最新更新日:2023/02/02
本日:count up9
昨日:48
総数:57682
学校教育目標 自ら学ぶ 共に学ぶ 人から学ぶ

東中だよりNo.11をアップしました

右側の「配布文書」のカテゴリーをクリックしてご覧ください。

本当はスゴイ 郷土の偉人や芸術

 安曇野市教育委員会文化課主催で、1学年を対象にした「あづみの学校ミュージアム」が、東中の教室を会場に開催されました。
 
 碌山美術館・井口喜源治記念館・征矢野久水彩館・安曇野山岳博物館・穂高天蚕センター・田淵行男記念館、安曇野ちひろ美術館・高橋節郎記念美術館・臼井𠮷見文学館・豊科近代美術館・TRAIAD IIDA KANといった安曇野を代表する施設が、作品を持って東中に出張し、学芸員や関係者の皆様が、作品、作者、ゆかりの人物について、説明してくださいました。

 穂高地域も含めた安曇野には、たくさんの館があります。県内外から、観光や鑑賞目的で訪れる人たちは多いのに、身近すぎて貴重な作品や名高い人物の価値について実感する機会は少ないのが現状です。
 
 各施設にわざわざ行かなくても、校内でこうした経験ができるって何とも贅沢です。でも、これをきっかけに、地域の芸術や歴史に興味を持ち、個人的に館に行くのもいいかもしれませんね。

 ちなみに、お隣の碌山美術館は、東中生であれば、下校途中でもふらっと立ち寄り、自由にベンチで佇んだり作品を観たりできます。東中生の特権です。

画像1
画像2
画像3

10年に1度の大寒波

 昨日昼過ぎから、一気に気温が下がり、夕方以降は猛吹雪だった穂高地域。

 東中昇降口の今朝6時の気温は氷点下10度。夜が明ける前から庁務技師の堀内さんは、東中生の登校に支障が出ないよう重機で雪かき。出勤した職員や登校した東中生も加わり、8時前には作業が終わりました。体育館から講堂に向かう通路は、吹きさらしのレンガ敷き。滑りやすいのでムシロを敷きました。

 低温注意報と路面凍結が続きます。ご覧の皆様も、健康と安全な移動をお心がけください。

画像1
画像2
画像3

最後の

3年生の日常はこれから、「中学校生活最後の」が枕詞になってきます。

中学校生活最後の技術の学習テーマは、「針金を使ってネームプレートを作ろう」。ペンチなどを使って針金を加工して名前にし、はんだ付けの要領で枠に溶接してつなげ、オリジナル・ネームフレームに仕上げていきます(上・中段写真)。

教室には、毎年行ってきた書き初めが貼られています。多くの人はこの先、学校の課題学習としてお正月に書き初めをする機会はないでしょう。最後に書した文字は、「無限の可能性」(下段写真)。

今週は公立高校前期入試出願、私立高校の入試、そして、先日行われた私立高校の入学予定者の発表があります。

画像1
画像2
画像3

受験の神様 大山大明神

今年も図書館の大山先生が、和紙で合格お守りを作ってくださいました。来館して本を借りた3年生が手に入れることができるご利益満点グッズです。

今週はじめの私立高校から入試が本格化。約2ヶ月間、毎週のように出願・入試・入学予定者の発表が続きます。この2日間で、合格祈願お守りが減ったそうです。「困ったときの神頼み」は、今も昔も変わりませんね。そして今年、新たに「必勝しおり」が登場

画像1
画像2
画像3

目覚めのいいね

 穂高東中の今朝7時の気温は、氷点下9度。2日続けての寒い朝。でも、空気は澄み、校庭の向こう側に見える北アルプスの山々も空に映えてきれいです。

 東中生が登校する前の教室。各教室には書き初めが貼られています。その中であるクラスは、今年の目標を漢字1文字で表しました。(写真中段)。

 全教室の連絡黒板にある「おすすめHLPコーナー」。1年生の黒板は充実しています。(写真下段)。2学期末に学年で家庭自主学習の進め方を改めて学び合いました。
 内容も量も自分で決めて家で取り組む学習。学校自己評価アンケートで80%の東中生が「家庭自主学習は自ら考え、自ら学ぶことにつながっている」と考えています。今朝は、どんな内容のノートが提出されたのでしょうか。

画像1
画像2
画像3

I'm possible 〜3学期、はじまる〜

Nothing is impossible, the word itself says 'I'm possible." 

 「不可能なんてない。だって、言葉それ自体が言ってるでしょ。私はできるって!」 映画女優のオードリーヘップバーンが作品の中で残した言葉です。「不可能」は英語では「impossible」。この単語の最初の二文字はiとm。それを少し変えると「I'm possible」。つまり、「私にはできる」となります。先程の「言葉自体が言ってるでしょ」というのは、impossible という単語の見方を変えるだけで、「不可能」が「可能」になるということを言っているのです。不可能に思えたことも、考え方を変えたり工夫して努力を続ければ可能になるというメッセージ。そんな発想ができる令和5年であることを願います。(校長講話主旨)

 下段の写真は、あるクラスの今朝の黒板です。開錠時間と同時に昇降口から入って教室へ一目散。クラスメイトが来る前に一気に描きました。そんな仲間が東中にいます。大きくジャンプするウサギ、地道に歩むカメ。どちらにもたくさんのpossibilityがありますように。

 このページをご覧の皆様、本年も東中および東中生をよろしくお願いいたします。

画像1
画像2

あなたはあなたらしく                          できること やるべきことを積み重ねる

 終業式が行われ、2学期が終了しました。
 
 「自分の成長の実感」と「小さなことの積み重ね」 各学年代表生徒の発表のキーワードでした。

 この発表を受けて校長講話では、自己が確立していく中学生期だからこそ、「自分らしくより良く生きる(Well-Being)」ことと「日常生活の中にある当たり前を地道に行う」ことの大切さが語られました(上段・中段写真)。

 新型ウイルス禍の前に戻すのではなく、制限がある中でもできる方法を考えて新しい学校生活のあり方を模索してきた2学期。一方で、今日の終業式は、講堂に全校が参集して実施しました。異年齢集団が、厳粛な雰囲気の中で同じ時を過ごす。この空気感。教科書では学べない大切な何かを実感していくのでしょう(下段写真)。


 皆様、ご覧いただきありがとうございました。来年も東中および東中生をどうぞよろしくお願いいたします。

画像1
画像2
画像3

東中だよりNo.10をアップしました

画面右側の配布文書のカテゴリーをクリックしてご覧ください。

家庭自主学習Update Project

 東中はいわゆる宿題がありません。帰宅後の学習は、自分で考えておこないます。それを東中生では「家庭自主学習」と呼び、毎日、帰りの学活前の10分間、その内容を各自で計画します。

 「家庭自主学習」を充実させるために、1学年で「家庭自主学習ポスターセッション」を行いました。各教科の代表者3名が発表者となり、自分流の学習方法を発表します。学年の生徒は、自分が知りたい教科のブースを訪問。内容や方法、学習時間について質問しました(上段写真)。2年生がオブザーバーで参加。1年間多く経験している家庭自主学習の奥義を伝授しました(中段写真)。そして、なるほどポイントをメモしていきます。(下段写真)

 後半は、元高校教師で現在は松本大学や予備校で指導している方から、「学ぶとは」をテーマに講演を聴きました。「学ぶとは楽しむこと。楽しむには求めて学ばないとダメ。」これって、家庭学習にもつながりますよね。

 さて、来週から始まる冬休み。当然、宿題はありません。年末年始でしかできないことをたくさん経験してください。そして、空いた時間を使って自分で計画した「自主学習」を進めていきましょう。

画像1
画像2
画像3

学習指導だより「自転車」第7号を掲載しました

右側の「配布文書一覧」をクリックしてご覧ください。

ビブリオ バトル!

「この本の魅力を東中生に伝えたい」

 持ち時間3分。6人のバトラーが、自分のオススメ本の魅力をステージ上で熱く語りあった1時間。出あい、人生観の転換、不思議発見、自分探し、本に引き込まれていく自分など、あらすじ紹介にとどまらない多彩な語り。
 フロアからは、「どんな人に読んで欲しいか」「読むときに気をつけることは何か」「僕でもそんな難しい内容の本は読めますか」といった質問。その応じ方も投票行動の参考になっていきます。
 
 バトルの雌雄を決するオンライン投票。結果はいかに!

 あっという間の1時間でした。


 4〜11月までの図書館貸出冊数は、全校で10381冊。一人平均22.57冊。市内屈指の数字です。

画像1
画像2
画像3

表紙が物語る積み重ね

 生徒会新旧役員による業務引継会が行われました。上段写真の左側が現生徒会長、右側が次期生徒会長のノートです。表紙の傷みが、積み重ねた時間を物語ります。

 新生徒会役員のノートも、きっと1年後にはシワや汚れなどの傷みがある表紙になっている。その分、東中生徒会に新たな伝統が積み重なっているのでしょうね。

画像1
画像2
画像3

1歩は踏み出せた                          〜3学年中心の生徒会ファイナル〜

 早いものです。現在の3学年が生徒会を引き継いで1年。今日の生徒総会で、そのバトンは後輩へと渡されました。
 「生徒が学校を創る」これが東中の合い言葉であり、よき伝統です。創り出す学校の姿は、その時代や生徒によって違いますが、その伝統を体現すべく、新型ウイルス感染症で制限が多い中でも、変えることをいとわずに挑戦した3学年でした。
 今回の生徒総会も同様。リモートと対面のハイブリッドな総会が、これからの標準になるような気がします。
 
 そう言えば、本年度生徒会のスローガンは「挑戦〜1歩を踏み出せ〜」でした。3年生ありがとう。2、1年生、これからの東中生徒会をよろしくお願いします。

画像1
画像2
画像3

受検生の学習は問題集のみにあらず(その弐)

今回は3年生の社会科の授業紹介です。

公民的分野「経済」の学習。「起業しよう」がテーマでした。
あるグループは「古民家を利用した昭和レトロカフェ」を考案。資金調達(自己資金・金融機関からの融資・株式化)、土地や建物の取得、商品開発と原材料の調達、従業員確保(労働時間や賃金、福利厚生の規定など労働条件の規定)、企業の社会的責任などの面から検討していました。

ある日の授業では、「復活! 日本の財政」をテーマに、税制改革について議論していました。超高齢化社会へと進む日本。円高による不景気。伸び悩む賃金。不安定な国際情勢。こうした中で必要な財源を確保するためにはどうすればいいのかを、増税の可否や増税するならどの税率を上げるのかについて、データを基にした活発なやりとりが見られました。

教科書には、考えるために最低限必要な情報しか記されていません。そして、「正解」は示されていません。答えなき問いに向かって、知識を総動員して追究する授業は、やはり盛り上がりますね。


画像1
画像2
画像3

受検生の学習は問題集のみにあらず(その壱)

 3年生は4回の総合テストを経て、そして今日、保護者懇談会が終わりました。進路選択について、より具体的な話題が交わされたことでしょう。

 そんな3年生の師走。家では、問題集に向かう時間が多くなったことでしょう。その一方で、技能教科では体を使った授業が行われています。
 美術では、「心の中の自分」をテーマした絵を基にアクリル板に鉄筆で描いて版画として作品化しています。完成したら展示されるので、ご来校の際にご覧ください。
 音楽では、「クラシックギターでカントリーロードを奏でよう」が目標です。左手の指で何本を押さえ、ピックを持った右手でどの弦を弾けばいいか。練習を積んできたおかげで、だんだんとメロディになってきました。

画像1
画像2
画像3

善意に応えよう

画像1
 安曇野市シニアクラブ連合会穂高支部から、会員の皆様が手作りした雑巾を寄付していただきました。清美委員長から、昼の放送で全校にこのことが伝えられました。
 毎年この時期になると来校され、真心こもった雑巾を受け取る度に、師走を実感します。市販のものよりも丈夫で、床の磨きがいがあります。年末大清掃での提供、灯油をタンクに入れる際のふき取り用に使わせていただきます。
 
 「相変わらず、床がきれいですね」 今年もほめていただきました。来年もまたこの言葉が聞けるよう、床磨きを頑張ります。

「#東中美術部員の読書感想画ずら。」

東中美術部と安曇野市中央図書館が初コラボ。

東中美術部が、読んだ本の感想やイメージを表現した作品が、中央図書館でその本とともに展示されています。期間は11月26日(土)〜12月15日(木)です。

「広報あずみの11月号」や安曇野市中央図書館ホームページでも紹介されています。次のリンクからアクセスすると、読書画に関係する本の詳細を確認することができます。


https://lib.city.azumino.nagano.jp/WebOpac/webo...

画像1
画像2
画像3

中村屋のカリー

 今週、給食のメニューの目玉は「新宿中村屋のカリー」(上段写真)。定期的に出ます。ほろ苦く、深みがあり、濃厚。いつものカレーに比べたら何となく大人な味です。新宿店で食べたら高価なカリーを、給食で頂ける。ありがたく食しました。

 
 さて、穂高と「新宿中村屋のカリー」の関係を、1年生が総合的な学習の時間「ふるさと穂高」で調べました。文献や給食センターでの取材をもとにまとめた資料をご覧ください(中・下段写真)。

 ちなみに資料に登場する相馬愛蔵さんは、穂高地域出身の実業家。東中のお隣の美術館に関係する荻原碌山とも親交が深い人物です。

画像1
画像2
画像3

月曜日の朝

 先週は、1・2年生の2学期末テスト、3年生の第4回総合テストがありました(上段写真)。

 月曜日の朝、換気で窓を開けるために校舎を巡っていました。ある教室に行くと、「ハァ〜、今日はずっとテスト返しですよ〜」と連絡黒板(中段写真)を見ながらぼやく声。結果はどうだったのでしょうか。

 校舎巡回の途中、南北校舎の連絡廊下から西の山を眺めると、朝日を浴びて山頂の雪が真っ白に輝いていました(下段写真)。頑張れ、受検生!!

画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
安曇野市立穂高東中学校
〒399-8303
住所:長野県安曇野市穂高5119-2
TEL:0263-82-2230
FAX:0263-82-7418
☆ご感想・ご意見をお寄せください