最新更新日:2019/07/16
本日:count up7
昨日:14
総数:28248
「かしこく・心ゆたかに・たくましく」生きる穂高南の子 

参観日 ありがとうございました

 先日は,お忙しい中授業を参観していただきありがとうございました。一学期最後の参観でしたが,お子さんの成長を見ていただけたでしょうか。授業に向かう姿勢,発言する姿など,最高学年としての逞しさが感じられたのではないでしょうか。
 学級懇談会では,役員の皆さんから一学期に行われたPTA活動のお礼と報告がありました。PTA作業や雨の中の資源物回収などご協力いただきありがとうございました。2学期も引き続きよろしくお願いいたします。
 担任からは,夏休みの課題の話をさせていただきました。詳細は後日になりますが,夏休み帳・日記・一研究・ポスター・自主学習が主な課題となります。計画的に取り組めるようお願いします。

睡眠時間と脳の働き

画像1
成長期にある6年生の健康について考える授業研究会が行われました。学年では昨年の3学期頃から気にかかり始め多くの場面で睡眠の重要性を考える学習をしてきましたが、子ども達は「充分な睡眠の確保」にはそれほど危機感もなく、朝の眠さや体のだるさを凌げばまた健康な体に戻れるように考えているようです。思考力がなくなったり成長が抑制されてしまったり人に優しく接することができなくなったりなど日常生活にとって多くのマイナスになることが理解しにくいようです。この頃、授業をしていて感ずるのは、朝から机に伏せていたり、集中力に欠けたり、仲間や教師の言葉を聞き逃したりと多くの現象が現れています。眠い時やだるい時に主体的に関わり考えを深めたり広げたりすることはできにくいことです。全校授業研究に取り上げていただき、睡眠と健康を考える場をいただきました。充分な睡眠の効果を考えることより睡眠不足を続け成長が損なわれる危険を伝えていくことが優先課題だと思います。睡眠時間だけでなく、決まり良い生活が「未来の自分づくり」必須であることを考えてほしいのです。(2組学級通信より)

交通安全教室…自転車の安全な乗り方

画像1
 3日(水)3年生〜6年生対象に交通安全教室が実施されました。5・6年生は自転車の乗り方について4つのことを学習しました。実際に起こりそうな事故を再現し考え合う授業です。自転車は手軽な乗り物として子ども達も使っています。
 自転車の運転は道路交通法で定められ、自分勝手には乗ってはいけない乗り物です。特に13歳未満と70歳以上は特例として歩道や横断歩道を乗っていいことになっており、歩行者との接触も多く加害者としても被害者としても危険が伴います。歩行の妨げにならないように運転しなくてはなりません。自分の身を守るためにキープレフトの原則、信号に従う、交差点での停止、ヘルメットの着用など安全義務を怠ることはできません。今日の学習で学んだ自転車の乗り方を守り他者に優しい運転に心がけてほしいと思いました。秋口になると日が短くなり、夜間の走行をする場面も出てくると思います。小学校では日没後の自転車乗りは禁止していますが、6年生は半年後には中学生になります。日常的な登下校手段として自転車を利用する子ども達も出てきます。自分の命も他者の命も守る安全な自転車の乗り方について、ご確認いただきたいと思います。また、今回の自転車教室では自動車や歩行者から確認がし易い反射体やLEDライトの使用について強く薦められました。子ども達の安全のために使用のご検討をよろしくお願いいたします。

雅楽鑑賞会がありました

画像1
10日(水)に雅楽鑑賞会が行われました。今回は、和楽器(箏・尺八・三味線)の生演奏を鑑賞しました。5月に聴いた管弦楽団による演奏とはまた違った、心にじっくり染み渡るような演奏を聴かせていただきました。「尺八の音が何かよかった!」「箏に触ってみたい!」というような子どもたちの声もありました。日本の音楽に親しむ貴重な時間になったと思います。

参観日ありがとうございました

 9日(火)は、お忙しい中、授業参観・学級懇談会とありがとうございました。5年生になり、3回目の参観日でしたが、お子さんの学習の様子はいかがだったでしょうか。友だちと声をかけ合ったり、お家の方と一緒になったりしながら頑張る姿を見ていただけたと思います。
 6月のふれあい参観日に引き続き、多くの保護者の皆様に来ていただきました。お忙しい中、ありがとうございました。

交通安全教室が行われました

画像1
 3日(水)に、スケアードストレイト手法による交通安全教室が行われました。歩行者・自転車間での事故場面の再現を見ることを通し、交通事故の恐ろしさを実感し、さらに自らの事故防止行動をしていく意欲を持たせ、安全に気をつけた歩行や自転車の運転ができるようにすることを目標として行われました。トラフィックシスターズの皆さんの演技を見て、改めて自転車事故の恐ろしさを感じた子どもたちでした。自転車に乗っていて、自分が加害者になってしまう場面もあることに気づき、気を付けていきたいと感想を持った子どもたちもたくさんいました。
 夏休みには、自転車に乗る機会が増えると思います。もう一度、自転車の乗り方について、気を付けることをお子さんと確認してみてください。

再現された交通事故を見て

水曜日に、スケアードストレイト法による交通安全教室が行われました。これは、劇仕立てで交通事故そのものを子ども達に見せ、事故の怖さと同時に原因の所在をはっきりさせる手法をとるものです。夏休み、子どもだけで自転車に乗る機会が増えることを見越して、今回は、自転車の事故再現を中心に学習しました。
並列で走って横断中のおばあさんに接触して転ばせた自転車がその場を知らん顔して立ち去ろうとすると、「ひき逃げだ」と子どもたちから声が。「警察は、ひき逃げ事故を起こした人を見つけるまで探します。」と、指導者が付け加え、立ち去ろうとする自転車の運転手を呼び止め、軽妙な話術で事故が起こるまでの自転車の動きを子どもたちの目の前で再現していきます。子ども達は事故を起こした運転手と一緒に事故の原因を見つけていきます。そして、してはいけないこと、運転で注意することを理解しました。
また、暗くした会場での、自転車のライト(ダイナモ式)とLEDの点滅灯(電池式)の実験で、自動車への居場所をいち早く知らせるLEDライトの効果を子どもたちに教えてくれました。グリーンベルトは自転車が利用するためのものではなく、歩行者のためのもので、普段は通行できないことも教えてもらいました。
工夫を凝らした事故再現で、安全の確認や交通ルールを守ることの大切さをもう一度思い起こさせてくれた時間でした。

CAPの学習をしました

 10日(水)に3学年ではCAPの学習を行いました。CAPながのの方が来てくださり、自分の権利(安心・自信・自由)を守るためのお話を子ども達に分かりやすく話してくださいました。子ども達は、一生懸命話を聞いて、CAPの方の質問に熱心に答えていました。お話の途中でロールプレイにも参加しながら学んでいくことで、子ども達も飽きてしまうことなく学習することができました。もしも、悲しい思いや嫌な思いをしたときに、今回学んだことを実践できるといいなと思いました。
10日には子ども用・本日保護者用の資料を配付しました。ご覧ください。

参観ありがとうございました。

 昨日は、低学年参観日にお越しいただきありがとうございました。あいにくの天気で水泳学習を見ていただくことはできませんでしたが、教室での保健の学習はいかがだったでしょうか。普段何気なく使っている「健康」という言葉ですが、改めて「健康とは何か」「健康な状態でいるためにはどうすれば良いか」について考えた子ども達です。授業の最後には、自分が健康でいるために気をつけたいこととして、「好き嫌いをせずしっかり食べる」「姿勢に気をつける」などと考えました。雨が降って涼しかったり晴れると暑かったりと天候の変わりやすい季節なので、体調を崩さないように自分自身で気をつけていけるといいですよね。

≪交通安全教室≫

水曜日に交通安全教室がありました。
スケアードストレイト手法の安全教室でしたので、講堂に模擬道路を作り、そこで講師の方々のお芝居を観たり、お芝居の中で「事故が起きた原因は、何だったのか。」「どうすれば良かったのか。」などについての質問に答えたりしながら交通安全について学びました。
安全教室では主に自転車に乗っている時に気をつけなくてはならないことを教えていただきましたが、「自転車は、乗り方によっては、まわりの人にけがをさせてしまうものだ。」ということは子どもたちの印象に残ったのではないかと思います。
三年生になって自転車にたくさん乗れると、張り切っている子が多くいますが、是非、今回の安全教室のことを忘れずに、自分自身も周りの人も傷つけない、安全な乗り方をしてほしいと思います。

1学期最後の参観日

 昨日は授業参観日でした。お忙しいところ多くの方に参観していただき、ありがとうございました。学年・学級PTAも行われ、夏休みの課題やクラスの様子ついてお話させていただきました。また、ミニトマトの鉢の持ち帰りもありがとうございます。育てているミニトマトは、支柱なしで育てることのできる丈が短いものです。鉢は各教室前にありますので、19日(金)までのご都合の良い日にお持ちください。収穫が楽しみです!

水泳学習に取り組んでいます

水もようやくぬるく感じられるようになってきました。水泳学習のある日のプールカードへの記入や検温、道具の準備や洗濯など、大変お世話になっております。
今年の目標は、体をまっすぐにしてけのびができるようになることです。全員が水に顔をつけられるようになりましたが、水中で足が浮くのがこわいのか、すぐ床に足をつけてしまう様子も見られます。体の力を抜いて、水に浮く楽しさを味わってほしいと思います。
水泳学習で大切なのは体調です。お大事にお過ごしください。

参観日 ありがとうございました

1学年で小プールで水泳を予定していましたが、お昼過ぎから小雨の天候状態から、急きょ、教室で教科学習を行い、その後に学級懇談会を行いました。夏休みに向けて宿題などについて確認、家庭学習について、1学期の振り返りをしました。お家の方の感想をお聞きしながら、よりよい方向、よりよい関係が構築できるように改めて指導を振り返りました。
 火曜日の高学年参観日に続いて、来校されたお家の方もあったと思われますが、
ご参観、学級懇談会、ありがとうございました。

がんばっています!!

 6月23日(日)から体育館の長寿命化工事を行うため,6年生の力を借りてマットや平均台など体育用具の引っ越しを20日(水)に行いました。さすが,最高学年の6年生!学校のためにパワフルに働いていました。重たい用具が多いのですが,協力しあい,声を掛け合い運んでいました。頼りになる6年生です。

歯の衛生週間〜歯を大事にしました

先週の児童会連絡で、保健委員会から歯の衛生週間について連絡があり、今週から始まりました。保健委員会でCDをもらってきて、給食の後に歯みがきソングをかけて歯磨きをしました。給食後、歯みがきをした人数を調べて、歯っピー歯みがきカレンダーに色ぬりも頑張りました。
また、今日、歯科衛生士による歯みがき指導も行われました。歯の染め出しを行い、歯みがき練習を行いました。手鏡で自分の歯をしっかり見て、ねらって歯ブラシを上手に当てている姿も見られました。歯みがきも上手になってきていることを感じました。
お忙しい中、手鏡やタオルなどご準備をありがとうございました。

保健週間(歯の衛生週間)

 今週は保健週間でした。保健委員会の発表や給食後の歯磨き、ご家庭での生活チェックなどが行われました。20日(木)には、歯科衛生士さんによる歯科指導と歯磨き指導が行われました。3人の歯科衛生士さんが、それぞれのクラスで歯のことについて教えてくださいました。前歯と奥歯ではどうして形が違うのか、虫歯はどうやってできるのかなどを教えていただいた後、実際に染め出しをして自分の歯の磨き方を確かめました。「朝、歯を磨いてきたよ!」という子も染め出しをしてみると、ピンクに染まる部分がたくさんあり、子ども達もびっくり!でした。その後、どうやったら上手に磨けるのか、鏡を見ながら歯ブラシの持ち方や向きを工夫して一本一本丁寧に磨いている子ども達の姿が見られました。
 普段は、なかなか丁寧に磨くことができないのですが、今回の学習で学んだ磨き方を時々は思い出して磨いていけると良いなあと思いました。

歯科指導がありました

 20日(木)に歯科衛生士さんが各教室に来てくださいました。子どもたちは磨き残し部分を赤く染め出し、鏡を見ながら赤いところに歯ブラシの穂先が当たるように、歯ブラをなくそうと一生懸命でした。
歯科衛生士さんのお話では、今は永久歯に生え替わる大切な時期であること。生えたばかりの歯は、とてもやわらく、むし歯になりやすいということ。一番奥に顔をのぞかせた6歳臼歯は、特に磨くのが難しく歯ブラシを横に寝かせて細かくブラッシングをすることなどを教えていただきました。また、おうちの方に是非仕上げ磨きをしてもらえたらとのお話もありました。どこを磨き残してしまいがちなのか、今日の歯科指導を思い出しながら毎日の歯磨きで意識できるといいなと思います。また、この機会にお子さんの歯ブラシをご確認いただき、歯ブラシを裏から見たとき、ヘッド部分から毛がはみ出している場合は、うまく磨けませんので交換していただけるとありがたいです。お願いします。

理科…イナダの解剖

今週の理科は解剖実習です。2時間続きの理科の時間に消化管の働きを観察する解剖の授業が行われました。手順を聞き、真剣な眼差しで解剖していきます。「うまそう」「気持ち悪い」「くさい」など様々な反応がありましたが、手袋をはめ、はさみを手にすると真剣な眼差しになり、内臓がどのような仕組みになっているのか興味津々で取り組んでいました。胃に近い腸内は白っぽくざらざら、校門に近い腸内は黄色っぽくさらさらと消化の進んだ様子を観察することができました。ゆとりのあるグループは「えら、心臓、肝臓、卵巣、脳、眼球」など手際よく取り出し発展的な観察までしていました。話を聴き、手順を心得ているグループの進み具合が順調で、聞くことの重要性を感じました。映像でなく本物を使っての学習は実感を伴い心に刻まれた学習になることを実感しました。

東中清掃活動

画像1
13日(水)校長講話では正面玄関に設置されている「小児の首」が映し出され、「どこでしょう?」と投げかけられました。「昇降口」と元気に答えが返ってきましたが、「誰?」には「…」、碌山を知っている子が少なくて驚きました。小児祭のいわれや碌山について「世界的な彫刻家」「明治生まれの30歳で亡くなった方」「穂高の先輩」「本校縁の偉人」であると紹介されました。碌山の話だと思っていたところ、更に「碌山美術館」と「東中」に展開し、動画により「東中生徒の清掃のすばらしさ」を伝えてくださいました。話声はまったく聞こえず、一人一人がそれぞれに黙々と掃除する姿が映しだされました。床に膝をつき、隅から隅まで雑巾を当てる姿に感動しました。子ども達は自分たちの取り組みにつて考えさせられたと思います。13日、14日と「だ:だまった、い:時間いっぱい、す:隅々まで、き:気働きのある」掃除を目指して取り組んでいます。校長先生の伝えたかった「掃除への取り組みの改善」を受け止め掃除ができ始めている姿に嬉しくなりました。二日間だけでなく、来週からずっと「だいすき掃除」を目標に後輩たちの範となる掃除にしてほしいと願っています。

プール開き…気持ちい良い青空の元

画像1
 13日(木)朝の時間にプール開きを行いました。昨日の雨から一転し清々しい青空の元高学年の皆さんが磨き上げたプールです。透き通った水を目の当たりにした子ども達は、「早く泳ぎたい」と声が漏れていました。大プールを掃除した6年生は誇らしげな顔つきです。今シーズンで小学校最後のプール使用となる6年生が児童を代表して目標や決意を発表しました。安全に気を付けて泳ぎたい。約束を守って泳ぎたいなどそれぞれの言葉で発表することができました。校長先生からは安全に十分気を付けて楽しい水泳シーズンにしてほしいとお話していただきました。最後に体育主任の内川先生より「走らない」「ふざけない」「飛び込まない」「入らない」(先生の許可があるまで・機械室や管理室)と「「4つのナイ!」を守ろうと分かり易く伝えていただきました。
天候、気温と水温、水質などの条件がすべて基準を超えると学校施設としてプール使用が可能になります。また、個人の準備として、「プールカードが提出されている」こと、「用具がきちんと揃っている」こと「体調が万全である」こと等多くの条件がそろうことが必要です。水泳学習は明日から夏休みまでの一学期に限られますのでご配慮よろしくお願いいたします。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
安曇野市立穂高南小学校
〒399-8303
住所:長野県安曇野市穂高7217-1
TEL:0263-82-2044
FAX:0263-82-0254