最新更新日:2021/10/22
本日:count up14
昨日:30
総数:41408
学校教育目標 自ら学ぶ 共に学ぶ 人から学ぶ

○○の秋 其の4

「実物にふれて自分の頭で考える秋」

理科の授業のひとコマ。
1年生はエタノールと水の沸点の違いを利用した化学実験(写真上段)
2年生は豚の眼球を解剖し、そのつくりを実感(写真中段)
3年生は定滑車と動滑車を使った仕事の原理の実験(写真下段)

 いずれも、誰かが発見したものを誰かから与えられて試さずにそのまま覚えていくのではなく、実物や実態を自分の体や頭を使って確かめ、その法則や原理、つくりを学んでいきました。

画像1
画像2
画像3

〇〇の秋 其の3

「YELLの秋」

 感染警戒レベルが下がってきたことを受け、来月に学年単位の合唱発表会を計画しています。十分な換気や間隔、練習時間の限定、マスク着用など配慮することはたくさんありますが、各クラスで練習を進めています。
 ある日の朝、黒板に書かれたYELLです。(上写真)


 10月22日〜10月24日に、愛媛県松山市で開催される「JOCジュニアオリンピックカップ第52回U16陸上競技大会」男子150mに、陸上部の3年男子が出場します。
 全校のYELLを込めて、校舎南側にパネルを掲示しました。(下写真)

画像1
画像2

〇〇の秋 其の2

「ふるさとの姿を伝える秋」

 地域のひと・もの・ことから学ぶ。

 その一環として、東中では総合的な学習の時間のテーマを「ふるさと穂高に学ぶ」としています。3年生は、個人またはグループで「穂高の過去・現在・未来」の視点から、ふるさと穂高と自分との関係性にせまっていきます。

 新型ウイルス感染防止のため、調査や取材活動が計画通りにできなかったり、文化祭での研究発表が限定されたりと制限の多い活動でした。でも、研究成果を多くに広げたいという願いから、研究のまとめが北側中央廊下に掲示されました。

 ご家庭の皆様は11月の参観日など、ご来校の際にぜひご覧ください。

画像1
画像2
画像3

○○の秋 其の1

「読書の秋」

 10月13日から図書委員会企画「秋の読書月間」が始まりました。(1)物語を中心に一人2冊以上読み切ることに挑戦、(2)情景描写やストーリーの流れを味わったり、登場人物の心情を考えたりすることが1か月の目標です。
 4月から昨日までの一人当たりの平均貸出数は24.95冊。ページ数がある作品の貸し出しが多いようです。

 下校時刻が早まり、家で過ごす時間が長くなっていく秋です。秋の虫の声を聞きながら気ままに本を読むという過ごし方もいいかもしれませんね。

画像1
画像2
画像3

備えあれば憂いなし〜オンライン学習接続実証実験〜

画像1画像2画像3
 感染症や自然災害などで学校での活動が難しく、状況によりオンラインでの授業を行わざるを得ない場合に備えて、休業日である今日の8時30分から家庭と学校をつないで接続実証実験を行いました。東中生は昨日、一人1台端末を家庭に持ち帰っています。

 学校では、接続がうまくいかない場合に備えて、安曇野市教育委員会教育指導室の指導主事の先生に待機していただいての実施となりました。

 学級担任とクラスの生徒で出席確認をしたり、3連休の予定を話したりとスムーズなやりとりができました。

東中だよりをアップしました

画面右の配布文書をクリックしてご覧ください。

「SHINY〜最高の瞬間を〜」しゃくなげ祭延長戦 〜学年別全員リレー〜

 天候不順で順延した、運動会学年別全員リレー。秋晴れの下、全校生徒で実施。感染警戒レベルが下がったことに加え、屋外での実施であったため、ご家庭の皆様の前でのプログラムとなりました。

 出走前に組む円陣、仲間どうしでつなぐバトン、そして歓声や拍手。忘れかけていた「普通の学校のすがた」が少しずつ戻ってきました。やはり学校はこうでなくちゃ!!

 全員リレー後、各教室でしゃくなげ祭ふり返りムービーを視聴。軌跡を見返し、すべてのプログラムを終え、第21回しゃくなげ祭の幕が閉じました。

画像1
画像2
画像3

ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」しゃくなげ祭当日(5)

画像1
画像2
画像3
14:15〜 閉祭式
(上写真)人魚姫と王子の物語は、東中生の団結の力で想いが成就
(中写真)テーマソングリレーのエンディングメッセージ
(下写真)最終章

会長がこんなことを語りました。
「『生徒が学校を創る』 東中で語り継がれてきた言葉です。この言葉は今でも大切にされ、そして、これからも大切にしていきたい考え方です。」

「やはり全校生徒が集まり、みなさん一人ひとりの輝く姿を見ることができたこと。それが一番良かった。今の私たちならもっと東中をステップアップさせていくことができる。」
実行委員長はこんな語りでしゃくなげ祭をふり返りました。

 2人の言葉が今の東中を物語っています。


 さて、月曜日は雨天順延となった「全員リレー」が行われます。仲間でバトンをつなぎ、その姿を他学年が応援します。また東中生の「輝く瞬間」に出逢えます。だから、どうか月曜日、晴れますように。

ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」しゃくなげ祭当日(4)

12:50〜13:10

「感染警戒レベル2」

 合唱部と吹奏楽部。想いが届き、ねがいが叶い、全校生徒の前で奏でられた3年生にとってラスト・ステージ・ライブ
画像1
画像2

ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」しゃくなげ祭当日(3)

画像1
画像2
画像3
9:55〜12:10 学年ローテーション企画

「8の字跳び」
「生徒会企画 人魚姫を救うために難題クロスワードを解け!」
「展示見学」

*8の字跳びで東中レコード更新!

ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」しゃくなげ祭当日(2)

画像1画像2画像3
9:20
・3学年総合的な学習の時間「しゃくなげタイム 〜ふるさと穂高に貢献する〜」

(写真左)穂高グルメ歩き〜地元の味をオリジナルパンフレットを作って紹介しよう〜

(写真中)穂高の祭り〜歴史を訪ね、後生に残そう〜

(写真右)ゴミ拾い大作戦〜美しい穂高の景観をいつまでも〜


ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」しゃくなげ祭当日(1)

8:54 
・第21代実行委員長による開会宣言で特別な条件下でのしゃくなげ祭スタート。

8:57
 ・美術部がデザイン、全校でちぎり絵にし、保健委員会が組み合わせた「ステージバック」現れる。

9:00
 ・役員企画「人魚姫Movie」本編公開。姫と王子の運命はいかに!

画像1
画像2
画像3

ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」前日準備(4)

画像1
画像2
画像3
14:19
 ・準備期間ふり返りムービーで今日までをふり返る

14:26
 ・役員企画「人魚姫Movie」 しゃくなげ祭プロローグ


 
 明日8:45、第21回しゃくなげ祭がスタート。東中生の「最高の瞬間」に出逢えることが楽しみです。

ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」前日準備(3)

14:09
 前日イベント1分前

14:10
 前日イベント
 ・生徒会長から全校へ、しゃくなげ祭の意義を語る
 ・各種表彰(ポスター・パンフレットデザイン採用者、花壇コンクール、門柱デザイン採用者、図書館貸出数)

画像1
画像2
画像3

ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」前日準備(2)

画像1
画像2
画像3
12:17
 全校で集めたペットボトルキャップで作った門柱が姿を現しました。

12:25
 メイン会場では、ステージ発表の打合せが続いています。

12:40
 緑化委員が中心となって育てた花々が満開です。

ドキュメント48時間「SHINY〜最高の瞬間を〜」前日準備(1)

画像1
画像2
画像3
11:45 
 部活動や委員会、教科展の準備。限られた時間の中でより多くの作品を見ることができるよう、今年は各教室展示を改め、教科ごとに場所を決めて展示することにしました。(写真上段)

11:52
 しゃくなげ祭のポスターやパンフレットは全校分をメイン会場の講堂に展示します。(写真中段)

12:03
 衛生面に最善の配慮。水道にある液体石けんを補充、手指消毒スプレーを各所に置きます。(写真下段)

「SHINY〜最高の瞬間を〜」に向けた準備着々と

画像1
画像2
画像3
 開催一週間前となりました。

 しゃくなげ祭にむけて大切にしていきたいことを語り合いました(写真上)。

 金曜日にはパンフレットが納品されました。月曜日に全校配布されます(写真中 表紙採用作品)。

 生徒会役員は感染予防のため、限られた条件や期限の中で全校生徒が文化祭当日によい時間を過ごせるよう、何度も打合せを重ね、準備を進めています(写真下)。

 心配なのは空模様。週間天気10月1日(金)の予報がはずれことを心から祈ります。第21回しゃくなげ祭テーマ「SHINY〜最高の瞬間を〜」 秋晴れの中で『最高の瞬間』にたくさん出逢えますように。

学校の大切な「音」や「声」

画像1画像2
 現在、2学期中間テストと3年生第2回総合テスト期間中です。教室内は書く「音」と紙をめくる「音」しか聞こえません。

 テストが終わると、校内はしゃくなげ祭ムードが広がっていきます。朝昼夕の学級の時間は、しゃくなげ祭午前中のプログラム「学年別運動会」に向けて、8の字跳びとクラス全員リレーの練習をしています。感染予防した上での練習や本番ですが、時間を惜しんで練習会場に向かう足音やそこから聞こてくる声はやはり、学校を元気にし、行事を盛り上げる大切な要素だと改めて感じるこの頃です。

しゃくなげステーション

画像1画像2画像3
 昼の帯番組「しゃくなげステーション」 生徒会役員が、校内テレビ放送のキャスターとして軽妙なかけ合いをしながら、しゃくなげ祭に向けた準備のようすを全校に発信しています。

 明日からはポスターが校内や学区内の公共施設に掲示されます。全校生徒で集めたペットボトルキャップを使った門柱づくりも進行中です。

ありがたいお気持ち〜有志によるPTA作業〜

 9月4日実施予定だった1学年PTA作業が、感染警戒レベル5のために中止。「役員を中心に有志で東中生のためになることをやりたい」といったPTA会長様のご厚意で、9月4日にPTA役員の皆様で実施する予定だった活動も雨天中止。「限られた人数であってもできることをやりたい」いうPTA会長様のお気持ちをいただき、9月12日朝7時から、職員とご都合がついたPTA役員の皆様とともに校庭と思索の庭の除草をしました。

 雨と晴れが繰り返される毎日で、よく育った草が見る見るうちになくなり、体育の授業や再開した部活動、しゃくなげ祭で実施予定の学年運動会が思いっきりできそうです。

 休日の早朝にもかかわらず、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

画像1画像2
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
安曇野市立穂高東中学校
〒399-8303
住所:長野県安曇野市穂高5119-2
TEL:0263-82-2230
FAX:0263-82-7418
☆ご感想・ご意見をお寄せください