最新更新日:2016/06/20
本日:count up18
昨日:74
総数:87162

「伊達市歌」誕生   (6月教育長の部屋から)

 今年、平成28年は伊達市合併10周年の年であり、東日本大震災から5年が経過する年です。過日6月5日(日)に合併10周年の式典が開催され、国会議員の先生方、姉妹都市関係の市長様方、近隣の市町村長様方はじめ多くのご来賓を前に、「市民憲章」や「伊達市歌」の発表があり、式は華やかに行われました。
 「伊達市歌」は作詩、和合亮一先生、作曲、洗足学園音楽大学教授の伊藤康英先生です。和合先生は大震災被災時は保原高校にお勤めで、当時、お子さんも小学生で子どもの放射線被害を深刻に受け止め、大変に悩んだそうです。それゆえ伊達市はじめ福島県民の悩み、苦しみを内に秘めた和合先生の詩に私たちは深く共感できます。
 伊藤先生は、奥様が伊達市霊山町のご出身です。その奥様が震災後の伊達市の惨状に心を痛め、なんとか故郷、伊達市の力になりたいと願っていたことから、伊藤先生が精魂を込めて作られた曲と伺っております。「伊達市歌」は伊達を温かく歌いあげ、故郷の空を、雲を、谷を、鳥を、風を、町を、川を、山の一つ一つを思い起こし、伊達の明日に向かう市民への応援歌です。
 「伊達市歌」の誕生経過はオーストリアのヨハン・シュトラウス作曲の「美しき青きドナウ」と重なるように感じております。ドイツとの戦いに敗れ、自信を喪失しているオーストリア国民を励まそうとシュトラウスが作曲し、今や、「美しき青きドナウ」は世界の名曲です。私は「伊達市歌」も近い将来、日本の名曲になるものと信じております。
 「伊達市の歌」が欲しいと願い、叶えた“伊達市楽友協会”の皆様方に敬意と感謝を申し上げますとともに、市民の方々とともに「伊達市歌」を大切に育て、日本、世界に広めていきたいものと思います。

画像1 画像1

第6回伊達市教職員研修講座「放射線教育研修」 6月14日(火)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 6月14日(火)午後2時5分より伊達市立梁川小学校において、第6回伊達市教職員研修講座「放射線教育研修」を行いました。
 今回の講座では、はじめに梁川小学校6年生の授業参観を実施しました。その後、参観した授業をもとに市内各小中学校の先生方で事後研究会を持ちました。
 参観授業は、学級活動(2)「放射線から身を守るためにできること」をTT(担任と理科専科教員)で進める学習でした。電子黒板や模式図、教師の適切な演示など具体的な手立てが準備され、「時間」「距離」「遮蔽」「除去」の4つのキーワードで一番大切なものはどれかに絞った話し合いは、とても活発な学習を生む、すばらしい授業でした。
 事後の話し合いでは、手立ての有効性や「復興」「情報発信」の授業での扱い方、扱う教科等での放射線教育の違い等について活発な話し合いが行われました。

響け、歌声!

画像1 画像1
 さすが90名に近い歌声は迫力十分、伊達市ふるさと会館(МDDホール)に、元気な歌声が響き渡りました。
 去る6月9日(木)、講師に合唱指導者の伊澤幸子先生をお迎えし、伊達町のいきいきふれあい学級の第2回学習会『元気に歌おう!!』が、開催されました。
 「茶つみ」「バラが咲いた」「夏の思い出」など、夏をイメージさせる歌を中心に、伊澤先生の伴奏とリードのもと、楽しく元気な歌声が館内に響き渡りました。

幸せな旦那さん達!

画像1 画像1
 堰本婦人セミナーの皆さんのチームワークの良さが光る活動となりました。
 6月3日(木)堰本地区交流館を会場に、美味しいお昼を作る活動が、約25名のセミナー生を集め開催されました。
 あちらこちらから笑い声が沸き起こる楽しい雰囲気の中、チームワークよく、草だんご、野菜の天ぷら、豆ご飯、ボリューム一杯の春巻きなどの料理が、手際よく作られました。
 もちろん美味しさは折り紙つき、その美味しい料理を家で待つ旦那さんのために持ち帰るセミナー生も、沢山見られました。旦那さん達も、さぞかし舌鼓を打ったことでしょう!
画像2 画像2

芥川龍之介ワールドに浸った30名

画像1 画像1
 6月3日(金)、本市の教育委員長(福島大学名誉教授)高野 保夫 先生を講師にお迎えし、第2回学習会『文学講座』が、霊山中央交流館で開催されました。
 近代文学史や芥川龍之介の世界、「杜子春」の解説などについて資料を基に、分かり易く説明して頂きました。
 参加した30名の講座生は、一言一句聞き漏らすまいと、懸命に耳を傾けていました。
画像2 画像2

第5回伊達市教職員研修講座「陸上競技指導法研修」 5月31日(火)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月31日(火)午後2時より伊達市立保原小学校体育館において、第5回伊達市教職員研修講座を行いました。
 今回の講座は、陸上競技指導法に関する研修会でした。講師には、福島大学人間発達文化学類川本研究室の二瓶秀子先生をお迎えしました。
 講師の二瓶先生は、女子100m走、同200m走の元日本記録保持者です。
 約2時間の研修を通して、短距離走の基本について、実技研修を行いました。スタートの構え、手の振り、足の引き上げ、スターティングブロックの使い方、バトンの受け渡し方等、とても分かりやすく、ためになる研修会でした。

『おとであそぼう』 〜子育てひろば〜

画像1 画像1
 伊達中央交流館の多目的ホールに、0歳児から3歳児までの元気でかわいい笑顔が、あふれました。
 6月2日(木)40名の親子が集まり、音遊びを通して音感を高めたりリズム感を高めたりする運動が行われました。
 講師の福島音楽療法研究会「LARGO」の代表 近藤 美智子さんの指導の下、音に合わせて楽しく動き回る我が子の姿に、お母さん方の顔にも笑顔があふれていました。

伊達市きらめき事業「第5回合同演奏会」<その2>  5月29日(日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 伊達市きらめき事業「第5回合同演奏会」の後半、第3ステージは、東京藝大ウィンドオーケストラの演奏でした。
 第1曲目は、「スターウォーズ コンサートセレクション」。2曲目は、「アーデンの森のロザリンド」。3曲目は、「カーペンターズ フォーエバー」を演奏しました。迫力の1曲目、深い森の神秘さを感じる2曲目、大人の皆さんには懐かしい軽快なメロディーの3曲目。どの曲も、本当にすばらしい演奏でした。
 第4ステージは、藝大の皆さんと中学生が一緒に演奏する合同演奏ステージでした。
 参加中学生にとって、となりで藝大の先生や学生さんが演奏し、その音を聴き、一緒に呼吸を合わせて演奏できる機会は、かけがえのないものです。また、賛助出演の伊達市楽友協会の皆さんが演奏に加わりました。さらに今年は、きらめき事業の卒業生もかけつけ参加しました。
 演奏曲目は、「キボウノカゼ」「花は咲く」の2曲でした。
 演奏会の終わりには、山本正治先生指揮で「ふるさと」の全員合唱奏を行い、会は盛会裏に終了となりました。

伊達市きらめき事業「第5回合同演奏会」<その1>  5月29日(日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月29日(日)午後1時より伊達市保原体育館において、伊達市きらめき事業「第5回合同演奏会」を行いました。
 演奏会は、開会式の後、4部構成で行いました。
 第1ステージは、友情出演団体として、伊達小学校吹奏楽部、保原高等学校吹奏楽部、梁川交響吹奏楽団の3つの吹奏楽部の演奏でした。
 第2ステージは、伊達ジュニアウィンドオーケストラ(伊達市内6中学校吹奏楽部員で編成)の演奏でした。
 ともに、すばらしい演奏でしたし、1年1年各団体と伊達ジュニアウィンドオーケストラは、その演奏技術を伸ばしてきていることが分かる演奏でした。

『人生は楽しく、趣味に生きる』

画像1 画像1
 今年度より月舘の女性講座「フラワーポット」と高齢者講座「チャレンジ大楽」が、合同で活動することになり、5月25日(水)に開講式と第1回学習会が開催されました。
 会場となった月舘中央交流館に12名の学習生が集まり、開講式の後、『人生は楽しく、趣味に生きる』という演題の下、元中学校長の田中 薫先生による講演が行われました。
 資料を基に、禅僧良寛や小林一茶の生き方などをお話し頂いたり、田中先生の詩吟を聴かせて頂いたりと、充実した時間を過ごすことができました。

伊達市きらめき事業「ミニコンサート」  5月28日(土)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月28日(土)午後3時30分より保原市民センターにおいて、伊達市きらめき事業「第5回合同演奏会」の前日行事として東京藝術大学教員・学生による「ミニコンサート」を行いました。
 演奏は、打楽器二重奏、木管五重奏、サクソフォーン四重奏、金管五重奏の順で行われ、演奏されたアンサンブル曲は、それぞれの編成楽器の特徴と良さをいかんなく発揮したすばらしい演奏でした。さすが、藝大の先生・生徒さんによる演奏でした。
 会場いっぱいにお出でいただいた市民の皆様から、「すばらしい演奏に感動した」との感想を多数いただきました。ありがとうございました。

伊達市きらめき事業第5回合同演奏会 <ご案内>

画像1 画像1
 5月29日(日)午後1時から伊達市保原体育館において、平成28年度伊達市きらめき事業第5回合同演奏会を行います。また、前日には「ミニコンサート」も実施します。
 5年目を迎えた本演奏会ですが、今年度も東京藝大ウィンドオーケストラとともに伊達市内中学校吹奏楽部の生徒によって編成された伊達ジュニアウィンドオーケストラの演奏はじめ、友情出演団体の伊達小学校吹奏楽部、保原高等学校吹奏楽部、梁川交響吹奏楽団の演奏が予定されています。多くの市民の皆様に会場にお越しいただき、演奏をお聴きいただければありがたいところです。詳しくは、以下のようになります。よろしくお願いします。

【5月29日(日)】
 ◇ 第5回合同演奏会 13:00〜16:10
 ◇ 会場:伊達市保原体育館(開場12:30)
 ◇ 入場無料
 ◇ 出演団体:東京藝大ウィンドオーケストラ
        伊達ジュニアウィンドオーケストラ(伊達中学校吹奏楽
        部、梁川中学校吹奏楽部、松陽中学校吹奏楽部、桃陵中
        学校吹奏楽部、霊山中学校吹奏楽部、月舘中学校吹奏楽
        部の生徒によって編成)
        <友情出演>伊達小学校吹奏楽部、保原高等学校吹奏楽
              部、梁川交響吹奏楽団
        <賛助出演>伊達市楽友協会
 ◇ 演奏内容:第1ステージ「友情出演団体ステージ」
        第2ステージ「伊達ジュニアウィンドオーケストラス
               テージ」
        第3ステージ「東京藝大ウィンドオーケストラステー
               ジ」
        第4ステージ「合同演奏ステージ」
【5月28日(土)】
 ◇ ミニコンサート 15:30〜16:30
 ◇ 会場:保原市民センター(開場15:00)
 ◇ 入場無料
 ◇ 演奏内容:東京藝大ウィンドオーケストラ団員によるアンサンブ
        ル曲の演奏等


ようこそ 子育てひろばへ

画像1 画像1
画像2 画像2
 0歳児から3歳児までの幼児と保護者を対象にした『子育てひろば』が5月19日(木)伊達中央交流館の多目的ホールを会場に、親子合わせて30名の参加者を集め開催されました。
 安心・安全な場所で子どもたちがのびのびと遊ぶ中、保護者は、講師の子育ての話に耳を傾けたり、互いに情報交換を行ったりと、子育てに生かすことのできる場として有効に活用していました。
 

ピンチヒッターに、感激!

画像1 画像1
 5月16日(月)『石田YOU悠塾』(霊山町石戸地区)の移動学習が18名の参加者を集め、行われました。
 今回の学習会は、須賀川牡丹園、大桑原つつじ園、福島空港と、咲き誇る「牡丹」や「つつじ」を心行くまで鑑賞する予定でした。
 しかし、例年より暖かいことが災いしてか、既に見頃は終わりを告げていました。代わって「しゃくやく」や「しゃくなげ」が、今が盛りと咲き誇り、牡丹やつつじに代わって参加者の目を愉しませてくれました。
画像2 画像2

第2回伊達地区学校教育研究員研修会  5月17日(火)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月17日(火)午後3時より伊達市役所梁川分庁舎3階大会議室において、第2回伊達地区学校教育研究員研修会を行いました。
 今回の会議では、5月末から始まる学校訪問の予定や研究員組織、今年度の研究テーマと今後の研究の進め方などについて話し合いました。
 次回開催は、6月28日(火)となります。「個人研究テーマ」の発表を行う予定です。

第1回伊達市学力向上推進担当者会議 5月9日(月)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月9日(月)午後3時より伊達市役所梁川分庁舎3階大会議室(204室)において、第1回伊達市学力向上推進担当者会議を行いました。
 4月21日に実施した「第1回伊達市学力向上推進会議」において決定した今年度の事業計画をもとに、各小中学校の学力向上推進担当者によって、より具体的な話し合いを行いました。
 特に、会議後半、各中学校区ごとに分かれて話し合いを持ち、各校における取組や共通実践事項等の検討を行いました。

第4回伊達市教職員研修講座「生徒指導研修1」 5月12日(木)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月12日(木)午後2時より伊達市役所梁川分庁舎3階大会議室(204室)において、第4回伊達市教職員研修講座を行いました。
 今回の講座は、生徒指導に関する研修会でした。特に、今回は伊達市小中学校で実施し、活用している「Q−Uテストの活用法」についての研修を行いました。
 講師には、福島県教育センター指導主事の猪俣雄介先生をお迎えしました。2時間の研修時間があっという間に過ぎるほど、Q−U分析方法や活用方法を分かりやすく、しかも丁寧にご指導いただきました。今後各校の結果分析に大いに生きる研修となりました。

フラワーポットの中の春

画像1 画像1
 色とりどりの春の花が、美しさを競い合うかのように植栽されました。
 5月10日(火)伊達中央交流館のテラスを会場に、「さわやかレディ
ースだて」の第1回学習会が開催されました。
 今回、郡山で花の教室ナチュラルを主宰されている山中厚子先生を講師としてお迎えし、フラワーポットに5種類の花(ラベンダー、イソトマ、ペチュニアなど)を植栽する作業を行いました。
 作業は、終始和やかな雰囲気の中、和気あいあいと進められました。
画像2 画像2

響け、歌声!

画像1 画像1
 「さくら さくら」「春の小川」「花」・・・、保原中央交流館の音楽室に、爽やかな歌声が響き渡りました。
 去る5月10日(火)、合唱指導で有名な伊澤幸子先生を講師にお迎えし、約30名の講座生を集め、保原市民大学の第1回講座(歌声教室)が開催されました。
 先ずはしっかり声が出せるよう、伊澤先生の指導の下、軽い準備運動を行ってから歌唱開始!その甲斐あってか、春を感じさせるような爽やかな歌声が、響き渡りました。
画像2 画像2

早くも移動学習!

画像1 画像1
 ゴールデンウイークの折り返し点となる5月2日(月)、『キラリ輝く霊山女性講座』の第1回目の学習会が行われました。
 今回は、人気の高い「移動学習」を第1回目から計画し、講座生の満足度が大いに高まった学習会となりました。
 『さくら展』を開催している大山忠作美術館で素晴らしい芸術作品に触れた後、JICA(二本松青年海外協力隊訓練所)を見学し、最後に「四季の里」を自由散策しと、充実した1日となりました。
画像2 画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
伊達市教育委員会
〒960-0792
住所:福島県伊達市梁川町青葉町1
TEL:024-577-3250
FAX:024-577-7203