最新更新日:2018/02/22
本日:count up2
昨日:34
総数:120639

脳トレで、頭もすっきり! 〜NO,57〜

 2月20日(水)、大田地区交流館に20名の学級生が集まり、大田婦人学級『脳トレ教室』が開催されました。
 あづま脳神経外科病院とほばらクリニックより4名の先生にお出で頂き iPadを使った計算ゲームやじゃんけんゲーム、タイム押しゲームなどに挑戦したり、資料を使って脳の役割や働きについて説明を受けたりと、充実した時間を過ごすことが出来ました。
 「私たち脳は、死ぬまで成長し続ける」、そんな言葉をお聞きし、安心して帰路につくことが出来ました。
画像1 画像1

「アカデミシャン」 好評開催中! 〜NO,56〜

画像1 画像1
 梁川中央交流館のホールを会場に開催されている『アカデミシャン』に202名の方々の力作、410点余りが展示されています。
 割りばしの壁飾り、吊るしびな、手編みセーター、切り絵、ちりめん細工などの作品が、所狭しと展示され、来場された方に感動や感銘を与えております。
 なお、最終日は、2月23日(金)の午前中までとなっておりますので、興味のある方は、是非、足を運んで頂きますよう宜しくお願いします。

平成29年度伊達市教職員研究論文・研究物入賞者表彰式 2月14日(水)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2月14日(水)午後3時より、伊達市役所梁川分庁舎大会議室において、平成29年度伊達市教職員研究論文・研究物入賞者表彰式を行いました。今年度は、共同研究22点、個人研究4点、合計26点の応募がありました。
 審査の結果、以下の4点が最優秀賞となりました。また、優秀賞に9点、優良賞に10点、特別賞に1点、奨励賞に2点が選ばれました。 

 <最優秀賞>
○ 大田小学校 共同研究(代表 校長:平子宗司) 
「道徳的問題場面に対して多面的・多角的な見方をしようとする児童の育成〜道徳における対話的な学習活動の充実を通して〜」
○ 保原小学校 共同研究(代表 校長:佐藤喜夫)
「人とかかわりながら課題を解決できる子どもの育成 〜『学び合い』を基盤とした「学び合い」の実践〜【第2期第3次】」
○ 松陽中学校 共同研究(代表 校長:佐藤政俊)
「生徒一人ひとりが自ら学び確かな学力を身につけるための指導はどうあればよいか 〜互いのよさをいかし学び合う学習活動の工夫を通して〜」
○ 梁川小学校 個人研究 教諭:川村国央
「社会的事象を自分事として捉えさせ社会参画の意識を芽生えさせる社会科学習指導の在り方 〜PDCA学習サイクルの活用を通して〜 第4年次」

 表彰式では、賞状伝達の後に、最優秀賞に選ばれた学校・個人の研究発表が行われました。

伊達市吹奏楽きらめき事業「第6回交流活動」 1月27日・28日(土・日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 1月27日(土)・28日(日)の2日間にわたって、伊達市吹奏楽きらめき事業「第6回交流活動」を実施しました。
 交流活動も今回が今年度最後とあって、寒い中ではありましたが、市内各中学校吹奏楽部の皆さんが積極的に参加しました。
 今回の交流活動は、伊達中学校で行いました。東京藝術大学の山本正治先生をはじめ、多くの学生さんにお出でいただき、パート毎に直接指導をしていただきました。
 よい音を出そう、よい演奏が出来るようになろうと、真剣に取り組む生徒たちの姿と、一生懸命指導していただく藝大の皆さんの熱意と技術のすごさに感心する機会となりました。

第2回伊達市学力向上推進担当者会議  2月1日(木)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 2月1日(木)午後3時より、伊達市役所梁川分庁舎大会議室において第2回伊達市学力向上推進担当者会議を開催しました。
 会議には、市校長会学力向上担当校長はじめ、各中学校区の代表校長、各校の学力向上担当者が参加しました。
 会議では、今年度の学力向上に関わるしめくくりの話合いが持たれました。今年度の学力テストの結果分析、各中学校区毎の実践報告、各中学校区毎の分科会など、市内各小・中学校とも全国学力学習状況調査において、年々、結果が向上してきている状況から、更なる向上を目指す積極的な話合いが持たれました。

伊達市吹奏楽きらめき事業「山本正治教授退任記念コンサート」 1月28日(日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 1月28日(日)午後2時から伊達市ふるさと会館MDDホールにおいて、伊達市吹奏楽きらめき事業に多大なご尽力をいただいた、東京藝術大学教授山本正治先生の退任を記念するコンサートを行いました。
 折しも先生にとっては、ザルツブルクから戻られた直後とあって、大変お疲れの所ではありましたが、記念コンサートをはじめ、第6回の交流活動や推進会議に積極的にご参加いただき、とてもありがたいと思います。
 コンサートでは、山本先生がクラリネットを担当される「ピアノと管楽のための五重奏曲 K.452」(モーツァルト作曲)を拝聴することが出来ました。会場一杯の皆さんとともに、交流活動に参加した多くの中学生が、素晴らしい生の演奏を聴く貴重な機会となりました。

伊達市吹奏楽きらめき事業「第3回推進会議」 1月27日(土)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 1月27日(土)午後2時から伊達中学校校長室において、伊達市吹奏楽きらめき事業第3回推進会議を開催しました。
 会議では、今年度の事業報告や次年度の事業計画(案)の検討とともに、5月27日(日)に開催予定の伊達ジュニアウィンドオーケストラ・東京藝術大学ウィンドオーケストラ「第7回合同演奏会」の内容について検討しました。併せて、各中学校の顧問の先生方より今年度の地域貢献活動の実施報告もありました。
 東京藝術大学教授の山本正治先生をはじめ、多くの関係者が会議に出席し、活発な議論が交わされました。今後とも、伊達市吹奏楽きらめき事業の発展に努めてまいります。

平成29年度「学校図書館の活性化実践事業」第2回全体会 1月25日(木)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 1月25日(木)午後1時30分より福島県立美術館講堂において平成29年度「学校図書館の活性化実践事業」第2回全体会が開催されました。
 伊達市では、今年度、県の事業推進地域として研究を進めてきました。その研究発表と第1回全体会に引き続き、堀川照代先生(青山学院女子短期大学)の講義が行われ、学校図書館のさらなる活性化につながる貴重な機会となりました。
 研究発表では、各中学校区配置の学校司書から、研究の一環で訪問した視察先の話や今年度実施した授業研究会の様子についての発表がありました。
 伊達市の研究成果・課題を県内の関係者の皆さんに聞いていただくとともに、堀川先生のご講義をお聞きすることができ、とてもすばらしい研修、発表の場となりました。

20cm超の積雪にも負けず! 〜NO,55〜

画像1 画像1
 25名の学級生が、20cmを超える積雪にも負けず、富野地区交流館に集まりました。
 1月24日(水)、講師として円福寺(保原町二井田)の住職 石井祐聖 様をお迎えし、「富野高齢者学級1月学習会」が開催されました。
 『心豊かに生きるため』というテーマの下、落語の「夢金」という噺を皮切りに、面白おかしく説法して頂きました。
 欲を押さえて生活するのではなく、自分の欲を上手にコントロールしながら生きること、それが心豊かに生きることに繋がるとの話に、一同納得していました。
 

生活に潤いを! 〜NO,54〜

 1月18日(木)、梁川中央交流館を会場に「梁川ときめきスクール」の学習会が行われ、15名の学級生が参加しました。
 今回は、梁川地区担当の高橋昌美生涯学習指導員が講師を務め、『割りばしで作る壁飾り』作りにチャレンジしました。
 なかなか効力の出ないボンドに悪戦苦闘しながらも、さすが主婦の皆さん、我慢強く取り組み作品を完成させることが出来ました。
 なお、この作品は、梁川中央交流館の1階ロビーで開催される生涯学習成果発表事業「アカデミシャン」(2月17日・土〜23日・金)の会場に展示される予定です。
画像1 画像1

充実した講座に大満足! 〜NO,53〜

 1月16日(火)、霊山中央交流館の第2スタジオに約70名の講座生が集まり、『霊山学』の第8回講座が盛大に行われました。
 第1部は、「高子民話語り部会」の5名の皆さんによる語り、第2部は語り部の大友靖子さんと千萩会(琴)&伊達三曲弥生会(尺八)の皆さんによる語りと演奏のコラボ発表といった豪華な二本立ての内容で行われました。
 高子民話語り部会の皆さんには、「高子のかやの木」や「高子の桃」など、5つの話を聞かせて頂き、大友靖子さんと千萩会&伊達三曲弥生会の皆さんには、「花さき山」の朗読に合わせた尺八と琴の演奏を披露して頂きました。
 
画像1 画像1

歴史ある梁川の寺院を学ぶ 〜NO,52〜

画像1 画像1
 本市人材バンクボランティアの八卷善兵衛先生を講師にお迎えし、「梁川あおぞら学級」の学習会が、梁川中央交流館を会場に開催されました。
 参加した23名の学級生は『梁川の寺院を知る』というテーマのもと、八卷先生の一言一言を聞き漏らすまいと、真剣に耳を傾けていました。
 世界三大宗教の一つである「仏教」と日本古来の「神道」の関係や小乗仏教、大乗仏教に関する説明の後、梁川町内にある臥龍山興国寺など、約20の寺院について資料を使いながらお話を頂きました。

新しい年「縁ある人たち」の期待を感じて (1月教育長の部屋)湯田健一

 新しい年を迎える。12月31日と1月1日、気持の面でなんと大きな違いが生じるものか、同じような時間の経過、同じ1日なのに新年を迎えると人の気持ちはなんと変わるものかと自分で不思議に思う。
 先輩からの年賀状に「あなたの活躍が嬉しい」とある。私の大きな失敗をカバーし、さらに温かく励ましてくれた先輩。また、教え子からの年賀状に「お蔭さまで、この3月、無事に定年退職を迎えます。先生の頑張りに励まされました…」私を忘れずに遠くの地で仕事に頑張り定年を迎える教え子たち。
 伊達市を遠く離れているのに、至らない私を心に留めてくれている人たちにありがたく感謝するばかりである。また縁ある人たちが自分を見てくれている、見られていると思うと姿勢を正さずにはいられない。
 年頭にあたり、ふりかえると仕事での失敗、辛かったことが脳裏に浮かぶ。そしてその都度、先輩諸兄に面倒を見ていただき、温かな言葉をいただいた。それら無くして、私は仕事を続けることは出来なかったと思う。先輩にはどれほどの恩義があるかしれない。それゆえ、今の仕事をするうえで、その先輩から受けた恩を現職の先生方、子どもたちに返さねばと思う。さらに応援してくれた先輩や慕ってくれる教え子が見ていると思うと気が引き締まり、全身全霊で良い仕事をせねばと思う。
「平成」もまもなく終わる。戌年は収穫の年また新たな旅立ちの準備の年と聞く。平成の時代の仕事の仕上げをし、新しい時代を迎えたい。
画像1 画像1

お正月が、もうそこまで 〜NO,51〜

画像1 画像1
 白根地区交流館に、32名の熱気が溢れました。
 12月21日(木)、講師として白根地区にお住いの齋藤初吉さんをお迎えし、しめ縄につける飾り作りが行われました。
 齋藤さんに説明を頂き、早速、作業開始。
 縄ないは、通常、わらを右に回しながらよっていくもの。しかし、しめ縄につける飾りの場合、左に回しながらよっていくというやり方のため、少々やり難くそうでしたが、そこはベテランの学級生たち、難なく太くて丈夫な縄をなっていました。
 白根地区に、一足早いお正月が訪れたようでした。
 
 

もういくつ寝るとお正月? 〜NO,50〜

画像1 画像1
 霊山地区交流館に、30名の笑顔が溢れました。
 12月19日(火)「季節の郷土食」というテーマの下、地元学『霊山学』の「餅つき体験学習」が、主に男性が餅つきを、女性がおせち作りを担当し、明るい雰囲気の中、行われました。 
 前日から水に浸しておいたもち米をふかし、それを臼に入れ、杵で米粒を潰してから餅つき開始。さすが経験者の集まり、あっという間に餅がつき上がり、その餅を女性たちがおせち作りと並行しながら手早く丸めたりくるみ餅やひきな餅、あんこ餅にしたりしました。
 完成後は、会食が行われ、出来立ての汁餅に舌鼓を打ちながらも、料理の大半を家で待つご主人や奥様のお土産として持ち帰りました。
画像2 画像2

『観ること』、それが大切! 〜NO,49〜

画像1 画像1
 「見ること、看ることではなく、『観ること』が、スケッチでは大切なことです」そんなアドバイスを頂きながら絵手紙の制作活動が進められました。
 12月13日(水)、本市の生涯学習人材バンクボランティアの阿部孝喜さんを講師にお迎えし、富野地区交流館を会場に『富野高齢者学級』が開催されました。
 考えながら指先を動かすことは、脳の活性化にもつながるということから始まった今回の「絵手紙の制作活動」に、17名の学級生が参加し、久し振りに行うスケッチや彩色に挑戦しました。
 イメージでスケッチするのではなく、よく観察して描くこと、葉書からはみだすように描くことなどのアドバイスを受けた後は、『観る』活動が増え、そして大胆な描写が見られるようになり、対象物の特徴をしっかり捉えた作品に仕上がりました。
画像2 画像2

語りに魅了されて 〜NO,48〜

画像1 画像1
 「平安時代、この梁川の地に弘法大師空海が訪れ、疫病で苦しんでいた人々を救って下さった」という話から始まった梁川おおぞら学級の教養学習が、12月12日(火)、梁川中央交流館を会場に開催されました。
 語り部として、本市の生涯学習人材バンクに登録されている菊池アヤ子さんをお迎えし、『昔ばなしを聞こう』というテーマのもと、「かさこ地蔵」「鐘つき鳥」などの昔話を聞かせて頂きました。
 参加した20名の学級生は、何度も聞いている筈の昔話ながら、菊池さんの「語りの世界」に引き込まれ、新鮮さと感動を味わいながら聞いいました。

わら草履の完成を目指して 〜NO,47〜

画像1 画像1
画像2 画像2
 12月7日(木)、菅野光雄さんと遠藤福男さんのお二人を講師にお迎えし、粟野地区交流館を会場に、粟野ことぶき学級の「第2回わら草履作り」の活動が行われました。
 9月14日に行われた第1回目の作業を受け、第2回目の今回は完成を目指し、参加された約20名の学級生が作業に集中しました。
 足を器用に使って編み込む学級生、器具を使って編み込む学級生と、それぞれに編み方は違いますが、学級生同士確認し合いながら、教え合いながら慎重に活動を進めました。
 なお、今回は、わらの他に布きれも編み込み、カラフルなわら草履の制作も行われました。

あなたの子育ては、何型? 〜NO,46〜

画像1 画像1
 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任教授 本多 環先生を講師にお迎えして実施してきた「家庭教育講座」も、第3回目を迎えた今回が最終回となりました。
 11月25日(土)、保原中央交流館を会場に31名の方々に参加して頂き、「第3回家庭教育講座」を開催しました。

 今回は、『子どもの肯定感を高めるためのPTAパート3』という演題の下、子育てについての講話とグループ協議が行われました。
 前半に本多先生より、子育ての鍵となる『自立』についてのお話があり「誰にも頼らずに生きていくことが『自立』ではなく、周囲から自分に必要な情報を選び出し、それを活かしていくこと」にその意味があるとのお話を頂き、参加された皆さんが納得されていました。
 後半は前半の話を受け、子育ての型として考えられる「支援型」を始めとする「厳格型」「迎合型」「放任型」「虐待型」の5つの型に分かれ、それぞれの長所や短所をグループ毎にまとめ発表し合った後、本多先生よりご指導を頂きました。
 講座終了後、閉講式が行われ、今年度の家庭教育講座の一切が終了しました。

傘をさした長蛇の列  (12月教育長の部屋)湯田健一

画像1 画像1
画像2 画像2
 11月23日 勤労感謝の日、東京藝大の定期演奏会に出かけました。あいにく、午前中、東京は雨でした。
 上野駅から東京藝大までは上野公園内を通って行きます。その公園内で傘をさした人の列と出会いました。列はずうっと続いています。列が途切れたと思うとまた別の列が続きます。さらにまた別な列にも出会いました。
 すごい人の数です。
 何事かと思ったら、“上野の森美術館”で「怖い絵」展、“国立西洋美術館”で「北斎とジャポニズム」展、“国立科学博物館”で「古代アンデス文明」展、“東京国立博物館”で「運慶」展が開催され、それぞれの館に長蛇の列なのです。

 この人達のことを考えました。
 自分の見たいものに時間とお金をかけ、雨の中にもかかわらず傘をさして並んでいる。その見たいものが美術品や芸術品であり、古代への思い…なのです。美しいものに感動したり、探究心を満足させたりし、幸せ感を感じる人達です。私は自分にはない豊かな心を持つ長蛇の列の人達に尊敬の念を持ちました。
 私は藝大の演奏会のみ考え、入館なぞ考えもしなかったのですが、私と一緒に演奏会に参加した何名かは、早めに上野に来て「運慶」展や「古代アンデス文明」展を見、その感激を持ちながら藝大に向かったそうです。

 東京藝大の定期演奏会もまた多くの人達で満席でした。伊達市の「きらめき事業」でお世話になっている山本正治先生が来春、藝大を退任するということで特別な演奏会のように感じました。曲は1曲目がグスタフ・ホルスト:吹奏楽のための第一組曲(12分)、2曲目はグスタフ・マーラー:交響曲第5番(75分)です。
 75分もの時間、一挙に演奏することを聞いて驚きました。
 演奏者、指揮者が75分も体力が続くのか、私は心配したのです。
 そして、私達は山本先生の指揮のもと、東京藝大ウィンドオーケストラの素晴らしいハーモニー、華麗で迫力ある演奏を本当に心から堪能しました。私の経験した演奏会の演奏で、今回は最高の演奏と感じました。演奏後の感動、感激に芸術の素晴らしさや力をあらためて教えてもらいました。
 ちなみにこの演奏会に、伊達市のY中生徒30数名が、保護者会の引率のもとバスをチャーターして来ていました。生の演奏の素晴らしさを体験したY中生徒も私達以上に豊かな心を育んだものと思います。
 忘れられない、心に残る1日となりました。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
伊達市教育委員会
〒960-0792
住所:福島県伊達市梁川町青葉町1
TEL:024-577-3250
FAX:024-577-7203