最新更新日:2021/01/15
本日:count up6
昨日:17
総数:19181
〜ようこそ安曇野市立明科中学校へ〜 ◇学校目標:感動する心 つなげる心 やり抜く心  ◇実践行動目標:学び 清掃 歌声 挨拶

令和3年1月8日 縁の瓦

画像1画像2
 昨年9月に、国宝であり、世界文化遺産に指定されている薬師寺東塔の瓦が学校に届けられました。
 東塔では平成21年から、110年ぶりに解体修復が行われています。その際降ろされた1万7000枚の平瓦の中の約5000(4815)枚に寄付した人の名前がへらで書かれていました。さらにその中の345枚に寄付した学校の名前が書かれていました。全て長野県の小中高等学校でした。そしてその中に「中川手中学校」「東川手中学校」のものが発見されました。
初重裳階(しょじゅう もこし)東面の一枚として、60年以上にわたって風雨や暑さ寒さから国宝の東塔を守り続けていたのです。
 奈良県にある薬師寺東塔の瓦にどうして、明科の学校の名前が刻まれていたのでしょうか?
 昭和26年、戦後間もない頃で、奈良県も薬師寺も物資やお金に困っていましたが、屋根(瓦)だけでもいち早く修理しないと保存が難しい状態だったそうです。そこで全国に修理のための寄付をつのったそうです。戦後間もない時代でしたが、このころから長野県の多くの高校(旧制中学)は修学旅行では奈良を訪れていたそうです。
 信濃教育会という長野県の先生方の団体を通して、各学校にこのことが知らされました。薬師寺から東塔修復のために募金協力の依頼を受けた中川手中学校・東川手中学校では、生徒 一人1〜5円を目安に募金を集めました。まだまだ戦後の苦しい生活の頃です。ラーメン1杯30円の時代です。当時の1万円は今の30万円という試算も出ています。その時代に、一生に1回行くか行かないかのお寺に、全校で寄付をしたのです。中川手中学校では600円を寄付したそうです。
 寄付をした当時の生徒の皆さんの気持ちがすごいですよね。実際に、寄付をした学校は長野県だけだったそうです。だからこそ、その子どもたちの気持ちにこたえようと、瓦一枚一枚の裏面には、寄付してくれた人への感謝思いを込めて、寄付者の名前を丁寧に手彫りで掘り込み、時間と手間をかけて丁寧に焼き上げられています。
 今回の解体ではずされた瓦の中には、再利用された瓦もあります。痛んでいたり、形が合わなかったものは、「縁の瓦(えにしのかわら)」として関係する学校へ返されました。知らなかったことにして、割ってしまってもいいところ、戦後の苦しい時代に募金に協力してくれた子どもたちの心に感謝して、丁寧に包み、一枚ずつ学校まで届けてくださいました。その気持ちもうれしいです。
 「縁の瓦」を見ると、60年以上も風雨にさらされながら、国宝である東塔を守り抜いてきた神々しさを感じます。またそれは、食べものや欲しいものを我慢してでも国宝や日本文化を後世に残そうとした、当時の明科の生徒のあたたかな気持ちとも重なります。「縁の瓦」に込められている生徒(現在では80歳前後になられると思います)の人を思いやる、純真無垢な心も大切に受け継いでいきたです。
 当時の、伝統文化を大切にする思い、人を思いやる気持ちは、今の明科中学校の「明科中学校人権憲章」にもつながるものです。
 年月や空間を超えて、人を思いやり困っている人を助けることを実行した先輩たちの行動を誇りに、人権意識を高くもって、自分、そして周りの人を思いやり、大切にしていきます。

令和3年1月7日 3学期始業式

 3学期がスタートしました。
 学習面では学年の仕上げの学期であり、生徒会活動に目を向けると、2年生が中心になって進める「始動」の時でもあります。3年生に見守られ、支援いただきながらも、新しい生徒会を中心に、学校がスタートしました。

3学期の抱負 2学年代表
 私が3学期に頑張りたいことは二つあります。
 一つ目は学習です。3学期計画通りテスト勉強を続けては少しでも目標点数に近づけるようにしたいです。そのためには、授業中分からないところを先生や友達に聞いたり家での復習を行ったりしていきたいと思います。4月からは受験生になります。自分の将来の夢に一歩でも近づくために、志望校に合格できるように自覚を持って頑張ります。
二つ目は、生徒会活動です。委員長という立場になった今、先輩たちの姿を思い出して自分自身で委員会をリードしていきたいと思います。委員が困らないように的確に伝えられるようになりたいです。
 3学期は私たち2年生が学校を引っ張っていく立場になります。学年全体で当たり前のことを当たり前にできることを前提として、自分たちで考えて行動して先輩や後輩に姿で示していけるようにしていきたいと思います。最高学年になる準備期間としてこのようなことを意識していきたいと思います。

令和3年1月10日 アンサンブルコンテスト安曇野大会

 吹奏楽部がアンサンブルコンテストに出場しました。
 直前の松本保健所管内での新型コロナウィルス感染拡大により、急遽音源審査(学校で録音をしたものによる審査)になってしまい、残念ながらホールでの演奏はできませんでした。
 審査の結果、サクソフォン三重奏、金管七重奏、クラリネット四重奏、フルート三重奏の4チームが金賞、打楽器四重奏は優良賞受賞しました。その内、フルート三重奏が県大会への出場が決まりました。
 また、ソロコンテストでは、フルートソロ、クラリネットソロが県大会への出場が決定しました。
 練習が思うようにできない中、心を合わせて練習に取り組んだ成果を発揮することができました。

令和2年12月23日 2学期末清掃

 12月21〜23日の3日間、通常清掃より5分延長して清掃を行いました。
 いつもは1度だけかける雑巾を2度かけてみる、大きな棚を動かして、隅の汚れまで見逃さないようにする、ほうきについたほこりをきれいにとるなど、色々な工夫が見られました。
 清掃をして美しくなった校舎で生活すると、とても清々しい気持ちになります。ここで、自宅の机上や部屋を一度思い出してみましょう。年末に時間をとって整頓してみると、より勉強へのやる気が湧いてくるかもしれません。気持ちは環境により大きく変化するものです。
 3学期、気持ちのいい、整った学校で、全校で落ち着いて学習に取り組んでいきます。

令和2年12月18日 第2回生徒総会

画像1
 生徒総会が行われ、生徒会が3年生から2年生へ引き継がれました。
 活動が制限される中、3年生方がさまざまな工夫をこらして計画してくれたおかげで、充実した生徒会活動になりました。
 1年生は1年後に明科中学校の生徒会を引っ張っていくことになります。先輩の姿をしっかり受け継ぎ、3学期も責任をもって活動に臨んでいきましょう。
 2年生は、これから自分たちが生徒会を引っ張っていくという意気込みが感じられた生徒総会でした。役員になった生徒のみなさんは【みんなの上に立つ】のではなく、【前に出て全校を引っ張る意識】を持ち、学年全体が一丸となって生徒会を盛り上げていきましょう。
 もちろん役員の皆さんだけでなく、2学年の生徒一人ひとりが生徒会の主役であり、主力です。3学期からは「明科中学校の顔になる」という自覚を持って、2学年全員が学校生活をおくれると良いですね。
 3年生は、この苦しい1年間の乗りこえ、自分たちで新しい明科中学校生徒会の第1歩を作り上げた自信に満ちた姿を見せてくれました。

令和2年12月 2学年 学習の深まりを感じます

画像1
 保護者懇談会で2年生になってからの自分の成長と課題を確認した効果でしょうか、今週は積極的に発言しようとする生徒が増えてきたように感じます。
 国語は今、向田邦子著『字のない葉書』の学習で、筆者の表現の工夫と効果について個人やグループで考える授業をしています。それまでは、登場人物の心情を読み取り学習を深めてきましたが、中2も後半になりもう一段階ステップアップを目指しています。「父」の人物を際立たせようと暴君のような普段の姿、筆者に宛てた手紙では理想的な父の姿、疎開した娘が帰ってきたときは抱きしめて号泣する姿と、その差を大きくすることで根底にある父の娘への思いを表現していることに気づき、新たな読みの楽しさに出会うことができました。このような学習は2年生の今だからできるものです。他の教科でも成長してきている今だからできる学習を続けています。

令和2年11月30日 生徒会選挙

画像1画像2
 生徒会立会演説会及び選挙・開票が行われ、来年度の新三役が決定しました。
 候補者と推薦責任から演説がなされ、お借りした本物の投票台と投票箱で選挙が行われました。開票の結果、無効票が1票もなかったことが素晴らしいです。 
 水曜日に校長先生よる任命と、先生方への挨拶がありました。
 選挙期間中、候補者・推薦責任者はもちろん、2学年が一丸となって来年度の明科中生徒会をよりよいものにしていこうとする姿が見られました。同時に新しい委員長などの選考も始まり、本格的な引継ぎが迫ってきています。これから2学年を中心に、次の生徒会づくりに取り組んでいきます。
【生徒の感想から】
・自分の○が大切だと思うと緊張しましたが、来年は自分たちがあの立場になると思うともっと緊張してきます。

令和2年11月27日 明科キレイにし隊3

画像1画像2画像3
 活動の様子 その3です。

令和2年11月27日 明科キレイにし隊2

画像1画像2画像3
 活度の様子 その2です。

令和2年11月27日 明科キレイにし隊

画像1画像2画像3
 明科キレイにし隊が行われました。
 今年度2回目の明科キレイにし隊は、日頃からお世話になっている地域をきれいにするため、地域ごと分かれての作業でした。毎年、明南小学校、明北小学校の6年生の皆さんと一緒に活動していたのですが、今年度は中学校だけでの実施となりました。
 学校で始めの会を行い、その後、自分たちが担当している場所に行き掃除をしました。
 どのグループもとても真剣に掃除に取り組み、地域の皆さんも喜んでくださいました。
 今後もこの伝統を大切にし、お世話になっている地域に感謝の気持ちをもって生活していきたいです。
【生徒の感想から】
 今日は明科キレイにし隊でした。朝、通学路をきれいにすることは前回やったけど、こうやって長時間かけて行うことは久しぶりでした。私は、明北小学校の体育館の横の落ち葉を拾いました。階段があるのですが、そこの鉄を外して細かい所まできれいにすることができました。実際、明北小学校に行くまでに時間がかかり、25分ほどしかできなかったけれど集中して行うことができました。

令和2年11月23日 生徒会選挙 教室訪問

 生徒会3役立候補者の教室訪問が行われました。
 各クラスの選挙管理委員が中心となり、円滑に進められました。推薦責任者や候補者の演説に真剣に耳を傾け、2年生の候補者へ前向きで元気の出るような活発な質疑応答が飛び交っていました。
 30日(月)の立会演説会も、公正に2年生を中心に新たな明科中生徒会が創られるのか、いまから楽しみです。

令和2年11月17日 参観日ありがとうございました

 お忙しいところ、ご来校いただきありがとうございました。
 ようやく、今年初めての参観日を行うことができました。
 感染拡大防止のため、健康チェックや検温にご協力いただき、15分ずつ時間を区切って廊下からの参観となりましたが、大勢の方にお越しいただきました。ありがとうございました。
 いろいろな行事との関係でテスト前日になったこともあり、通常の授業参観とは違う印象だったかもしれません。期末テストに向かう中学生らしい学びの姿を見ていただけたとおもいます。生徒の皆さんは少しの緊張感と普段と違う雰囲気にちょっぴり高揚感をもちながら集中して学習していました。

令和2年11月7日 新型コロナ対策でレバー水栓に

画像1
 安曇野市水道事業協同組合のご厚意により、生徒用トイレの手洗い水栓を無償でレバー式に交換していただきました。大勢で使用するところだけに、少しでも接触が減らせることはありがたいことです。
 今も感染者が増えている状況ですので、引き続き3密を避け、換気・消毒の取り組みを徹底して、感染予防に努めたいと思います。

令和2年11月4日 後期人権旬間

 13日(金)まで行われた人権旬間の中で、クラスごとに人権目標を決めました。
 2年1組では、「最高学年に向けて、クラスの雰囲気を良くするために友達との関わり方を見直す」
 2年2組では、「仲間を大切にするために他人のことを思いやった行動をしよう」という目標になりました。。
 一人ひとりが改めて人権を意識して生活する、よい機会となりました。

令和2年11月9日 薬物乱用防止教室

 「アルコール依存症の現状と、アルコールが心身に及ぼす影響」について、松本保健福祉事務所より講師の先生をお招きし、講演会を行いました。
 テレビで観ない日はない、お酒のコマーシャル。「何だか美味しそうに見えるけれど、お酒ってどんな味がするのだろう?」という興味があった生徒も、講演会の中で、アルコールが身体へ重大な影響を及ぼすことを知り、アルコールの本当の怖さを感じたようでした。
 お酒が薬物乱用と言われおどろく人もいると思います。しかし、未成年からお酒を飲んでしまうと成長の妨げになったり、脳に悪い影響を与えたりすると立派な薬物になります。好奇心でお酒に手を出さないこと、勧められたときに様々な対処で「飲まない」という意志表示をすることの大切さを再確認しました。
  自分の身体を守り、正しく判断することの大切さを学べた、良い機会となりました。

<<薬物乱用防止教室の感想>>
〇お酒がもたらす心と身体の影響と、アルコール依存症について、初めてくわしく知りました。「お酒に酔う」ことは、脳がまひしていることだとは知りませんでした。脳が縮んでしまって自分がコントロールできなくなってしまうということを興味深く聞くことができま 
した。
〇20歳未満で飲むと、暗記する力が低くなり、勉強に支障が出ることを初めて知りました。飲みすぎると脳が少しずつ小さくなってしまうのも、とてもこわいと思いました。大人になっても飲みすぎないように気を付けたいです。


令和2年10月30日 2学年 小布施学習旅行、行ってきました

画像1画像2
 紅葉が美しい秋晴れの中、今年度初の大きな学年行事が行われました。
 バス乗車中のレクリエーションは、乗車・レク係がクイズ、なぞなぞ、マジカルバナナを全員で楽しめるように進めてくれたので、バス酔いする人もなく過ごすことができました。
 学習係は小布施についてのガイドをしてくれ、見所を再確認して見学することができました。
 保健食事係は、バス乗車前の消毒チェックを忘れずにやっていました。
 そして統率係、班別活動で先頭に立ちみんなが満足できるように気配りしながら引っ張っていました。
 一人ひとりの頑張りがあり、そして満面の笑顔があふれる1日でした。

令和2年11月8日 避難訓練

画像1画像2
 3時間目に、避難訓練を行いました。
 地震による火事の想定で、校舎からグランドへ避難しました。
 消防署の方から避難の姿について褒めていただきました。また、話の中で、災害時には、中学生は地域で救助者なる場合もあるとのことでした。万が一は起こらないではなく、日々の生活で、備えていきましょう。


令和2年10月30日 1学年 学年目標

 学年目標「日進月歩」〜先輩達に負けないメリハリ力〜
 長峰山登山当日。登山に出発する前の時間に学年運営委員の皆さんから「学年目標」の発表がありました。
 「日進月歩」の意味は、日々目標に向かって進化する、という意味です。では、何にかって進歩していくかというと、1学年はいつも明るく元気なクラスです。しかし、チャイム前着席、廊下を歩く、あいさつ、整列ができていないと思います。なので、この4つを達成するためにメリハリが大事だと思います。メリハリとは切り替えだと考えます。チャイム着席だとしたら、授業が終わって10分間の休み時間から次の授業に移る切り替えが大事だと思います。メリハリ力(りょく)がつくと、この4つの事が達成できて、1学年はよりよい学年に成長できると思います。
 なので、1学年みんなでメリハリ力(りょく)をつけて先輩達に負けないくらいの
学年にしていきましょう。

令和2年10月30日 1学年 長峰山登山大成功

画像1画像2
 地元の長峰山登山に行ってきました。けがもなく一学年全員で無事に行ってくることができました。
 頂上では、安曇野の絶景を眺めながら長峰山について「森倶楽部21」の方から詳しくお話を聞くことができ
ました。大変充実した一日になりました。

令和2年10月30日 2学年 生徒会の役員選挙活動が始まります

 生徒会長、男子副会長、女子副会長が各クラスからそれぞれ1名ずつ立候補しています。どちらのクラスも、候補者をもり立てようと工夫しています。生徒会を引き継ぐ第1歩です。選挙を通して、明科中のこれからを考える機会にしていきたいと思います。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
安曇野市立明科中学校
〒399-7102
住所:長野県安曇野市明科中川手2666
TEL:0263-62-2133
FAX:0263-62-5893