中学校合唱祭

画像1 画像1
 10月26日(水)、午前、ふるさと会館MDDホールにおいて、「第14回伊達地区中学校合唱祭」が開催されました。
 この合唱祭は、伊達地区8校の文化祭、合唱コンクールで最優秀賞となり、学校の代表となった学級(3年生)が一堂に会し、開催されるものです。今年も、各学校の代表である学級の素晴らしい合唱、ハーモニーを聴くことができました。
 本校からは、3年4組が出演し、課題曲「旅立ちの日に」自由曲「信じる」を、歌詞に気持ちを込め、表情豊かに聴かせてくれました。この学級の合唱スローガンは、「一信不乱〜信じて届ける僕らの声〜」です。また、自由曲の歌詞の中の「信じることに理由はいらない」という言葉も印象に残りました。
 この経験を、これからの学校生活、残された中学校生活に生かしてほしいと思います。
 本当に素晴らしい合唱でした!!
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
伊達市立伊達中学校
〒960-0502
住所:福島県伊達市箱崎字沖110
TEL:024-583-3025
FAX:024-583-3115