最新更新日:2019/11/09
本日:count up2
昨日:10
総数:29178
「かしこく・心ゆたかに・たくましく」生きる穂高南の子 

マラソン練習 がんばってます

 最近寒くなってきた朝ですが,6年生は最後のマラソン大会に向けて一生懸命練習しています。
 朝早く登校して走る子,朝ずっと走る子,休み時間にがんばる子,家へ帰ってからまた学校へ来て走る子,休み中来て走る子・・・本当に時間を見つけてがんばっている子が多くいて感心します。
 マラソンは苦手なお子さんもいますが,自分のペースで最後まで走ることを目標にがんばってほしいと思います。15日と18日には,学年で練習します。本番に向けて精一杯力を発揮できるといいと思います。当日は,応援をよろしくお願いいたします。

〜木曽の社会見学 おもしろかった〜

 紅葉の木曽路に、社会見学に行ってきました。
 初めての木曽方面の見学は、内容が盛りだくさん。当日は、朝から濃霧のため、高速道路の50km/h規制で、到着が遅れてしまいました。それでも、ガイドさんも工芸館も、子ども達のために時間をずらして対応してくれ、すべての見学を行うことができました。感謝です。保護者のみなさんには、30分近く下校がおくれてしまい、ご心配をおかけしました。
 木曽堆朱の体験で、子ども達は、体験時間いっぱい耐水ペーパーで急須卓をこすり、模様がうきだすのを楽しんでいました。工芸館1階の売り場に置いてある、黒に緑のまだら模様が浮き出たテーブルを見て「きれー。」と声をあげる子もいて、漆器に対する感覚もちょっと変わったかもしれません。そのあとテーブルに付けられている値札を見て、「えー!」と驚いていましたが。子どもたちが、一生懸命に磨いた急須卓は、職人さんに仕上げをしてもらい、今月末には届く予定です。お楽しみに。
 古い街並みの奈良井宿、写真で事前に学習して知っていたとはいえ、やはり本物の街の中に入ると「うゎーっ。」と思わず声を漏らす子もいました。興味をひかれるものがいっぱいあって、あちこち動き回ってメモを取っていました。ガイドさんも、子どもたちの事前学習で出た疑問に合わせ、説明をしてくれました。なにより天気が良くて、見学には最高の青空。その下に、こい茶色に統一された木造の街並みが続くのは、別世界です。電柱や電線のようにさえぎるものが何もない空の向こうには、黄色く色づいた山並みが見えていました。
 奈良宿の街並み保存のきっかけとなった中村邸の前に行くと、今は資料館となっているのですが、わざわざ通りに面したしとみ戸を開け、障子も開いて、中を見せてくれました。畳の部屋が奥へと続く様子をのぞき込んだ子ども達に、昔の家の雰囲気を少しだけ味あわせてくれました。
 見学開始時間が予定より遅かったため、お弁当を食べるころには、みんな腹ぺこ。お弁当がおいしいことは間違いなし。昼食後、木曽の架け橋の上から、奈良井川をながめ、バスに乗って帰りの途につきました。
 今、教室で、見学のまとめをしているところです。また行って見たいという子が多いです。紅葉真っただ中の木曽、ご家族で訪れてみるのもいいかもしれません。

小児祭がありました

 本日の1〜2時間目に小児祭がありました。高学年の委員会で企画運営する児童会のお祭りです。委員会ごとにアトラクションを考えて準備をし、低学年はなかよし学級のお兄さんお姉さんと一緒にグループを組んで、各会場を回ります。高学年は前半後半で運営を交代しますが、低学年は時間いっぱい遊ぶことができました。なかよし学級の4年生のお兄さんお姉さんたちは,どの会場に行きたいか選ばせてくれたり、優しく声をかけてくれたりするので、とてもうれしかったようです。終わって戻ってくると、自分たちが回ったアトラクションのことを楽しそうに話していました。

小児祭がありました。

 今日は、児童会主催の「小児祭」がありました。児童会のお祭りって何だろうと、みんなわくわくしてこの日を待っていました。
 各委員会ごとにアトラクションが設けられ、姉妹学級(1年生は6年生と)でグループに分かれて、それらを回って楽しみました。内容は、スポーツ系のものや、ジェスチャーゲーム、イントロクイズや各委員会の特色のある〇〇クイズといったものでした。みんなでそのお店を体験しながら回り、一緒に回った6年生ともたくさん遊んで、楽しい思い出になりました。

理科・社会見学に行ってきました

画像1
 29日(火)あいにくの天気となってしまいましたが、理科・社会見学に行ってきました。
 マイパール長野・カントリーエレベーターでは、お米について学習しました。カントリーエレベーターでは、巨大な乾燥タンクや貯蔵タンクを見させていただきました。マイパール長野は安全でおいしい米を送り届ける努力と工夫を学びました。
 乳房川での学習は、雨が降っていたため、水の量も多く、川の内側と外側の流れの違いも明確だったので、理科で学習してきたことが目で見てはっきりと分かりました。
 かじかの里で食べるはずだったお弁当は学校で食べ、午後は、ちくま精機で工業について学びました。6グループに分かれ、様々な部署を回らせていただきました。体験的な活動も多く取り入れていただいたので、楽しみながら学ぶことができました。
 一日雨の中の見学となりましたが、様々な学びや気づきがあった一日となりました。保護者の皆様には、荷物の準備のお手伝いやお弁当の用意など、様々な面でお世話になりました。ありがとうございました。

音楽会が終わりました ♬

 音楽会が終わりました。運動会が終わってから、ずっとみんなで「心を合わせて」を合言葉に取り組んできた歌と合奏です。みんな、この曲が大好きになり、聴いている人にもその思いを伝えたいという気持ちで、一生懸命練習に取り組んできました。今日の演奏はいかがだったでしょうか。ぜひ、お子さんに感想を伝えていただけるとありがたいです。
 今日は、学校中に素敵な音楽が響き、とても素敵な一日になりました。お家の方々の温かい応援、本当にありがとうございました。

≪音楽会 ありがとうございました≫

 夏休み後から、運動会の練習をしながらの音楽会の練習。ですから、音楽会については長い期間、練習を行いました。合唱「しあわせになあれ」は、アルトの友達も地声ではなく大人の声を出そうと練習を頑張りました。最後の「いのり」のハーモニーが練習でもとても美しかったです。合奏の「パプリカ」では、リズムを合わせることを大事にし、どこで自分が主役になるか意識しながら練習をしました。主役を次の友達に譲るときには、自分の最後の音を友達につなげるやさしい音にするよう頑張りました。そして、一つのつながった音楽になるように最後まで音を大切にしました。本番頑張ったことと、また夏休みから練習してきたことを褒めてくださるとうれしく思います。

HAPPY HALLOWEEN!!

 昨日は、ハロウィンでした。子ども達は、朝から「もう、お菓子もらったよ。」「○○くんのうちでハロウィンパーティーしたよ。」と大盛り上がりでした。学校では、クラスごと仮装をしたり、ゲームをしたり、お菓子を食べたり(まだ食べてないクラスもあるかもしれませんが、来週には食べます(^o^))と楽しく過ごしました。ちょうど外国語の授業もあったので、ALTのエリック先生にカナダでのハロウィンについてもお話ししてもらいました。多文化に触れることもでき、楽しいひとときを過ごすことができました。

≪音楽会ありがとうございました≫

画像1
 子ども達の演奏はいかがでしたでしょうか。
 初めての二部合唱、初めてのリコーダー演奏と、初めてだらけのステージでした。初めてのことを自分のものにし、さらに発表できるようにするまでには、一人一人の努力が必要です。きっと、どの子もこの日に向けて学校でもお家でもたくさん練習したことと思います。
 演奏の様子はもちろんですが、お子さんの頑張っていたところをたくさんみつけて伝えてあげてください。きっと大きな自信になると思います。

収穫の秋

 学校の南側に広がる大豆畑を見た子どもたちが「大豆、枯れちゃった。」「ちゃんとお水をあげなかったからかな....。」と残念そうに話すのが、聞こえてきました。2学期が始まってから運動会や音楽会の練習に明け暮れ、大変忙しい毎日を過ごしていたのと、最近は天候が思わしくなく、大豆はどうなったのだろうと思いながらも、畑に行く足が遠のいてしまっていました。もっと大事に育てればよかったと思いながら、大豆のさやを触ってみると、「あれ?ふくらんでる!」「中が固い。」と気づき、そっとあけてみますと、中からはじめにまいたときと同じような大豆が手のひらに転がりました。「枯れてたんじゃないんだ!」「実がなった!」と歓声があがりました。いよいよ、大豆は収穫の時期を迎えました。

美しい音色・響き 音楽会ありがとうございました

 この2週間、毎日ステージ練習が続きました。また教室でも台詞発表や鍵盤ハーモニカのパートごとの確認をして音楽会に向けて練習を重ねてきました。いかがでしたか。
 お家の方に見守られ、自分の役割をこなす姿や周囲の子に合わせて振り付けなど表現する姿から成長が感じられました。また、歌声やきれいな音色を届けようとがんばる姿もあり、この音楽会を通していろいろな力を身につけたように思います。
 鍵盤ハーモニカを持ち帰り、一緒になって取り組んでいただいたお家の方のご協力も大きかったように思います。ありがとうございました。

音楽会ありがとうございました

 運動会の練習と並行して鍵盤ハーモニカでわらべうた3曲、音楽の教科書に載っている文部省唱歌の「夕やけこやけ」、そして低いラから高いファまで音域の広い「宝島」に挑戦し、ステージ練習が始まってからは、音楽の質を高めようとがんばってきました。
歌声については、なるべく腹式呼吸や頭声発声を意識して取り組んできました。先日ご指導いただいた三原寿雄先生から「きれいによく出ている」とほめていただきました。その上で、フレーズを意識した方がもっと音楽的によくなるとのご指導から、ブレスの場所や瞬間的にたっぷり息を吸って、長い息で歌うという難しいことにも挑戦してきました。歌い終わった後は「足痛い〜。苦しい〜。」と言って、その場にしゃがみ込むこともあるくらい、体力を存分に使って歌ってきました。
 鍵盤ハーモニカについては、ミソラシの4つの音しか使っていないので簡単かなと思っていましたが、ポップスになれている今の子どもたちにとっては、『かごめかごめ』のようなゆったりした日本の曲調がかえって難しかったようです。『あんたがたどこさ』のはねるようなリズムも、鍵盤ハーモニカで吹いてみるとなかなか難しかったのですが、みんなよく練習して、テスト合格に向けてがんばりました。
 おうちの皆様には、音楽会のステージやおうちでの鍵盤ハーモニカの練習をあたたかく見守っていただき、また体調管理にもご配慮いただきありがとうございました。

1年生がんばっています〜やきいも会・とうろう集会〜

画像1
 10月31日(木)に、畑で収穫したさつまいもでやきいも会を行いました。3、4時間目に、ぬらした新聞紙とアルミホイルでくるんださつまいもを、火をおこした中に入れました。5時間めにおいしくいただきました。最後はおいもを育ててくれた大地に感謝して終わりました。
 11月1日(金)には、あさがおさんに感謝を伝える、とうろう集会を行いました。夏休みのあさがおの花のたたきぞめと、ふれあい参観日に協力してつくっていただいた枠を使って作ったとうろうをともしながら、子どもたちで司会をし、あさがおさんについてふりかえりました。最後に「ありがとうの花」を歌いました。
あさがおを育てることを通して、多くのことを学びました。

◎児童総会…後期児童会計画承認される

 10日(木)児童総会が行われました。運動会あり、音楽会あり、見学学習ありと忙しい中で後期役員の皆さんは準備を重ねてきました。「どきどきする。」「大丈夫かな。」と不安を持ちながら総会を迎えました。リハーサルする時間は限られていましたが堂々と後期委員会の取り組みについて話すことができました。参加した4年生〜6年生の子ども達は「自分たちの児童会・学校」という意識が高く、建設的な質問や意見が述べられ、各委員会の活動に取り入れられる方向で考えていけそうです。11月には児童会最大の行事「小児祭」があります。各委員会の願いの実現につながるアトラクションが期待できそうです。後期児童会、力を結集し明るい学校、楽しい学校、「キラッと輝け!」南小。

◎音楽会迫る…学年練習

 10月25日(金)は音楽会です。音楽会への取り組みが本格的となり、学年での練習が始まりました。合唱「あさがお」、合奏「カルメン」と子ども達にあった選曲がなされ、練習を重ねています。100人を超えるステージは迫力があり、今から楽しみにしています。二週間後に迫ったステージに子ども達の意欲は高まってきました。学年の仲間とゆっくり少しずつできるようになっていく自分たちに喜びを感じています。全体で合わせると曲のイメージが膨らみ、どんな音を出して良いのかつかんできています。音楽会特別日課が昨日より始まり、一日一時間のステージ練習が始まります。練習場所を狭い音楽室から講堂に移し、本番を想定してドキドキしながら練習に取り組むことと思います。小学校生活最後の音楽会になることを自覚し練習にも力が入ります。

◎地層見学…見て触れて学ぶ

画像1
 4日(金)未明の雷雨には驚かされましたが、行いの良い6年生は予定通りに「理科見学」に行くことができました。『松本市四賀化石館→穴沢峠の逆断層・タマネギ状風化。』『堆積層(豆岩)の露頭見学→シガマッコウクジラの化石→化石採集。』と、学年を2隊に分け、午前と午後の入れ替えで学習してきました。一日かけて専門性の高い学習ができ、ありがたい機会だと感じました。一緒に引率してくださった千葉県出身の林先生は「長野県ってすごいです。化石採集ができ、目の当たりに地層が観察できるなんて信じられない!」と感心しておられました。見学や体験が可能なフィールドが近隣にある幸せを感じます。地層や断層を観察する子ども達は生き生きとしています。本物には何にも代えがたいインパクトがあります。学芸員さんの話を真剣に耳を傾ける子ども達の目は強い輝きを放っていました。採集した化石は鑑定していただき宝物になったと思います。小さな化石が引き金となり地質への興味が広がると嬉しく思います。

脱穀をしました!

画像1
 先週延期となった脱穀を10日(木)に行いました。前回稲刈りをし、はぜにかけ、乾燥させておいた稲を脱穀機を使って脱穀しました。
 一人3〜4杷ずつ抱えて運び、自分たちの手で脱穀を体験しました。最後に落ちている稲を一本一本拾う子どもたちの姿からも、育ててきたお米を大切に想う気持ちが伝わってきました。収穫された籾は8袋になりました。次はこの籾を精米し白米にし、11月29日の収穫祭につなげていきます。
 持ち物の準備等、お家の方にはお世話になりました。ありがとうございました。

≪2分の1成人式≫

 10月1日に、2分の1成人式に行ってきました。
 4台のバスに分乗して豊科公民館へ行きました。穂高南小学校は午後の部で、安曇野市の4年生のおよそ半分の友達と一緒に時間を過ごしました。初めて出会う友達ですが、安曇野市歌「水と緑と光の郷」をみんなで歌ってホールを響かせました。
 また、ミュージカル「オズの魔法使い」を見ることもができました。初めて内容を知る子たちもいましたが、ミュージカルの世界に入って楽しむことができました。

社会見学にいってきました!!

 4日(金)に社会科見学に行ってきました。安曇野市の自慢をたくさん見学してきました。まずは、長峰山です。風が強く、赤白帽子やしおりが飛ばされそうになりましたが、安曇野市が一望でき、子ども達も大興奮でした。水産試験場やわさび農場は、安曇野市の湧き水を使っていることを知ることができました。リンゴ農園では、中村さんに歌やクイズで、リンゴについて詳しく教えていただきました。また、リンゴの試食やリンゴ狩りも体験することができ、子ども達はとても楽しかったようです。
 どの見学場所でも働く方々の話を直接お聞きすることができ、教科書だけでは分からなかった働く人の願いや思いなどを感じ取ることができたようです。また、聞いたことや見たことを一生懸命メモする姿からも成長を感じることのできた社会科見学でした。
 保護者の皆様には、お弁当の準備等、ありがとうございました。

九九の学習・音楽会練習を がんばっています

 音楽会のステージ練習が今日から始まりました。2年生は、斉唱『宝島』・合唱奏『わらべうたメドレー【おちゃらか、かごめかごめ、あんたがたどこさ、(歌)夕やけこやけ】』を、元気いっぱい表現します。鍵盤ハーモニカをお家でも聴いていただきありがとうございます。
 また、九九の学習も始まり、九九を楽しみながらも懸命に唱える姿があり、その健気さに、どうにかして努力を実らせてあげたいと感じることがしばしばです。鍵盤・九九カードともに家に持ち帰り練習していきますので、練習をみていただき、応援をよろしくお願いいたします。

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
安曇野市立穂高南小学校
〒399-8303
住所:長野県安曇野市穂高7217-1
TEL:0263-82-2044
FAX:0263-82-0254