最新更新日:2017/01/23
本日:count up52
昨日:76
総数:98983

プランティングフラワー制作に挑戦!(NO.43)

画像1 画像1
 1月19日(木)24名の学習生を集め、梁川中央交流館を会場に「ときめきスクール」の学習会が開催されました。
 今回は、講師に橘内真里子様をお迎えし、色鮮やかなプランティングフラワーの制作に挑戦しました。
 先生の説明を頷きながら聞くものの、実際に作業に入ると、あちらこちらから先生を呼ぶ声が上がり、大忙しの状況でした。
 学級生の全員が、満足する作品に仕上げようとするあまり、予定より時間がかかってしまい、来月の9日に再度挑戦することになりました。
 

画像2 画像2

『雨ニモマケズ』を読み解いて

画像1 画像1
 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモ・・・」、円福寺住職 石井 祐聖様の『雨ニモマケズ』の朗読で始まった保原市民大学・ナイスミセス学級合同学習会は、55名の講座生を集め、1月17日(火) 保原中央交流館を会場に開催されました。
 『元気のでることば』という演題のもと、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を取り上げながら、仏教が考える4つの苦しみである「生・老・病・死」から解放されるための考え方や生き方について、資料を基に分かり易くお話を頂きました。 

『だてブックフェスタ』 開催!!

画像1 画像1
          〜伊達市立図書館の図書スペース〜 

 伊達市民の皆さんの更なる読書意欲の向上を図るために、『だてブックフェスタ』(本の交換会)を2月18日(土)、10:00から12:00にかけて市立図書館を会場に開催します。
 当日は、本の交換会ばかりでなく、オカリナの演奏会や映画鑑賞会(マサムネ伊達に来る)、読み聞かせ会、折り紙教室等の楽しいイベントも同時に実施する予定です。
 また、図書館には、広い図書スペースの他に、興味を引く施設や設備などが一杯あります。来館の折に、図書館内を探検してみてはいかがでしょうか!
 なお、交換できる冊数は、お一人5冊(雑誌、週刊誌、マンガは除く)までとさせて頂きますので、よろしくお願いします。

第14回伊達市教職員研修講座「教職員メンタルヘルス研修」 11月7日(月)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 11月7日(月)午後3時より、伊達市役所梁川分庁舎大会議室において、第14回伊達市教職員研修講座「教職員メンタルヘルス研修」を行いました。
 講師には、マインドヘルスパーソナリティセンター代表の矢吹孝志先生をお迎えしました。
 今回の研修会は、「レジリエンス『折れない心』を育む『解釈』の仕方」というタイトルでメンタルヘルスに関するお話をしていただきました。
 講演では、レジリエンスとストレスの関係、悩みを克服する「解釈」法とは、「悩む人間」の心の奥に何があるのか、「折れない心」を育む力をつける6つのキーワード、逆境体験から「意味」を学ぶ、「折れない心」を育み自己ストレスをコントロールする方法等について、とても分かりやすいお話をお聞きすることができました。

感動なき民族は滅ぶ    (12月教育長の部屋から)

「楽しい時間をすごせるねぇ」「伊達市にもいろんなジャンルの音楽活動があるんだね。驚くほどだよ」
 過日(12月11日)伊達市楽友協会第1回音楽祭での休憩時間等での会話、感想です。出演者と内容を紹介しますと1梁川町三曲研究会(筝、三味線、尺八の演奏)、2桃陵中学校合唱部(1.2年生12名が心を込めて歌いました)、3みんなで歌おうスマイル(保原市民学校・いきいき音楽講座から発展、曲目「かたつむりや手紙」等)、4混成合唱団ひろせ(創立30周年の梁川町本拠地の合唱団、曲目「聖夜やモルダウ等」)、5オカリナアンサンブル(結成5年、各コンサートや老人ホームの慰問演奏、曲目「さとうきび畑や高原列車は行く等」)、6ハーラウ・メリア・マーリエによるフラダンス、こどもたちの出演そしてハワイ王を称える優雅なフラ、7伊達中学校吹奏楽部、常に県大会出場の演奏は見事、8最後の演奏者のニューファンタスティックジャズオーケストラと梁川交響吹奏楽団の合同演奏は一段と迫力があり、来場者全員が大いに楽しみました。
 楽友協会の皆さんが伊達市合併10周年を記念し、市民、皆で歌える歌があったらいいねなどというお話がどんどん盛り上がり、「伊達市歌」が誕生しました。楽友協会の皆さんには本当にお世話になりました。あらためて感謝申し上げます。
「感動なき民族は滅ぶ」という言葉があります。日本は万葉集や古今集、雅楽や歌舞伎、浮世絵など感情豊かな文化、芸術を生み出した民族として世界で高い評価を受けています。元フランス大使のポール・クローデルは第二次世界大戦で敗色濃厚な日本を「私にはどうしても滅びてほしくない一つの民族があります。それは日本人です。」とまで言ってくれています。
「伊達市歌」のCDも全戸配布されます。「伊達市歌」を大切に機会あるごと歌っていきたいと思います。音楽を大切にするとともに音楽活動を盛んにし、市民の豊かな感性、豊かな心を育み、伊達市を住みやすい故郷につくっていきたいものです。

画像1 画像1

美味しい、美味しいデザート作りに挑戦!

画像1 画像1
 新年まで10日余りとなった12月20日(火) 24名の講座生を集め、保原中央交流館の調理室を会場に、保原市民大学の『健康料理教室』が開催されました。
 今回は、株式会社明治の食育担当の方を講師にお迎えし、ヨーグルトとトマトのジュレを使ったデザートを作る料理教室が行われました。
 女性ばかりでなく、男性も積極的に加わり、和気あいあいとした雰囲気の中、実習が進みました。
 試食タイムは、全員が笑顔一杯で、その味を楽しみました。

7品の正月料理に挑戦!

画像1 画像1
 笑顔の絶えない楽しい学習会になりました。
 去る12月14日(水)、梁川中央交流館に25名の学習生を集め、「ときめきスクール」の学習会が行われました。
 今回は、走る料理人と言われている田川順一先生を講師にお迎えし、7品のお正月料理作りに挑戦しました。
 ベテラン主婦である学習生たちは、プロの田川先生の手際のよさにも負けない手つきで、手際よく作業を進めていました。
 「海老しんじょう」「かぶら蒸し」「レンコンはさみ揚げ」「サーターアンダーギー」「人参しりしり」などの料理が次々と完成し、美味しそうな匂いが、調理室中に広がりました。
画像2 画像2

トップを切って〜掛田高齢者講座 閉講式〜

画像1 画像1
 去る12月6日(火)、霊山中央交流館の第2スタジオに17名の講座生を集め、掛田高齢者講座の「第5回学習会」並びに「閉講式」が実施されました。
 今回が、最後となった学習会では、講師として福島県川柳連盟会長の三浦哲夫先生をお迎えし、川柳の基本について学ぶ内容で学習会が進められました。
 三浦先生のユーモアを交えたお話に、講座生の表情も柔らかくなり、予定されていた時間も、あっという間に過ぎてしまいました。
 学習会終了後、市内のトップを切って閉講式が実施されました。
 式においては、今年度の活動の反省や「皆勤賞」「精勤賞」の授与などが行われ、充実した掛田高齢者講座の全てが、終了しました。

一閑張の菓子器制作にトライ!

画像1 画像1
画像2 画像2
 去る11月21日(月)20名の講座生を集め、『キラリ輝く 霊山女性講座 』の第4回学習会が、霊山中央交流館を会場に開催されました。
 今回も、前回の11月8日の講座に引き続き、講師に工業デザイナーの湯川 恵子様をお迎えし、一閑張の菓子器制作に挑戦しました。
 前回は、型となる籠に和紙を貼り付ける活動を行い、今回は、その籠に柿渋を塗り乾燥させ、完成させる活動を行いました。
 時間の経過とともに柿渋の色が濃くなり、味わいのあるステキな菓子器が完成しました。

星の村天文台での体験学習〜少年教育〜

画像1 画像1
画像2 画像2
 
 本市では、少年教育の一環として、小学生を対象に、土曜日を有意義に過ごすための場と機会を提供した『いきいき土曜日体験活動』の事業を年間10回の開催予定で、実施しております。
 去る11月19日(土)、滝根町の「星の村天文台」を会場に、講師として副台長の大野智裕さんをお迎えし、市内の6校から集まった13名の子ども達が、天体望遠鏡の使い方や天文台に設置してある口径65cmの反射望遠鏡の見学、プラネタリウム体験など、充実した活動を行うことができました。
 自分で組み立てた天体望遠鏡を使って遠景を見たり、隕石に触れさせて頂いたり、プラネタリウムの装置を操作させて頂いたりと、貴重な体験をすることができました。

折り紙教室〜クリスマスに向けて〜

画像1 画像1
 11月9日(水)、堰本地区交流館に17名の参加者を集め、堰本高齢者学級『折り紙教室』が開催されました。
 講師として、本市の人材バンクボランティアの大沼ミヨさんをお招きしサンタクロースとクリスマスツリーの折り紙作りに挑戦しました。
 簡単そうに見える形も、実は微妙な変化をつける折方に、お爺ちゃん達もお婆ちゃん達も、四苦八苦。しかし、大沼さんのアドバイスを受け、孫やひ孫のかわいい姿を思い浮かべながら、一生懸命取り組み、完成させました。
 この作品は、後日開催される堰本文化祭の折に、展示される予定になっています。

ロボットアームに感激!

画像1 画像1
 11月8日(火)、一昨年の11月に保原町東野崎に完成した王子コンテナー福島工場(段ボールシート・ケースの製造と販売)の見学を目的とした『第7回 保原市民大学』が行われました。
 2階のホールで説明を受けた後、早速、39,000平方メートルの広大な工場内の見学開始!
 2階の高さに設置された見学通路から見えるロボットアームの正確で、しかも勢いよく稼動する様子や巨大な段ボールのロールが無人台車に乗せられ、目的箇所にスムースに運搬される様子に、参加した26名の講座生も驚いていました。
 なお、工場内の写真撮影は禁止されておりましたので、工場の様子を紹介できないことをご了承ください。
 

食事でコミュニケーション能力を!

画像1 画像1
 体の芯まで冷えてしまうような寒さを感じる11月8日(火)、保原中央交流館に18名の講座生を集め、「第4回家庭教育講座」を開催しました。
 前半は、保原給食センター勤務の栄養教諭 佐藤 香代子先生を講師にお迎えし、『食生活と親子のコミュニケーションの大切さ』という演題で、お話を頂きました。
 後半は、福島大学うつくしまふくしま未来センター特任教授 本多 環先生より、『食』の意義についてお話を頂きました。
 今回は、講座生で仮想の家族を作り、本多先生が準備して下さったおやつを食べるという楽しい演習を通して、家族団らんの食事の場が、「コミュニケーション能力」や「思考力」を育てる場になっていることを気付かせて頂きました。
 おやつを口に入れた瞬間、多くの講座生の顔から笑顔が溢れ、個食では味わうことのできない、複数で食べることの良さや素晴らしさも感じ取ることのできた研修となりました。
画像2 画像2

第13回伊達市教職員研修講座「保幼こ小連携研修」 11月1日(火)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 11月1日(火)午後3時より、伊達市役所梁川分庁舎大会議室において、第13回伊達市教職員研修講座「保幼こ小連携研修」を行いました。
 講師には、郡山市立安積第二小学校校長齋藤和代先生をお迎えしました。
 今回の研修会は、「育ちと学びの連続性〜滑らかな坂道に向けて〜」というタイトルで「保幼こ小連携」についてのお話をしていただきました。
 小学校に入学してくる子ども達が、どんなことからつまずくのか、そして、その後にどう影響するのかをスタートに、学校教育と幼児教育の違い、幼児教育の重要性、連携の具体例、次期幼稚園教育要領についてなど、とても詳しく分かりやすいお話をお聞きすることができました。

「TFC55、コンサート」とそのきっかけ     (10月教育長の部屋から)

 先日(10月16日)、伊達市ふるさと会館で、伊達市合併10周年を記念し雅楽の東儀秀樹さん、バイオリニストの古澤巌さん、アコーディオンのcobaさんの3人のコンサートが開催されました。それぞれの音楽家の名前の頭文字をとり「TFC55」のタイトルで全国ツアーの一貫でおいでいただきました。
 その「TFC55」コンサートへの来場者は私を含め皆が、その音色、ハーモニーに魅了され、またその演奏が醸し出すエネルギーに圧倒されました。特に東儀さんの篳篥(ひちりき)や笙の演奏は、今までの雅楽のイメージを一変させるものでした。リズミカルな演奏、アップテンポな演奏はとても雅楽の楽器とは思えませんでした。
 東儀さんのトークから、平安時代の貴族はこれらの楽器を演奏するのは教養として当然のことであり誰もが演奏できたこと、またひちりきや笙がヨーロッパに渡り、様々な楽器のルーツとなっていることなどを伺い、雅楽が世界の楽器、音楽に及ぼした影響の大きさに感動しました。平安の昔から日本人が親しみ楽しんできた雅楽が世界に誇れるものと知り、嬉しく思いました。とにかく夢のような素晴らしいコンサートでした。
 この演奏会はバイオリニストの古澤巌さんの伊達市への温かな思いから実現したものです。平成23年の東日本大震災以来、古澤さんは被災地の子ども達を励まそうとしばしば福島県、特に伊達市中心においでいただきました。そのきっかけは古澤さんの楽屋で仕事をしていた伊達市出身の方と偶然に話をしたことにあると伺っています。この演奏会もその人達が中心の実行委員会の皆様のご尽力によるものです。人との温かなかかわりの大切さを深く感じてのコンサートです。3人の演奏家はじめコンサート開催にかかわっている多くの方々に深く感謝するものです。

美味しいピザが焼けました!

画像1 画像1
 去る11月1日(火)、市立図書館に併設されている伊達保健センターの調理室を会場に19名の学習生を集め、さわやかレディースだての「第6回 学習会」が開催されました。
 今回は、同じ学習生の仲間である進藤靖子さんを講師に、「ピザ作り」の調理実習が行われました。
 生地作りの説明を受けた後、学習生たちは4つの班に分かれ、強力粉と薄力粉にぬるま湯を注ぎ、生地作りに挑戦しました。べとべとしてなかなか丸くならない生地に悪戦苦闘する姿が、笑いを誘っていました。
 オーブンで焼き上げた後、パリパリ感に満足しながら、美味しく食べることができました。

三味の音に魅了されて

 去る10月19日(水)、約30名の講座生を集め、月舘中央交流館を会場に、「フラワーポット」と「チャレンジ大楽」の合同音楽鑑賞教室が実施されました。
 前半は、津軽三味線澤田流講師の高田 徳子さんとそのお弟子さん4名による演奏会、後半は、三味線の体験という内容で行われました。
 5人の奏者の息の合った見事な演奏のもと、「斎太郎節」「花笠音頭」「津軽じょんがら節」などの曲を聞かせて頂いた後、ばちを使って音を出す体験にチャレンジしました。
 簡単そうに見えても、なかなか思うような音が出ない三味線に、苦笑いを浮かべる講座生も見られました。
画像1 画像1
画像2 画像2

技が光った『ボランティア発表会』

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 10月15日(土)保原体育館を会場に、100名を越える来場者を集め、本市の人材バンクに登録されているボランティアの方々による『ボランティア発表会』を開催しました。
 この会は、ボランティア同士の相互理解と市民の方々にボランティア活動を理解して頂くことをねらいとして実施しました。
 尺八、紙芝居、スポーツ民踊、木工クラフト、昔話、まゆ工芸、スポーツ吹き矢、似顔絵、太極拳、手作りおもちゃと、それぞれの発表ブースでボランティアの方々が、技や技能を遺憾なく発揮され、訪れた市民の心と目を釘付けにしていました。
 会終了後、会場の後片付けや清掃を率先して行うボランティアの方々の姿に、ボランティアの精神、心を見せて頂きました。





 

『生涯学習だより』も、ご覧下さい!!

画像1 画像1
 本市における高齢者及び婦人学級、各種講座やセミナーなどの活動状況を紹介する社会教育のホームページも、『第28号』を迎えるに至りました。日頃より、ご覧頂いていることに心より感謝致します。今後とも、本市の社会教育の情報を発信してまいりますので、よろしくお願い致します。
 併せて『生涯学習だより』もご覧頂きますようご案内申し上げます。なお、『生涯学習だより』は、本ページの右下に表示してありますので、よろしくお願い致します。

親は、子どもにどう関わればよいのか?

画像1 画像1
 台風18号の影響が心配された10月5日(水)、25名の参加者を集め、広い保原市民センターを会場に『第3回 家庭教育講座』を開催しました。
 今回は、保原町青少年育成推進協議会の各ブロック長の方々も、研修の一環として参加されました。
 「達成感を味わいたいため」「仲間はずれにならないため」「いじめを受けないため」等といった背景からゲームの世界に入り込み、ゲームに没頭してしまう子ども達に、親としてどのように関わればよいのか。そのヒントや答えを求めようと、参加者は真剣な態度で参加されました。
 前半は、「ネットゲーム、スマホ等に関わる問題と保護者の関わり方」について、白根小学校の三浦 孝一校長先生よりご講話を頂き、その後、グループに分かれて情報交換が行われました。
 後半は、今講座のまとめとして福島大学うつくしまふくしま未来センタ
ー特任教授 本多 環先生よりお話を頂くとともに、的確なご指導、アドバイスを頂きました。

画像2 画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
伊達市教育委員会
〒960-0792
住所:福島県伊達市梁川町青葉町1
TEL:024-577-3250
FAX:024-577-7203